美容整形の新着記事一覧

美容整形の新着記事一覧(3ページ目)

医師が監修・執筆した美容整形や皮膚科の施術に関する記事やニュースを新着順に紹介しています(3ページ目)。施術の効果や流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)について学べます。
事前にチェック!脂肪吸引を受けることができない人とは?

事前にチェック!脂肪吸引を受けることができない人とは?

脂肪吸引を受けることができない人の条件には、一般には成長期や50歳以上の人、過度の肥満や痩せすぎている、妊娠中や授乳中、疾患のある人など。脂肪吸引の前にはかならず術前検査が行われ、手術が適用可能な健康状態であることが確認されます。検査項目に異常がある場合は、脂肪吸引が不適用となることもあります。

生理中やピル服用中でも脂肪吸引手術は受けられる?

生理中やピル服用中でも脂肪吸引手術は受けられる?

脂肪吸引手術は生理中でも受けることができますが、生理中はなるべく避けたほうが良いでしょう。脂肪吸引は体への負担が大きな手術であるため、万全な体調でのぞむことが好ましいためです。手術に際してのピル服薬の中止については、医師により考え方が様々。中止の必要なしとする医師もいれば、2週間〜1か月の休薬を指示する医師も。

持病があるけど手術がしたい!糖尿病でも脂肪吸引を受けることができる?

持病があるけど手術がしたい!糖尿病でも脂肪吸引を受けることができる?

糖尿病の人は、脂肪吸引を受けることができない場合があります。糖尿病の人が脂肪吸引を受けるには、まず糖尿病の主治医の許可が必要。次に美容クリニックの医師が手術の可否を判断しますが、医師により手術適応の可否の判断基準が異なります。糖尿病の症状がコントロールされている場合は、脂肪吸引が適応となる場合があります。

いつになったら消える?脂肪吸引の傷跡をきれいに治すには?

いつになったら消える?脂肪吸引の傷跡をきれいに治すには?

脂肪吸引の傷跡は、一般的には手術から約1年で完治します。完治した状態では、傷跡は薄い白色をした線状に。周囲の皮膚とほぼ見分けがつかない状態になりますが、傷跡が完全に消えるわけではありません。傷跡が目だつ場合は、塗り薬やレーザー治療、ケロイドの切除手術などの修正治療が行われることがあります。

顔の脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐ方法はある?

顔の脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐ方法はある?

顔の脂肪吸引の失敗例には、頰のふくらみ具合に左右差ができたり、皮膚に凹凸やたるみができるケース、皮膚のひきつれや神経麻痺が起こるケースなどがあります。もっとも多い失敗例は、頰がこけてしまうこと。顔の脂肪吸引の失敗を避けるには、経験豊富で高い技術をもった医師をえらび、術後ケアをしっかりと行うことが重要です。

大きな胸が悩み!脂肪吸引で胸を小さくすることは可能?

大きな胸が悩み!脂肪吸引で胸を小さくすることは可能?

胸の大きさに悩む女性や、男性なのに胸が膨らむ「女性化乳房」に悩む男性の場合、脂肪吸引により胸を小さくする効果が期待できます。ただし、胸の大きさの原因が脂肪の多さである場合にかぎります。乳腺が発達した結果として胸が大きくなっている場合には、脂肪吸引では胸を小さくする効果が期待できません。

一気に痩せたい!一度の手術で全身の脂肪吸引は可能?

一気に痩せたい!一度の手術で全身の脂肪吸引は可能?

「全身の脂肪吸引」治療は可能ですが、一度の手術で全身の脂肪を吸引することはおこなわれていません。これは安全上の観点から、一度の手術で吸引できる脂肪の量に限りがあるため。多くの場合、一度の手術での脂肪吸引量の上限は5リットル。全身の脂肪吸引は、約1か月の間隔をあけながら、2〜3回の手術にわけておこなわれます。

脂肪吸引をして脂肪注入をする豊胸術とは?バストアップ効果と失敗例が知りたい!

脂肪吸引をして脂肪注入をする豊胸術とは?バストアップ効果と失敗例が知りたい!

自分の体から脂肪吸引をおこなって得られた脂肪を乳房に注入する「脂肪注入法豊胸術」には「コンデンスリッチ豊胸術」「ピュアグラフト豊胸術」「セリューション豊胸術」の3つの術式があります。しかし1カップ程度のサイズアップが限界であるとされており、しこりや感染症、脂肪を吸引した部位の皮膚が凸凹になるなどの失敗例もあるようです。

太ももの脂肪吸引後の経過が知りたい!いつからどれくらい細くなる

太ももの脂肪吸引後の経過が知りたい!いつからどれくらい細くなる

太ももの脂肪吸引後にあらわれる症状には、痛みや腫れ、内出血やむくみ、皮膚の拘縮(こうしゅく)があります。術後3週間〜1か月が経過するとおもな症状が消失しますが、皮膚の拘縮の改善には約半年を要します。術後の圧迫固定は、3か月はつづけることが望ましいとされます。太ももの脂肪吸引で得られる効果は、元来の体型により異なります。

セルライトは脂肪吸引で解消できる?マッサージをすると効果的って本当?

セルライトは脂肪吸引で解消できる?マッサージをすると効果的って本当?

セルライトの正体については、さまざまな説があります。「脂肪細胞が肥大する際に老廃物を取りこみ、線維化したもの」という説や、「脂肪細胞が肥大する際に皮下組織を引っぱるため、皮膚表面がデコボコに」という説も。脂肪吸引によるセルライト解消効果には賛否両論がありますが、皮膚のデコボコが解消したように見えるケースもあるようです。

【教えて先生!】脂肪吸引は本当に細くなる?どれくらい痩せることができる?

【教えて先生!】脂肪吸引は本当に細くなる?どれくらい痩せることができる?

脂肪吸引手術では多くの場合、体型を部分的に細くする効果が期待できます。しかし脂肪の比重は軽いため、体重の変化はほとんどありません。脂肪吸引の効果は術後1か月頃から実感しはじめ、術後3か月ぐらいまで、むくみが引くにつれて患部が細くなっていきます。脂肪吸引の効果を高めるためには、術後ケアを正しくおこなうことが有効です。

二重整形「埋没法」の効果や術後経過、失敗例や費用相場まとめ

二重整形「埋没法」の効果や術後経過、失敗例や費用相場まとめ

埋没法は、まぶたの裏側から糸を通して縫い留めることで二重まぶたを形成する手術です。一般に、埋没法で形成した二重まぶたの持続期間は3〜5年であるといわれます。術後の腫れが完全に引き、治療が完成するのは手術の1〜3か月後です。ただし、目に左右差できたり、まぶたにふくらみができるなどの失敗例もあることも知っておきましょう。

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

二重整形「切開法」とは?しくみや術後経過、失敗例や修正治療方法まとめ

切開法は、まぶたを切開し、皮膚と挙筋腱膜や瞼板を縫合して二重まぶたを形成する手術。切開法には、部分切開と全切開の2種類があります。切開法の術後は強い腫れが1〜2週間つづき、主な腫れが引くのは約1か月です。左右差ができたり、まぶたが閉じにくくなるなどの失敗例も。修正手術も可能ですが、難しいケースもあるようです。

目頭切開に失敗した場合は修正が可能?パターン別の治療方法

目頭切開に失敗した場合は修正が可能?パターン別の治療方法

目頭切開の仕上がりが気に入らないとき、修正治療が適用できることがあります。目頭の切開幅が多すぎた場合は蒙古ひだ形成術、目頭切開の効果があまりなかった場合は再度の目頭切開手術、目頭切開の傷あとが目立つ場合はレーザー照射やステロイド注射などの治療法があります。ただし、修正がむずかしい場合も。

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開どっちのほうが効果が大きい?料金に違いはある?

目頭切開と目尻切開は、どっちも目の横幅を広げる手術。目頭切開は「蒙古ひだ」を切除することにより、目の横幅を顔の中心側へ広げます。一方目尻切開は、目尻の皮膚や粘膜を顔の外側へと切開することで、目の横幅を顔の外側に広げます。一般には、目尻切開よりも目頭切開のほうが、仕上がりの目の印象が変わる度合いが大きいとされています。

目頭切開で目指せる効果とは?二重にすることはできる?

目頭切開で目指せる効果とは?二重にすることはできる?

目頭にかぶさる皮膚「蒙古ひだ」を切除する目頭切開では、目を大きく見せる効果が期待できます。目の横幅が顔の中心に向かって広がって見えるため、離れ目を解消する効果も。また、末広型二重まぶたを平行型二重まぶたに変える効果も期待できます。ただし蒙古ひだの面積が小さい目を大きく見せるには、目頭切開よりも目尻切開が適しています。

眼瞼下垂とはどのような手術?保険は適用される?治療の費用相場とは

眼瞼下垂とはどのような手術?保険は適用される?治療の費用相場とは

眼瞼下垂の手術の種類には、おもに「眼瞼挙筋腱膜前転術」「眼瞼挙筋腱膜短縮術」「前頭筋吊り上げ術」「眉毛下切開法」「埋没式挙筋短縮法」の5つがあります。眼瞼下垂の手術は眼科や形成外科、美容外科で受けることが可能。保険診療を行う医療機関であり、かつ「眼瞼下垂である」と診断された場合、手術は保険適用となります。

【教えて先生!】「ベイザー脂肪吸引」と「通常の術式の脂肪吸引」効果やダウンタイムに違いはあるの?

【教えて先生!】「ベイザー脂肪吸引」と「通常の術式の脂肪吸引」効果やダウンタイムに違いはあるの?

ベイザー脂肪吸引は、超音波「ベイザー波」の照射により皮膚組織から遊離させた脂肪細胞を、カニューレで吸引する脂肪吸引の術式。体への侵襲が少ないためにダウンタイムが短く、多量の脂肪の除去が可能とされています。しかし、脂肪吸引の仕上がりやダウンタイムの長さは、術式よりも医師の技術に左右される度合いが大きいという意見もあるようです。

目頭切開を検討している人へ!事前に知っておきたい効果・ダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目頭切開を検討している人へ!事前に知っておきたい効果・ダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目頭切開とは目頭にある蒙古ひだを取り除く手術。隠れていた白目が露出して目が大きく見えるようになります。クリニックによっても行っている術式は異なりますがZ法・W法・リドレープ法・三日月法と様々です。目頭切開を検討している人は、それぞれの術式の違いや、ダウンタイムの様子、起こり得る失敗例、費用などを事前に確認しておきましょう。

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目を大きくする「二重・目もとの整形」の種類とは?どの手術がおすすめなの?

目もとを大きくする効果が期待できる手術には、おもに埋没法、切開法、目頭切開、目尻切開の4つの方法があります。埋没法、切開法は二重整形であり、目頭切開、目尻切開は目の印象を変えたい人におすすめの手術。自分に適した整形の方法を見つけるには、医師の意見をよく聞き入れたうえで、最終的には自分の意思で決めることが重要です。

41~60件を表示 / 367記事中

口コミ・費用明細投稿

クリニックに行こうか悩んでいる人が、
あなたの体験を必要としています。

口コミ・費用明細を投稿する

投稿でamazonギフト券プレゼント!

ピックアップクリニック

サイトメニュー