シミ取りレーザー(シミ・肝斑・くすみ)に関する新着記事一覧

シミ取りレーザー(シミ・肝斑・くすみ)に関する新着記事一覧

シミ取りレーザー(シミ・肝斑・くすみ)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
【体験レポート】シミ取りならQスイッチルビーレーザー!その効果は?〈湘南美容外科〉

【体験レポート】シミ取りならQスイッチルビーレーザー!その効果は?〈湘南美容外科〉

ポツッと目立つところにできて、セルフケアではなかなか改善しないシミ。メラニン色素を狙い撃ちできるQスイッチルビーレーザーで、治療してみませんか?今回は、実際の治療の様子をモニターレポート!その効果や治療後の経過、さらに痛みや失敗例や料金についてまで、くわしく紹介します。

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

レーザーによるシミ治療では、痛みや赤み、かゆみが出たり、かさぶたができなかったり、跡が残って濃くなってしまったりするなどの失敗やトラブルが起こりえます。とくに肌が乾燥しているとリスクが高まってしまうのだとか。自宅での保湿ケアやクリニックで受けられる肌のコンディションを整える治療を見ていきましょう。

レーザーによる色素沈着を薄くしたい!の3つの治療方法とは

レーザーによる色素沈着を薄くしたい!の3つの治療方法とは

「色素沈着」とは、炎症が原因でその部位に色素が沈着してしまうことで起こります。残ってしまった色素沈着はレーザー治療で薄くすることが可能。治療方法は大きく分けて「メドライト C6」「Qスイッチルビーレーザー」「ダイレーザー」の3種類があります。自分の色素沈着のタイプに合わせて治療を行いましょう。

Qスイッチルビーレーザーで、失敗なく治療効果を上げるためのポイントとは?

Qスイッチルビーレーザーで、失敗なく治療効果を上げるためのポイントとは?

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素が原因のシミやアザの治療に高い効果を発揮します。失敗例にはシミが薄くならずにむしろ濃くなった、色ムラができた、新しいシミができた、などがあります。トラブルを防ぐためには、適応の確認、紫外線対策などの対処が有効です。

レーザーでのシミ除去の効果や費用、メリット&デメリットとは?

レーザーでのシミ除去の効果や費用、メリット&デメリットとは?

内服薬や外用薬によるシミ取り治療は、時間も手間もかかります。そこでおすすめなのがレーザー治療。レーザーによるシミ取り治療は、治療時間も短く高い効果が期待できます。レーザーを照射したシミの部分は、かさぶたになってはがれ落ち、新しい皮膚が生成されます。しかし、術後は入念な紫外線対策が必要なので、注意しましょう。

そばかすは「レーザー治療」がおすすめ?知っておくべきデメリット

そばかすは「レーザー治療」がおすすめ?知っておくべきデメリット

そばかすの治療法はさまざまですが、特に効果が高いとされるのが「レーザー治療」。レーザー治療では、1回の治療でそばかすが消えることもあります。しかし、肌に強い刺激を与えるため、痛みや肌トラブルを引き起こす場合も。事前にデメリットを確認してから治療を受けることがおすすめです。

1~6件を表示 / 6記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー