その他のニキビ・ニキビ跡の施術(ニキビ・ニキビ跡)に関する新着記事一覧

その他のニキビ・ニキビ跡の施術(ニキビ・ニキビ跡)に関する新着記事一覧

その他のニキビ・ニキビ跡の施術(ニキビ・ニキビ跡)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
【体験レポ】背中のニキビ跡治療でウェディングドレスが映える後ろ姿に♡湘南美容外科

【体験レポ】背中のニキビ跡治療でウェディングドレスが映える後ろ姿に♡湘南美容外科

結婚式を控えているというモニターNさんが、背中のニキビ跡治療のため「ケミカルピーリング」「イオン導入(エレクトロポレーション)」「ウルトラ美白レーザー」の3種類を体験!背中上部にそれぞれ5回ずつの治療を行い、ニキビ跡の経過をチェックしていきます。

ニキビ専用機器ピュアアクネスの効果は?今までの治療に満足できなかった人必見!

ニキビ専用機器ピュアアクネスの効果は?今までの治療に満足できなかった人必見!

ピュアアクネスは、ニキビの原因であるアクネ桿菌を死滅させることでニキビの改善をはかるニキビ専用の光治療機器です。ニキビだけでなく肌質の改善も期待でき、副作用やダウンタイムもほとんどありません。が、その分、効果を感じにくいという弱点があります。

さまざまなニキビを一気に治療!「ピュアアクネス」の効果とは

さまざまなニキビを一気に治療!「ピュアアクネス」の効果とは

ピュアアクネスは、410~900ナノメートルと広波長域のIPLを照射することで、ほとんどの種類のニキビの改善効果が期待できる治療機器です。ピュアアクネスの効果には、大きく分けて「ニキビの炎症の鎮静効果」と「赤みの軽減効果」の2つがあります。施術にともなう痛みは軽く、ダウンタイムや副作用もほぼないとされています。

進化したニキビ跡の治療法フラクセル3!フラクセル2との違いは?

進化したニキビ跡の治療法フラクセル3!フラクセル2との違いは?

フラクセル3は、ニキビ跡の治療に効果があるといわれてきたフラクセルの最新機種。フラクセル2にはない波長も備え、より幅広い症状に対応できるようになりました。ニキビ跡だけでなく、皮膚の凹凸、毛穴の開き、肌の色むら、肌質の改善などの効果も期待できます。副作用やダウンタイムもほとんどないとされていますが、複数回の治療が必要なようです。

【医師が解説】大人ニキビに悩む女性必見!美容皮膚科医が教える予防と治療法

【医師が解説】大人ニキビに悩む女性必見!美容皮膚科医が教える予防と治療法

20~30歳の女性に多い「大人ニキビ」。ストレスや生理前のホルモンバランスの乱れ、皮膚のターンオーバーの乱れからくる「乾燥肌」により引き起こされることに。大人ニキビの予防・治療にはなにが効果的なのかを、美容皮膚科医がくわしく解説します。

【医師が教える】加齢に伴う肌トラブルに!ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)の効果

【医師が教える】加齢に伴う肌トラブルに!ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)の効果

ベビースキン(臍帯血幹細胞培養上清液)は、加齢に伴う肌の悩み全般の改善効果が期待できる肌再生療法。気軽に肌再生療法を試せるように、エレクトロポレーション、ケミカルピーリング、ダーマペン、フラクショナルCO2レーザー、美容針、水光注射で肌内部へ導入することも可能となりました。いつまでも若々しい肌を保ちたい人へおすすめの治療のひとつです。

コンシーラーいらずの肌に♡色素沈着によるニキビ跡を解消する方法とは

コンシーラーいらずの肌に♡色素沈着によるニキビ跡を解消する方法とは

色素沈着によるニキビ跡の改善には、ターンオーバーを正常化させること、ホルモンバランスを整えることが重要です。そのため、まずは生活習慣の見直しをすることでニキビ跡が改善することも。それでも消えない場合は、内服薬・外用薬の使用、皮膚科や美容クリニックの治療といった方法がおすすめです。

背中のニキビ跡は、美容皮膚科でならきれいに治せるかも。

背中のニキビ跡は、美容皮膚科でならきれいに治せるかも。

背中のニキビ跡はセルフケアがとても難しく、美容皮膚科での治療が有効です。手軽に始められるイオン導入にケミカルピーリング、さらに本格的なレーザー治療や内服薬など、疾患の治療から美的な観点によるアプローチまで、多くの治療法のなかから最適なものを選択することができます。

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」高い効果を得るための正しい使い方

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」高い効果を得るための正しい使い方

赤く膿んだニキビに効果が高いとされる「ダラシンTゲル」は、皮膚科で処方されるニキビのための抗生物質。即効性があるといわれる反面、耐性菌が出来てしまい期待する効果が得られない場合や、赤み、かゆみなどの副作用がでることもあります。ダラシンTゲルは皮膚科を受診して医師に処方箋を書いてもらうことで入手できます。

1~9件を表示 / 9記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー