小鼻縮小(鼻翼縮小・小鼻形成)に関する新着記事一覧

小鼻縮小(鼻翼縮小・小鼻形成)に関する新着記事一覧

小鼻縮小(鼻翼縮小・小鼻形成)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
【現役美容外科医が教える】鼻の整形手術をする前に知りたい!「美しい鼻」の定義と名医の見極め方

【現役美容外科医が教える】鼻の整形手術をする前に知りたい!「美しい鼻」の定義と名医の見極め方

鼻の整形は、医師の技量が大きく関わる手術。そのため、名医・クリニック選びが重要になってきます。また手術を受ける前に、「美しい鼻」とはどのようなことを指すのか、鼻の整形手術の難しさはなにかを患者が理解することもポイントに。現役美容外科医・福澤見菜子医師が、くわしく解説します!

バレずにプチ整形!鼻を小さくする脂肪溶解注射の効果とは?

バレずにプチ整形!鼻を小さくする脂肪溶解注射の効果とは?

厚ぼったい鼻の整形なら、脂肪溶解注射がおすすめ。最近の脂肪溶解注射は従来のような腫れもでず、翌日から出勤や登校が可能です。しかし、脂肪溶解注射は脂肪に作用するので、鼻の大きさの原因が骨格にある場合は効果は望めないでしょう。また、劇的な変化を求めるなら、鼻尖縮小などの手術の方が良いでしょう。

【体験レポ】小鼻縮小とプロテーゼで美鼻を手にいれた!【山本クリニック】

【体験レポ】小鼻縮小とプロテーゼで美鼻を手にいれた!【山本クリニック】

「もっと鼻が高かったら……」そう願う日本人女性は多いはず。NICOLY読者のひとり・Kさんも、そんな鼻にコンプレックスを抱く女性でした。今回はKさんが理想の細くて高い鼻を手にいれるために、小鼻縮小とプロテーゼのダブル施術に挑戦。山本クリニックの院長、山本先生に全面協力していただき、理想の鼻を手にいれるまでの過程を追いました。

鼻の部位の正式名称を解説!悩み別の整形方法と術後のトラブルを避けるために大切なこと

鼻の部位の正式名称を解説!悩み別の整形方法と術後のトラブルを避けるために大切なこと

鼻の整形手術の名前には、多くの場合部位の正式名称が使用されています。そのため、どのような整形をするかはまずは、鼻の部位を知ることから始めましょう。鼻筋を高くしたい人や、ヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入、鼻の幅を狭くしたい人は鼻翼縮小術、団子鼻を解消したい人は鼻尖縮小術などがあります。術後のトラブルをさけるためには、医師選びを慎重に行うことが大切。信用のおける医師に手術をしてもらいましょう。

鼻の整形の費用相場とは?費用を安く抑えて整形する方法

鼻の整形の費用相場とは?費用を安く抑えて整形する方法

鼻の整形の費用は、整形したい部位や手術方法、医師のスキルによって左右されます。切開や骨を削るような手術は費用も高額になります。モニターやキャンペーンを利用すると、通常より安く整形することができます。整形手術代が安くても、オプション費用がかかったり、アフターケア代が加算されたり、予想よりも高くつくことがあるので要注意。

切開なしの「プチ整形」で、細くて高い鼻を手に入れる方法

切開なしの「プチ整形」で、細くて高い鼻を手に入れる方法

低い鼻を高くしたい、小鼻を小さくしたいけど、メスを使う整形はなんとなく怖い。そのような人におすすめなのがプチ整形(=切らない整形)です。プチ整形は注射や糸を使った治療方法で仕上げるので、傷痕が残りにくく、手術も短時間で終わります。ダウンタイムも短く腫れもほとんどないので、これまで整形したことがない人でも気軽に受けられます。

「なりたい鼻はどれ?」悩み別ごとに見る鼻の整形手術の種類まとめ

「なりたい鼻はどれ?」悩み別ごとに見る鼻の整形手術の種類まとめ

鼻の整形手術にはさまざまな種類があります。鼻全体・鼻先を高くしたい、団子鼻・豚鼻・ワシ鼻を解消したい、小鼻を小さくしたい、曲がった鼻を真っ直ぐにしたい、鼻筋を細くしたいなど、このような様々な悩み別に治療を行います。事前に治療について理解しておくことで医師の説明がよく理解できる、疑問や希望をしっかり伝えることができるでしょう。

1~7件を表示 / 7記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー