その他のシミ・肝斑・くすみ(シミ・肝斑・くすみ)に関する新着記事一覧

その他のシミ・肝斑・くすみ(シミ・肝斑・くすみ)に関する新着記事一覧

その他のシミ・肝斑・くすみ(シミ・肝斑・くすみ)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。

記事一覧

「アクシダーム」の治療方法とは?「高価な化粧品なのに効果を感じない」という人必見!

「アクシダーム」の治療方法とは?「高価な化粧品なのに効果を感じない」という人必見!

アクシダームは特殊な電子を肌に通してバリア機能を解除することで、有効成分を奥深くまで届けることができる浸透治療法。有効成分を届けることで、シミや毛穴の開き、ニキビなどの改善が目指せるのです。イオン導入では有効成分の浸透率が約10%に対し、アクシダームは約90%とより高い効果が期待できます。

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

レーザーによるシミ治療では、痛みや赤み、かゆみが出たり、かさぶたができなかったり、跡が残って濃くなってしまったりするなどの失敗やトラブルが起こりえます。とくに肌が乾燥しているとリスクが高まってしまうのだとか。自宅での保湿ケアやクリニックで受けられる肌のコンディションを整える治療を見ていきましょう。

背中の色素沈着に効果的な治療は?把握したい原因や症状の対処法4つ

背中の色素沈着に効果的な治療は?把握したい原因や症状の対処法4つ

背中の色素沈着は、皮膚の炎症によりメラニン色素が生成されることが原因。肌のターンオーバーが乱れることによって色素沈着を起こした皮膚は、メラニン色素が薄くならずに残ってしまうことが多く見られます。色素沈着の治療方法には、市販の化粧品・薬を使ったセルフケアや美容皮膚科での治療薬、美容医療を用いた治療などがあります。

シミに悩む女性必見。美肌女医が教える本気で美白を目指す方法

シミに悩む女性必見。美肌女医が教える本気で美白を目指す方法

湘南美容外科で美容外科医として働いている、福澤見菜子と申します。現在は多くの患者様の「見た目を治す」医療に従事していますが、私自身も外見にコンプレックスを抱え、たくさんの美容法を試してきました。医師としての見識と数多くの美容医療を試した経験から、「正しい美容法」を連載形式で皆様にお伝えしてゆこうと思います。

自分の肌のくすみの原因はどれ?美肌をキープする改善&予防方法

自分の肌のくすみの原因はどれ?美肌をキープする改善&予防方法

肌にくすみをもたらす原因は、おもに紫外線、血行不良、肌の乾燥、肌の汚れ、食事バランスの偏り、たばこ、加齢だと考えられています。日常生活の中に当てはまる原因の多い人は、肌がくすみやすいといえるでしょう。肌がくすんでしまったときには、ピーリング、保湿、入浴の血行促進、顔の血行促進運動が効果的。原因を排除して、くすまないように予防することも大切です。

皮膚科治療で毛穴レスなツルスベ肌に! 気になるその方法や料金は?

皮膚科治療で毛穴レスなツルスベ肌に! 気になるその方法や料金は?

皮膚科といえば、疾患や肌トラブルで行くイメージがありますが、実は美容治療に力を入れているクリニックも多いよう。セルフケアで改善が期待できない開いた毛穴は、皮膚科での治療がおすすめです。治療法や料金、アフターケアなど、気になる疑問をチェックしてみましょう。

加齢や紫外線が原因!?多く人ができる老人性色素斑の治療方法

加齢や紫外線が原因!?多く人ができる老人性色素斑の治療方法

皮膚のシミのなかでもとくに身近なものが、紫外線による老人性色素斑です。この老人性色素斑に対して有効だといわれている治療法は医療レーザー。さらに光(フォト)治療や、外用薬のハイドロキノン、トレチノインなどを組み合わせることも。また、紫外線ダメージは肌に蓄積されるので、日頃から日焼け止めクリームなどで肌を保護することも大切です。

市販薬では改善が難しい?皮膚科で行うシミ治療とは

市販薬では改善が難しい?皮膚科で行うシミ治療とは

シミの改善を目指す際に、市販薬であまり効果が感じられない場合は、症状と薬が合っていない可能性があります。そのような場合には、皮膚科で受けられるシミ治療がおすすめ。皮膚科では、症状に合わせてレーザー治療、外用薬や内服薬による治療を行います。しかし、シミ治療は美容目的であるため、保険が適用されないことがほとんどです。

1~8件を表示 / 8記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー