自由が丘クリニック

自由が丘クリニック

-

エリア東京都目黒区

診療時間10:00-19:00(最終受付 18:45)

休診日年中無休

二重まぶた埋没法

二重まぶた埋没法

120,000円税込

自由が丘クリニック式埋没法

埋没法とは

埋没法は、まぶたに糸を通すだけで二重にできる、比較的人気の高い手術です。
手術時間が短く、術後の回復が早いのが特徴です。
使用する糸は皮膚の裏側に埋め込んでしまうので外からは見えず、抜糸は不要です。
比較的若い方で、とりあえず一重を二重にする、二重が不安定なので安定化する、二重の幅を少し広くするなどの比較的単純な目的では、切開法よりもこちらを適応することが多いです。

埋没法のメリット・デメリット 

メリット

  • 腫れが少なく回復が早いため、ダウンタイムが短い。
  • 皮膚に傷あとがほとんど残らない。
  • 気に入らなかった場合などに元に戻せる可能性が高い。

デメリット

  • 切開法よりも後戻りしやすい。
  • 大きなたるみや腫れぼったさは改善できない。
  • まぶたの状態により向き不向きがある。

自由が丘クリニック式埋没法のポイント

自由が丘クリニック式埋没法のポイント

皮膚側、結膜側ともに、糸が浅い所を通る距離を短くする 

皮膚側の糸が透けて見えるのを防ぐことと、炎症を起こしにくくすることが目的。

皮膚側を通す深さは、通常より深め(眼輪筋内)とする 

上記と同じ理由に加え、えくぼのようなへこみができにくい。

自由が丘クリニック式埋没法のプロセス

①デザイン

手術の前に診察室で患者様のご希望をよく聴き、鏡を見ながら二重の形と幅を決めます。
これを基に、実際の手術ではベッドに横になって頂いてから、計測により糸でとめる位置を正確にデザインします。

②麻酔

局所麻酔の注射を皮膚と眼瞼結膜(まぶたの裏側の粘膜)の両方に行います。
注射の痛みをなるべく和らげるため、皮膚には手術の前に表面麻酔テープをしばらく貼り、結膜には点眼麻酔を行っています。

③手術

埋没法は皮膚の内側に特殊な糸を通し、2~3カ所を固定することで、二重のラインをキープする方法です。
糸を通すところ一箇所に付き、微小切開を2つ入れます。

手術

その一方から糸のついた針を通し、瞼板を貫いていったん結膜側に抜きます。
そのすぐ近くで今度は結膜側から通し、皮膚側のもう一方の切開創に抜きます。
最後に皮膚の下を通して元の刺入部に戻し、ここで糸を結びます。
余った糸を切って結び目を皮膚の下に埋め込み、これで固定は終了です(3点法であればこの操作を3回行います)。

施術の詳細情報

  • [所要時間の目安]……約30分
  • [通院回数の目安]……1回目 カウンセリング、2回目 治療

※治療・手術の所要時間、術後の経過(抜糸・自然な見た目になるまでの期間)はあくまでも目安であり、実際には個人差がございますので予めご了承ください。

二重まぶた埋没法の詳細メニュー

埋没法(両目)
※別途、初診料:5,400円
129,600円

※ 価格表記はすべて税込み価格です

関連する施術

目頭切開

目頭切開

216,000円〜
眼瞼下垂

眼瞼下垂

※要問合せ

自由が丘クリニック

カウンセリング予約

03-5701-2500

「ニコリーを見た」とお伝えください。

  • 住所

    東京都目黒区八雲3-12-10 パークヴィラ2F

  • アクセス

    自由が丘駅 正面口 徒歩約10分
    都立大学駅 徒歩約10分

  • 診療時間

    10:00-19:00(最終受付 18:45)

  • 休診日

    年中無休

Ios app banner

ピックアップクリニック

サイトメニュー