武内大

宮崎大学医学部医学科卒業後、東京大学医学部附属病院形成外科勤務。2014年に埼玉医大総合医療センター形成外科で助教を務める傍ら湘南美容外科に勤務。2015年品川美容外科に入職し、現職。

注目の施術

  • 美肌・肌の悩み(203)

    美肌・肌の悩みの施術別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 二重まぶた・目もと(357)

    二重まぶた・目もとの美容整形別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • エイジングケア・しわ(148)

    エイジングケア・しわの施術別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • シミ・肝斑・くすみ(146)

    シミ・肝斑・くすみの施術法別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 脱毛(116)

    脱毛の施術別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 医療レーザー脱毛(110)

    医療レーザー脱毛の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

所属しているクリニック

品川スキンクリニック新潟院

品川スキンクリニック新潟院

品川スキンクリニック

  • 住所
    新潟県新潟市中央区弁天1-1-22 東信新潟ビル2F
  • アクセス
    JR新潟駅「万代口」徒歩約2分
    京成新潟駅「新潟駅」徒歩約2分
  • 診療時間
    10:00~19:00

武内大先生が監修した記事

妊娠中は医療脱毛を受けても良いの?脱毛できない条件まとめ

妊娠中は医療脱毛を受けても良いの?脱毛できない条件まとめ

医療脱毛の施術は、肌の状態や体調が良好な人のみ受けられます。医療脱毛の施術ができない人の条件には、体調不良、妊娠、肌の状態が良くない場合、特定の疾患がある場合や、特定の薬を服薬中である場合があります。自己判断せずに医師の指示を仰ぎましょう。

気になる疑問を解消!!ほくろ除去に関する【Q&Aまとめ】

気になる疑問を解消!!ほくろ除去に関する【Q&Aまとめ】

「ほくろ除去がしたい」と思ってもわからないことばかり……という人のためにQ&A形式で疑問に答えていきます。ほくろ除去の病院の選び方、施術方法や痛み、費用、トラブルや失敗例、アフターケアなど、知りたいことだけを集めました。

シミを消すなら「皮膚科」へ!受診から治療までの流れを一挙紹介

シミを消すなら「皮膚科」へ!受診から治療までの流れを一挙紹介

シミを消すためには、そのタイプを知ることが重要。大半の治療方法はレーザー治療で効果が期待できますが、タイプによっては逆効果なシミもあります。まずはセルフ診断、そして皮膚科ではどんな手順で受診、検査、治療をしているのかを事前に確認してきましょう。

メスを入れなくても鼻は高くできる!?手軽に試せるプチ整形とは

メスを入れなくても鼻は高くできる!?手軽に試せるプチ整形とは

メスを入れたくないけど、理想の鼻に近づけたいならプチ整形がおすすめ。鼻のプチ整形はおもに「隆鼻注射(ヒアルロン酸注入・レディエッセ注入)」と、「鼻尖縮小術」があります。プチ整形は施術時間やダウンタイムは短く、どれも手軽に行うことができますが、その効果は永久ではありません。

「顔痩せ整形」ならどれがベスト?リスク&効果で徹底比較!

「顔痩せ整形」ならどれがベスト?リスク&効果で徹底比較!

顔痩せを目指すために整形を考えるなら、「脂肪吸引」「メソセラピー」「スマートリポレーザー」と3つの選択肢があります。切開が必要なものとそうでないものがあり、体への負担や効果にも違いが。施術の際は、3つの整形のポイントを理解することが重要に。

しゃくれや受け口を治して小顔に♡顎削り術での失敗を防ぐには?

しゃくれや受け口を治して小顔に♡顎削り術での失敗を防ぐには?

顎削り術には顎の垂直骨切り・顎の水平骨切り・顎のT字骨切りといった方法があり、効果が絶大なぶん失敗例も見受けられます。リスクとしてはたるみや引きつれ、感染(化膿)、顔面麻痺などがあり、これらは慎重な医師選びや医師の症例写真を確認することで回避できるかもしれません。