眼瞼下垂(目・二重の整形)に関する新着記事一覧

眼瞼下垂(目・二重の整形)に関する新着記事一覧

眼瞼下垂(目・二重の整形)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)に関する新着の記事を紹介しています。

記事一覧

ぼやけ顔をつくるのは「目」。額のしわにまで影響する眼瞼下垂とは?【湘南美容外科】

ぼやけ顔をつくるのは「目」。額のしわにまで影響する眼瞼下垂とは?【湘南美容外科】

眼瞼下垂は、上まぶた(上眼瞼)が下がっている症状のこと。美的な問題だけでなく、頭痛や肩こりの原因となることもあります。どのような原因で眼瞼下垂になるのか、どのような症状が出るのか、さらに治療の方法などについて、医師の解説を入れながら紹介します。

医師が教える!腫れぼったい目整形のよくある”勘違い”とは?【湘南美容外科】

医師が教える!腫れぼったい目整形のよくある”勘違い”とは?【湘南美容外科】

どの整形なら腫れぼったい目を治療できるのか、自己判断するのはとても難しいもの。カウンセリングを受けて、初めて希望の施術が適応しないと知ることもあります。希望の治療と医師が勧める治療にズレが生じるのはなぜか、ズレを小さくするためにできることがないか、医師に聞きました。

目が開けにくいのは眼瞼下垂かも? 6つの症状をセルフチェック

目が開けにくいのは眼瞼下垂かも? 6つの症状をセルフチェック

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたが重くなり、目が開けにくくなる病気です。放置すると、症状が進行し、日常生活に支障をきたす恐れも。まぶたが重い、頭痛や肩こりがするといった症状も、眼瞼下垂の疑いがあります。セルフチェックをして、眼瞼下垂の疑いがあれば、治療をしましょう。眼瞼下垂の治療は、おもに眼科、形成外科、美容外科で受けることができます。

まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)、治療や効果について

まぶたが開きにくくなる眼瞼下垂(がんけんかすい)、治療や効果について

眼瞼下垂(がんけんかすい)の治療は眼科・ 形成外科・美容外科で受けることが可能です。治療法は手術となりますが、メスを使った「切る治療方法」と、糸を使った「切らない治療方法」があります。症状によって適応可能な治療法とそのメリットやデメリット、費用やダウンタイムも異なります。

不機嫌そう顔がいや!つり目をやわらかい印象にする整形方法まとめ

不機嫌そう顔がいや!つり目をやわらかい印象にする整形方法まとめ

不機嫌に見えたり、怖い印象をもたれやすかったりするつり目。つり目の解消を目指す整形には、二重整形や目頭側の目の開きを良くして上まぶたのラインを修正できる眼瞼下垂の手術、たれ目形成といわれる下眼瞼下制術(グラマラスライン形成)や目尻切開などがあります。それぞれのメリット、デメリットを知って、自分に合った施術法を知りましょう。

蒙古ひだある? ない? 憧れの平行二重を手に入れる整形法まとめ

蒙古ひだある? ない? 憧れの平行二重を手に入れる整形法まとめ

平行二重は整形で目指すことができます。この平行二重とは、目頭から目じりまで同じ幅で二重のラインが入っていて、その二重のラインが目頭にあるひだで隠れていない平行型の二重のこと。手術方法としては、埋没法や部分切開、全切開、目頭切開などがあり、蒙古ひだがある場合、複数の施術を組み合わせて手術が行われる場合が多いようです。

眼瞼下垂手術にはリスクがある?起こり得る失敗例と防ぐ方法

眼瞼下垂手術にはリスクがある?起こり得る失敗例と防ぐ方法

眼瞼下垂(がんけんかすい)はまぶたを持ち上げる筋肉や腱膜がゆるむことで、目を開けにくくなってしまう病気です。手術でしか治療のできない病気なので、手術の失敗リスクについても気になるところ。そこで、眼瞼下垂の手術法とそれぞれのリスクについてまとめました。

費用は数倍以上になることも!?眼瞼下垂の手術で保険が適用される条件とは

費用は数倍以上になることも!?眼瞼下垂の手術で保険が適用される条件とは

まぶたの筋肉がゆるむことで視界が悪くなってしまう病気、眼瞼下垂。手術でしか治療ができない眼瞼下垂ですが、実は手術に健康保険が効かずに料金が数倍になってしまうことがあるんです。一体、どんなときに眼瞼下垂は保険の適用外になってしまうのか。知ってみると、意外と、保険適用外の手術を受けるのもありかもしれません。

二重幅が変わったら要注意!「 眼瞼下垂」の原因と気になる症状

二重幅が変わったら要注意!「 眼瞼下垂」の原因と気になる症状

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がることで視界不良等も起こりえる目の状態。加齢が原因だと思われがちですが、コンタクトレンズやパソコンの長時間使用でも眼瞼下垂は起こるようです。初期症状は外見の変化のみだけれど、症状が悪化すると肩こりや頭痛、不眠症を引き起こすことも。目の変化を楽観視せず、病気の可能性があるということを知っておきましょう。

1~9件を表示 / 9記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

サイトメニュー