目尻切開(目・二重の整形)に関する新着記事一覧

目尻切開(目・二重の整形)に関する新着記事一覧

目尻切開(目・二重の整形)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。

記事一覧

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重・目もとの整形の費用相場とは?注意すべき料金表示の秘密

二重整形には健康保険が適用されませんが、美容整形の治療のなかでは比較的安価な治療です。料金設定が安価なクリニックを選んだり、割引キャンペーンを利用したりすることで、治療費を抑えられます。二重整形と目頭切開や目尻切開の手術を同時に受ける場合は、お得なセット料金が設定されているクリニックも。

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開は、目尻の皮膚と粘膜を数ミリ切開し、目尻の幅を顔の外側に向かって広くする手術。目が大きく見える効果が期待できます。また、小顔に見えたり、切開の方向によってはたれ目やつり目の改善など、目の印象を変える効果もあったりします。しかし目尻切開では、目頭切開ほど印象が大きく変わることはありません。

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

切開法は、まぶたを切開し、皮膚と挙筋腱膜や瞼板を縫合して二重まぶたを形成する手術。切開法には、部分切開と全切開の2種類があります。切開法の術後は強い腫れが1〜2週間つづき、主な腫れが引くのは約1か月です。左右差ができたり、まぶたが閉じにくくなるなどの失敗例も。修正手術も可能ですが、難しいケースもあるようです。

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開は、どっちも目の横幅を広げる手術。目頭切開は「蒙古ひだ」を切除することにより、目の横幅を顔の中心側へ広げます。一方目尻切開は、目尻の皮膚や粘膜を顔の外側へと切開することで、目の横幅を顔の外側に広げます。一般には、目尻切開よりも目頭切開のほうが、仕上がりの目の印象が変わる度合いが大きいされています。

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目もとを大きくする効果が期待できる手術には、おもに埋没法、切開法、目頭切開、目尻切開の4つの方法があります。埋没法、切開法は二重整形であり、目頭切開、目尻切開は目の印象を変えたい人におすすめの手術。自分に適した整形の方法を見つけるには、医師の意見をよく聞き入れたうえで、最終的には自分の意思で決めることが重要です。

1~5件を表示 / 5記事中

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

本日のアクセスランキング

ピックアップクリニック

注目の医師

理事長・院長 田牧聡志

田牧聡志

理事長・院長 / 監修記事 (1)

ティーズクリニック形成外科

総院長 兼 郡山院長 石原信浩

石原信浩

総院長 兼 郡山院長 / 監修記事 (1)

タウン形成外科クリニック

サイトメニュー