その他のほくろ除去治療(ほくろ除去)に関する新着記事一覧

その他のほくろ除去治療(ほくろ除去)に関する新着記事一覧

その他のほくろ除去治療(ほくろ除去)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
子供でも「ほくろ除去」はできる?傷跡のリスクや費用

子供でも「ほくろ除去」はできる?傷跡のリスクや費用

ほくろの除去には、年齢制限がありません。ただし、子供のほくろの除去にはいくつかのリスクがあります。リスクを減らすためには、子供の健康状態を知ってくことが大切です。また、ほくろ除去にかかる費用は治療をする診療科やほくろの大きさによって変わります。

ほくろが多い人には原因がある?これ以上増やさないための対策方法とは

ほくろが多い人には原因がある?これ以上増やさないための対策方法とは

ほくろが多い原因には、紫外線を浴びる、刺激のあたえすぎ、不規則な生活が関係しています。そのため、ほくろを増やさないためには不規則な生活を直す、皮膚に刺激を与えない、日々しっかりUVケアを行うことが大切です。また、ほくろの多さと皮膚がんには関係はありません。しかし、ほくろに良くにたメラノーマには注意が必要です。

ほくろから生えている毛は何者?がんの可能性や正しい処理方法

ほくろから生えている毛は何者?がんの可能性や正しい処理方法

ほくろから生えている長く太いたくましい毛は、メラニン色素の分泌量が増えることで生えてきます。ほくろのない部位に比べ、ほくろには色の濃い毛が生えることが多いですが、がんの心配はほぼありません。また、ほくろ毛の処理方法はほくろを刺激しないようにはさみで短くカットすることがおすすめです。

ほくろ除去後は「キズパワーパッド」でアフターケア?方法と効果とは

ほくろ除去後は「キズパワーパッド」でアフターケア?方法と効果とは

ほくろ除去後には、傷跡を残さないために軟膏をつけてテープで保護する方法や、「キズパワーパッド」を使用した湿潤療法が推奨されています。湿潤療法とは、保護テープなどでおおい、患部が乾燥しないようにする治療法のこと。キズパワーパッドは、患部にぴったりくっつき潤いを逃さず傷口を治す効果が期待でできます。

[美容整形体験レポート] 顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院

[美容整形体験レポート] 顔のほくろ除去やってきた!| 品川美容外科渋谷院

顔に無数にあるほくろがずっとコンプレックスでした。年々増え続けるほくろをなんとかするために、品川美容外科渋谷院でレーザーによるほくろ除去を体験!ほくろ除去の一部始終や術後経過を、動画と写真つきで余すところなくご紹介。果たしてほくろはきれいに消えるのでしょうか。

ほくろ除去は術後のアフターケアが超重要! 効果的なケア方法って?

ほくろ除去は術後のアフターケアが超重要! 効果的なケア方法って?

ほくろ除去後は、患部に赤みを帯びる、シミのような黒みがある、患部が盛り上がってきた、というケースがあるようです。このような症状にならなために、早く治すためには、アフターケアがとても大切。アフターケアの基本は紫外線予防ですが、レーザーや切除縫合法など施術の方法によってもケアの方法が異なります。正しいアフターケアの方法を知りましょう。

ほくろ除去は病院や形成外科がおすすめ!選ぶときの5つのポイント

ほくろ除去は病院や形成外科がおすすめ!選ぶときの5つのポイント

ほくろ除去は皮膚科や形成外科、美容形成外科でも除去が可能。しかし、大きなほくろはガンの可能性もあるので、病理診断のできる病院を受診したほうが良いでしょう。除去の方法はさまざまですが、レーザーを使用した場合は治りが早いようです。また、症状によっては健康保険が適用される場合があるので、医療機関に確認してみましょう。

ほくろ除去って痛いの? ほくろ除去の方法別「痛みの程度」まとめ

ほくろ除去って痛いの? ほくろ除去の方法別「痛みの程度」まとめ

ほくろ除去で感じる痛みの程度を、口コミなどを参考に、行程別、方法別にまとめました。最も痛みを感じやすいのは、治療前の麻酔注射。ほくろ除去の方法は、「炭酸ガスレーザー」「Qスイッチレーザー」「切除縫合法」「くりぬき法」などさまざま。ですが、どれも耐えられる程度の痛みのことが多いよう。どうしても不安な場合は、医師に相談してみましょう。

ほくろによく似たメラノーマとは?ほくろ除去の種類を知ろう

ほくろによく似たメラノーマとは?ほくろ除去の種類を知ろう

ほくろとよく似たものに「メラノーマ」と呼ばれる悪性黒色腫があります。メラノーマと診断された場合は保険が適用されます。また、一般的にほくろ除去は、くり抜き切除、メス切除縫合、炭酸ガスレーザー、Qスイッチレーザー、電気分解法などの方法を行います。治療後、傷跡はほとんど目立たなくなるようですが、凹みややけど、シミが残ってしまう可能性があるようです。

ほくろ除去するなら保険適用と自由診療どちらがおすすめ?

ほくろ除去するなら保険適用と自由診療どちらがおすすめ?

皮膚科でほくろ除去する場合、治療が保険適用になると費用が安くなります。悪性の疑いがある、放置すると危険なほくろなどの場合は、保険適用になる可能性が高いです。治療方法によっては自由診療のほうが安くなる場合もあるので、ほくろの状態をふくめて医師と相談しながら治療方法を決めましょう。

ほくろ除去の方法別お値段まとめ! 病院でかかる平均費用も大公開

ほくろ除去の方法別お値段まとめ! 病院でかかる平均費用も大公開

ほくろ除去の方法は、多数あり値段もさまざまです。自分でできる方法として、ほくろ除去クリームやジェル、もぐさ、カソーダがあり、どれも1万円以下で購入することができるようです。しかし、安全性や高い効果を求めるなら皮膚科・美容外科がおすすめ。ほくろがきれいに取れるまでにかかる時間や費用が異なるので、自分に合う方法はどれか、じっくり吟味することが大切です。

ほくろ除去は自分で?皮膚科で? ほくろの除去法と失敗例と注意点

ほくろ除去は自分で?皮膚科で? ほくろの除去法と失敗例と注意点

ぷっくりと膨らんだほくろや直径が大きなほくろは、目立ちやすく周囲の目が気になるものです。皮膚科や美容外科でのほくろ除去は、ほくろの大きさや範囲に合わせて、メス切除縫合やくりぬき、レーザーなど、さまざまな方法があります。保険が適用されるほくろ除去や、メリット・デメリットについて、くわしくご紹介します。

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例4選

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例4選

ほくろ除去は、一見簡単そうに感じても実はトラブルがゼロではありません。よくある例としては、陥没状態、ヤケドのような傷できた、ケロイドなった、 赤みがひかないなど。ほくろ除去を検討している人は実際にどのようなトラブルが起こる可能性があるのかを知っておきましょう。

1~13件を表示 / 13記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー