耳のピアス(ピアス穴あけ)に関する新着記事一覧

耳のピアス(ピアス穴あけ)に関する新着記事一覧

耳のピアス(ピアス穴あけ)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。
【体験レポ】病院ではじめてのピアスの穴あけをしてみた! 湘南美容外科

【体験レポ】病院ではじめてのピアスの穴あけをしてみた! 湘南美容外科

病院でのピアスの穴あけって痛い? どのような開け方をするの? 費用はどのくらい? などなど、初めてのピアスの穴あけには気になることが多いもの。そこで今回は、病院でのピアスの穴あけを当日の流れにそって体験レポート! 気になるアフターケアの方法や起きやすいトラブルと対処についても、先生に質問してきました!

ピアスホールはいつ完成する?見極め方と早く安定させるための注意点

ピアスホールはいつ完成する?見極め方と早く安定させるための注意点

ピアスホールを開けてから完成の時期には個人差があり、約1〜3か月ほどかかります。早く完成させるためには、清潔に保つことと刺激を与えないことが大切です。完成したかどうかを見極めるには、体液や血が出ていないか、化膿していないか、痛みがないか、などをチェック。ホールができた後も、慎重にセカンドピアスを選ぶ必要があります。

ピアスホールが腫れたときの対処法!併せて知りたい原因と予防法

ピアスホールが腫れたときの対処法!併せて知りたい原因と予防法

ピアスホールが腫れる原因は、金属アレルギーを持っていることやピアスホールの触りすぎ、肉芽、皮膚埋没などが考えられます。腫れの症状があらわれた場合は、アイシングや、抗生物質を使用しましょう。このようなトラブルは、ピアスの素材や高い頻度でのつけ替え・つけっぱなしを避けることで、予防ができます。

初心者も安心!ニードルによる「軟骨・アイブロウピアス」の開け方とは?

初心者も安心!ニードルによる「軟骨・アイブロウピアス」の開け方とは?

ピアスの穴の開け方には、ピアッサーやニードルを使って自力で開ける方法と、病院で医師に開けてもらう方法の大きく分けてふたつがあります。セルフで開ける場合は費用が安く済みますが、病院で医師に開けてもらう場合に比べて安全面では劣るよう。また、ピアッサーで開ける場合とニードルで開ける場合とでは、ニードルの方が穴が安定しやすく、ファーストピアスも自分の好みのものが選べるのでおすすめです。

化膿したピアスホールの対処法は?!膿やしこりの正しい処置で早く治そう!

化膿したピアスホールの対処法は?!膿やしこりの正しい処置で早く治そう!

ピアスをしていると膿が出てきてしまうことがあります。本当に化膿しているのか、どの程度悪化しているのかを判断して適切に処置しましょう。軽い化膿の場合は、ホットソークという方法や市販の軟膏で治る可能性も。膿を事前に防げるよう、細菌感染から守るための正しいケア方法についても知っておきましょう。

ピアス穴の開け方は3種類!自分で行う場合に知りたいメリットとデメリット

ピアス穴の開け方は3種類!自分で行う場合に知りたいメリットとデメリット

ピアス穴の開け方は、自分で開ける場合と病院で開ける場合の2種類があります。自分で行う場合は、一般的にピアッサーかニードルを選び、ニードルの場合はファーストピアスを別に購入することが必要です。いずれの方法も、化膿させないための開け方や、ピアス選び、洗浄などが大切です。

1~6件を表示 / 6記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー