NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1032記事

メルマガ登録

肝斑の美容医療

整形・プチ整形(肝斑の美容医療)のコラム、まとめ:整形や脂肪吸引をしたい人におすすめの病院・美容外科をご紹介。同じ悩みを持った人の体験談もまとめています。

肝斑の美容医療の記事一覧

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

皮膚科で受けられる肝斑のおもな治療方法は、内服薬、外用薬の使用、レーザー、イオン導入を受けるなどがあります。肝斑は、保険が適用されるため1か月数千円で治療を始めることが可能。治療後も、きれいな肌を保つためには毎日のケアも怠らないようにすることも大切です。

564 views | 肝斑

口コミの評判で選ぶ!おすすめの東京のフラクセルクリニック10選

口コミの評判で選ぶ!おすすめの東京のフラクセルクリニック10選

フラクセルを提供している東京のクリニックのうち、人気のおすすめクリニックを経験者の口コミまとめ付きで紹介します。東京でフラクセルなら、シロノクリニック 恵比寿院、オザキクリニック 新宿院、湘南美容外科 新宿本院、クロスクリニック銀座、 赤坂メディカルMクリニック、有楽町美容外科などがおすすめのクリニックです。

2660 views | クリニックまとめ東京フラクセル

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

スペクトラは肝斑への治療が可能なレーザーで、さらにシミやくすみの改善、美白効果も期待でき、深刻なダウンタイムがないのがメリット。ただし、肝斑の治療には数回の施術が必要で、火傷をともなうリスクもあります。費用は1万円〜が目安です。

1486 views | 肝斑医師監修

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑は目の下の頬骨付近にぼんやりと広がるシミで、両頬にほぼ左右対称に広がることが特徴。30〜40代の女性の肌に多く現われます。女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激がおもな原因とされています。治療には飲み薬のトラネキサム酸が有効です。また、レーザートーニングという照射方法の登場で、レーザーによる肝斑治療も可能になりました。

2827 views | シミ肝斑美白美肌

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

45316 views | 整形二重脂肪吸引

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

レーザー照射機器のひとつ、スペクトラ。美容大国・韓国で開発されたこのレーザー機器は、従来はレーザー治療ができないとされていた肝斑に照射可能で、なおかつシミやそばかす、刺青の除去にも効果的です。スペクトラで肌悩みを解決したら、もっと人生が充実するかも。

11159 views | スペクトラ医師監修レーザー韓国

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑はシミの一種で、30〜40代の女性に多くみられます。頬骨付近にぼんやりと広がり、顔の両側にほぼ左右対称に現われることが特徴です。肝斑の治療方法は、飲み薬のトランサミン、塗り薬のハイドロキノンやトレイチノン、レーザートーニングなど。また、処方箋なしで購入できる肝斑治療薬には「トランシーノⅡ」があります。

3632 views | 肝斑原因治療法医師監修

思わず見せびらかしたい素肌になるための肝斑の治療法3選♡

思わず見せびらかしたい素肌になるための肝斑の治療法3選♡

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、両頬に左右対称にぼんやりと現れるのが特徴です。形状によっては他の種類のシミやアザと間違えられることもあるみたい。また、肝斑の治療に効果的な内服薬には「トラネキサム酸」、外用薬には「ハイドロキノン」や「トレイチノン」などがあり、近年では肝斑の治療が行えるレーザー機器も登場してきています。

1777 views | 肝斑治療シミ種類ケア

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

肝斑は両頬にあらわれるぼんやりとしたシミで、30〜40代の女性に多く見られます。主な原因は女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激によっておこる肌の炎症。内服薬のトラネキサム酸には肝斑ができる前にブロックする作用があります。薬による治療とともに、肝斑の原因となる生活習慣の改善も行いましょう。

13596 views | 肝斑トラネキサム酸女性ホルモン

肝斑もレーザーで消せる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑もレーザーで消せる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑は30代、40代の女性に多く見られる、目の下にぼんやりと広がるシミ。女性ホルモンや皮膚への摩擦刺激が要因とされています。これまで肝斑にレーザー治療は不可とされていましたが、レーザートーニングという照射方法の登場で可能になりました。飲み薬や塗り薬と併用し、施術の回数を重ねることで効果を実感できます。

2437 views | 肝斑レーザーシミそばかす

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、頬骨付近にぼんやりと左右対称に広がることが特徴です。治療法には飲み薬(トラネキサム酸)、塗り薬(ハイドロキノン、トレイチノン)、レーザー照射などがあり、肌の症状によって組み合わせて行うことも。自分のシミが肝斑かどうかわからない人は、症例写真を参考にしてみましょう。

20523 views | 肝斑シミ女性ホルモンメカニズム

肝斑は治療できる。肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑は治療できる。肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑は女性に多く見られるシミの一種。基本的に、保険適用外ですが、皮膚科で治療を受けることが可能です。肝斑に有効な治療法は、ハイドロキノンやトレイチノンなどの塗り薬、トラネキサム酸などの飲み薬、メドライトやスペクトラなどによるレーザー治療など。また普段から紫外線ケアやビタミンを補給する事が大事です。どの治療もすぐに大きな変化が現れるものではないので、医師の指示を守って気長に続けましょう。

7990 views | 皮膚科肝斑レーザー紫外線対策

「レーザートーニング」で肝斑を解消! 気になる効果は?

「レーザートーニング」で肝斑を解消! 気になる効果は?

レーザートーニングは、肝斑に効果があると言われている治療方法です。従来レーザー治療ができないと言われていた肝斑ですが、レーザートーニングならエネルギー分布を均一に出力できるので安全です。レーザートーニングの気になる効果や費用、施術の流れをチェックしてみましょう。

3823 views | 医師監修レーザートーニングシミ

肝斑の美容医療の人気記事

肝斑の美容医療の記事をランキングで紹介

肝斑の美容医療の人気キーワード

肝斑の美容医療に関する人気キーワードを紹介

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム