前多一彦

国立旭川医科大学卒業後、北海道大学医学部附属病院 形成外科入局。その後、医療法人鉄蕉会 亀田メディカルセンター形成・美容外科部長を歴任した後、医業と両立しながら北海道大学大学院医学研究科にて研究に従事。2005年に大手美容外科で理事長・札幌院院長・診療部長を歴任した後、2008年に聖心美容外科入職。東京院を経て札幌院院長に就任。医学博士。日本形成外科学会専門医。

注目の施術

  • 眼瞼下垂(3)

    眼瞼下垂(目・二重の整形)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 二重まぶた・目もと(15)

    二重まぶた・目もとの美容整形別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 目・二重の整形(11)

    目・二重の整形の施術法別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

所属しているクリニック

聖心美容クリニック札幌院

聖心美容クリニック札幌院

聖心美容クリニック

  • 住所
    北海道札幌市中央区北5条西2丁目五番地 JRタワーオフィスプラザさっぽろ9F
  • アクセス
    JR札幌駅 直結
  • 診療時間
    10:00~19:00
  • 休業日
    年中無休
  • 駐車場
    掲載なし

前多一彦先生が監修した記事

目が開けにくいのは眼瞼下垂かも? 6つの症状をセルフチェック

目が開けにくいのは眼瞼下垂かも? 6つの症状をセルフチェック

眼瞼下垂(がんけんかすい)は、まぶたが重くなり、目が開けにくくなる病気です。放置すると、症状が進行し、日常生活に支障をきたす恐れも。まぶたが重い、頭痛や肩こりがするといった症状も、眼瞼下垂の疑いがあります。セルフチェックをして、眼瞼下垂の疑いがあれば、治療をしましょう。眼瞼下垂の治療は、おもに眼科、形成外科、美容外科で受けることができます。

38,119 views | 眼瞼下垂