美容整形の新着記事一覧

美容整形の新着記事一覧(2ページ目)

医師が監修・執筆した美容整形や皮膚科の施術に関する記事やニュースを新着順に紹介しています(2ページ目)。施術の効果や流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)について学べます。
知っておきたい!「ヒアルロン酸注入」のしくみと効果やリスク

知っておきたい!「ヒアルロン酸注入」のしくみと効果やリスク

ヒアルロン酸は、人間の体内にもともと存在する、保水力にすぐれた物質です。美容医療でヒアルロン酸注入が行われる場合は、皮膚などのボリュームを増すことで、希望する形状をつくったり、しわなどを目立たせなくしたりする目的で使われます。即効性が期待できますが、体内で吸収されていくため、効果の持続期間は数か月〜半年であるとされています。

小鼻の大きさを改善!小鼻整形「小鼻縮小術」とは

小鼻の大きさを改善!小鼻整形「小鼻縮小術」とは

小鼻の大きさを改善する治療に、小鼻の皮膚を切除する小鼻整形「小鼻縮小術」がありきます。小鼻縮小術の術式には、鼻の内側を切開する「内側法」と、鼻の表面を切開する「外側法」、切開せず小鼻を糸で中央に寄せる「ケーブル法」があります。小鼻縮小術では小鼻の膨らみは改善可能ですが、小鼻の幅を狭くすることは難しいとされます。

「団子鼻」の解消に効果的な鼻尖形成「鼻尖縮小術」とは?

「団子鼻」の解消に効果的な鼻尖形成「鼻尖縮小術」とは?

団子鼻の原因には、皮膚や脂肪の厚み、左右の鼻翼軟骨の発達などがあり、鼻先の大きさを縮小する手術「鼻尖縮小術」で改善が期待できます。鼻尖縮小術は脂肪や軟部組織を除去し、左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて縫合するなどの処置が行われます。希望する鼻の形になるためには鼻尖縮小術に熟練している医師の治療を受けることが重要です。

プロテーゼ挿入による隆鼻術の効果や手術の流れ、失敗例や修正治療まとめ

プロテーゼ挿入による隆鼻術の効果や手術の流れ、失敗例や修正治療まとめ

プロテーゼ挿入により鼻を高くする「隆鼻術(りゅうびじゅつ)」では、プロテーゼを鼻骨と骨膜のあいだに挿入します。鼻筋を高くしたり、まっすぐにする効果が期待でき、効果は基本的には半永久的に持続するとされています。プロテーゼの周辺組織が炎症を起こしたり、プロテーゼが正しい位置に挿入されていない場合は、抜去が必要となることも。

鼻の悩み別・鼻整形の種類と治療内容まとめ

鼻の悩み別・鼻整形の種類と治療内容まとめ

鼻整形には、鼻を高くする「隆鼻術」や、ブタ鼻を改善する「鼻中隔延長術」、団子鼻を改善する鼻尖縮小術や、鼻筋を細くする鼻骨骨切り術などがあります。鼻整形の特徴は、修正治療が難しいこと。基本的に、鼻整形は一度のみ受けることができると考えたほうが良いでしょう。

ヒアルロン酸注入による隆鼻術とは?効果や失敗例、費用まとめ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術とは?効果や失敗例、費用まとめ

ヒアルロン酸注入による隆鼻術とは、鼻にヒアルロン酸を注入することで鼻の形をととのえる治療です。鼻筋を通したり、鼻を高くしたり、わし鼻を改善する効果が期待できます。皮膚を切開しないためダウンタイムが短く、手軽な治療として人気があります。仕上がりが不本意な場合はヒアルロン酸溶解注射により、もとの状態にもどすことも可能です。

目の下のクマの種類と原因、治療法とその費用目安まとめ

目の下のクマの種類と原因、治療法とその費用目安まとめ

目の下のクマには青クマ・茶クマ・黒クマの3種類があり、それぞれ原因や治療法が異なります。治療は一般皮膚科や美容皮膚科、美容外科で受けることができます。治療法には、高周波やレーザー照射、ハイドロキノンクリームやトレチノインクリームの塗布、下眼瞼脱脂術やハムラ法などの手術や、ヒアルロン酸注入などがあります。

【医師解説】脂肪吸引の事故は何故起こる?日本の美容医療の現状とは

【医師解説】脂肪吸引の事故は何故起こる?日本の美容医療の現状とは

脂肪吸引は事故が起こったニュースなどから「危険である」といった印象が強い治療のひとつ。しかし、美容医療が進んでいるアメリカでは日本のような事故が起きるケースはほとんどありません。それは日本とアメリカならではの違いがあります。アメリカに18年間滞在し、形成外科専門医として開業もしていたプラザ形成外科院長、クレ カツヒロ ・ロバート先生にお話を伺いました。

脂肪吸引のしくみと術後経過、失敗例や修正治療の方法まとめ

脂肪吸引のしくみと術後経過、失敗例や修正治療の方法まとめ

脂肪吸引は、皮膚を切開し、細い金属の吸引管「カニューレ」を皮下に挿入して、脂肪細胞を吸引する痩身治療です。手術部位は見た目にも術前より細くなりますが、体重の変動はほとんどありません。皮下脂肪の厚みが2.5センチ以上ある部位に適用可能で、1回の手術での脂肪の吸引量は約3リットルほどです。

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開とは、上まぶたのたるみを解消するための手術です。まゆ毛の下側のラインに沿って皮膚を切開し、余っている皮膚を切除して縫合します。上まぶたのたるみが解消されるほか、まゆ毛と目の間隔がせまくなったり、頭痛や肩こりの解消などの効果も期待できます。傷あとはまゆ毛の下限のラインに沿って作られるため、目立ちにくくなります。

【教えて先生!】脂肪吸引の術後の圧迫固定はなぜ必要?すぐに外したら駄目なの?

【教えて先生!】脂肪吸引の術後の圧迫固定はなぜ必要?すぐに外したら駄目なの?

脂肪吸引の術後は、圧迫固定をおこなうことが必要。圧迫固定にはむくみや内出血の悪化をふせぎ、患部のラインをきれいに仕上げ、痛みを軽減する目的があります。圧迫固定用品は、クリニックで販売をしていることがほとんど。圧迫固定は、術後最低1か月は常時行い、術後3か月は可能なかぎりつづけたほうが良いとされます。

【医師解説】医療脱毛は何回目から効果が実感できる?エステサロンとの違いとは?

【医師解説】医療脱毛は何回目から効果が実感できる?エステサロンとの違いとは?

医療脱毛は、効果や安全性などから注目されています。エステサロンの脱毛では毛が気にならなくなるまでには12回以上ほどかかるのに対し、医療脱毛は4、5回ほどの回数で済みます。そのため期間も短いだけでなく、回数の少なさからも費用を抑えられます。万が一の肌トラブルが起こっても医師や医療スタッフがいるため適切な処置が可能です。

医師監修記事

総院長 沖正直

総院長 沖正直

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂とは、目を開いているとき、上まぶたが正常な位置よりも垂れ下がっている状態。先天性のものと後天性のものに分けられ、後天性の眼瞼下垂の原因の多くはコンタクトレンズの長期装用、まぶたを頻繁にこする行為やアイメイクなどであるといわれています。治療法は手術が中心で、眼瞼下垂の進行度により適用可能な術式が異なります。

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

涙袋形成とは、注射器でヒアルロン酸を涙袋に注入し、涙袋の膨らみを形成する治療です。注入したヒアルロン酸は約1年間効果を発揮し、その後2~3年かけて体内へ吸収されていき、最終的にはなくなります。涙袋形成が適しているのは、目袋がない人。目袋があると、涙袋の膨らみが目袋と合体してしまい、涙袋が認識されにくくなります。

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

目頭切開メイクとは、目頭の部分にアイラインを長めに引いて目頭の部分を強調するアイメイク方法です。黒や茶色、白色のアイライナーで目頭から少しはみ出るようにアイライナーを引き、目頭部分を強調します。しかし目頭切開メイクには、涙がにじみやすいという欠点も。半永久的な効果や自然な仕上がりを目指すなら目頭切開の手術がおすすめです。

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開は、目尻の皮膚と粘膜を数ミリ切開し、目尻の幅を顔の外側に向かって広くする手術。目が大きく見える効果が期待できます。また、小顔に見えたり、切開の方向によってはたれ目やつり目の改善など、目の印象を変える効果もあったりします。しかし目尻切開では、目頭切開ほど印象が大きく変わることはありません。

【医師解説】脂肪吸引で死亡事故?手術のリスク・どのような症状に注意が必要?

【医師解説】脂肪吸引で死亡事故?手術のリスク・どのような症状に注意が必要?

脂肪吸引の事故の原因は出血が多い、施術時間が長い、施術範囲が広い、合併症、麻酔の扱い、などが関係しています。また、術後に痛みが増してくる、尿が出ない、息苦しさ、などがある場合は注意が必要です。事故を防ぐためには脂肪吸引の経験が豊富である、麻酔の体制が充実している、術後のサポートがしっかりしているクリニックを選びましょう。

顔の脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?仕事はどれくらい休めば良い?

顔の脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?仕事はどれくらい休めば良い?

顔への脂肪吸引後のダウンタイムの症状は、痛み、腫れ、内出血、拘縮など。これらの症状は1か月後にはおさまっていき、3か月後には脂肪吸引の効果を感じるようです。また、手術後2日間は圧迫固定をするため、最低でも2日間は休暇が必要。完成を早めるためにはしっかりと圧迫固定を続けること、マッサージなどを行うことが大切なようです。

脂肪吸引後のダウンタイムは仕事を休む必要がある?日帰りは可能?

脂肪吸引後のダウンタイムは仕事を休む必要がある?日帰りは可能?

脂肪吸引の術後にはダウンタイムがありますが、多くの場合、日帰りで手術を受けることが可能。しかし、脂肪吸引の術後は、安静にすることが重要かつ、腫れや体の動かしにくさから3日〜1週間ほど仕事を休む人が多いようです。脂肪吸引治療の完成までには術後3か月、長い場合は6か月から1年ほどかかることもあります。

脂肪吸引を受けたことはバレない?友達や彼氏にバレずに細くなりたい!

脂肪吸引を受けたことはバレない?友達や彼氏にバレずに細くなりたい!

脂肪吸引治療でしっかりと効果を得ながら、他人にバレずにすんだケースは多いようです。これは、脂肪吸引の術後は腫れやむくみが出ており、すぐに患部が細くなるわけではないため。術後すぐの期間は自宅で安静にして人と会うことを避け、圧迫固定の装具を着けている期間は患部をすっぽりと覆う衣服を着用することで、他人にバレにくくなります。

21~40件を表示 / 367記事中

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー