ノエル銀座クリニック

ノエル銀座クリニック

ノエル銀座クリニックの女性の薄毛・FAGA・発毛の施術

薄毛治療

薄毛・抜け毛の症状と原因

生理現象としての毛が抜けること(生理的脱毛)

ヒトの頭髪における毛周期は毛髪が活発に生える成長期が2~6年、毛髪の成長が止まる退行期が2~3週間、生えている毛が抜け落ちる休止期が3~4ヵ月です。 頭髪全体では成長期の毛が約90%、退行期が約1%、休止期は約10%の割合となっています。毛髪の量は、平均で約15~20万本ほどです。

休止期に入った毛は正常の状態でも1日に約50~100本程度が自然に抜け落ちています(生理的脱毛)。
何らかの理由でこれ以上毛が抜け落ちることを脱毛症といい、毛髪の量や太さが減少し、頭皮が露出するようになります。

脱毛症の分類には大きく分けて、女性型脱毛症や男子型脱毛症など、遺伝や加齢に原因があるものと、それ以外のなんらかの病的変化に伴う脱毛症があります。

女性型の薄毛・抜け毛(びまん性脱毛症)

30代後半くらいから起きる、頭部全体の毛髪密度の低下です。健常者では220本/㎠ほどの毛髪密度が、脱毛が進行するにつれ150本/㎠まで低下することもあります。

女性型脱毛では、男性に見られるようなうぶ毛への進行は認められず、毛包の休止期の期間が長くなり、その結果毛の相対的な量が減少することで脱毛症へと進行していきます。

原因は、女性ホルモンの減少と考えられています。

女性ホルモンの一種であるエストラジオールは、毛髪の成長を促す成長因子の量を調節しています。

このエストラジオールは40代以降急速に減少していくため、加齢に伴う女性の薄毛を起こす原因と考えられています。

男性型脱毛症(AGA)

20歳以降からはじまる、主に前頭部、頭頂部に進行する脱毛症状です。日本人男性の約30%に認められます。

男性型脱毛の特徴は毛髪の成長を支える毛包が小さく、弱くなり、太くて硬い硬毛が作れなくなることです。

弱くなった毛包は毛周期を繰り返すたびに成長期の期間がますます短縮していき色素の薄い軟毛しか作れなくなっていきます。

その結果、前頭部、頭頂部は産毛だけになり毛が見えなくなってしまいます。

原因は遺伝と考えられており、男性型脱毛は男性ホルモン(テストステロン)が一部毛包内でより強い成分に変化し、それが毛包の成長を妨げています。

また近年で女性の社会進出の増加に伴い、ストレスなどから生じる女性の男性型脱毛症(FAGA)も増加しています。

その他の薄毛・抜け毛(脱毛症)

円形脱毛症

本症の発症には精神的ストレスが関与しているといわれていますが、その明確な機序は現在のところ不明です。何らかの要因で一部の毛の毛包に対して自己抗体が生成され毛包の細胞を攻撃するようになってしまいます。これにより局所的に毛根が委縮し脱毛をきたします。このような病態を自己免疫疾患といいます。

ストレス、生活習慣による抜け毛

毛髪は主にケラチンを材料にして夜間、睡眠中に作られます。睡眠不足や偏った食生活は毛髪の成長を妨げ、毛根の正常な状態を維持できなくなります。その結果、休止期間が増えて抜け毛が増えます。

分娩後脱毛症

一般的に出産後ホルモンのバランスが乱れることがあります。また、生活リズムが変わり精神的にストレスを受けることがあります。主な原因は、妊娠中、髪に必要な栄養素が不足してしまう、また出産前後はエストロゲンが増加し、毛髪サイクルが一気に成長期から休止期に移行してしまうためと考えられています。

女性の薄毛・FAGA・発毛の診療科目

    ノエル銀座クリニック

    カウンセリング予約

    0800-123-6242

    ※フリーダイヤルです。

    「ニコリーを見た」とお伝えください。

    • 住所

      東京都中央区銀座2-5-14 銀座マロニエビル7F

    • アクセス

      JR有楽町駅 徒歩3分
      東京メトロ銀座駅 徒歩3分
      東京メトロ銀座一丁目駅 徒歩2分

    • 診療時間

      【平日・土曜・日曜・祝日】10:00~19:00

    • 休業日

      月曜

    口コミ・費用明細投稿

    クリニックに行こうか悩んでいる人が、
    あなたの体験を必要としています。

    口コミ・費用明細を投稿する

    投稿でamazonギフト券プレゼント!

    本日のアクセスランキング

    ピックアップクリニック

    注目の医師

    サイトメニュー