めかた啓介

1999年産業医科大学医学部医学科卒業後、江戸川病院救急センター長、北茨城市立総合病院麻酔救急科部長・医局長を歴任し、湘南美容外科入職。本院で脂肪吸引・麻酔の医長を務める。その後、品川美容外科川崎院 院長、品川スキンクリニック川崎院 院長、城本クリニック横浜院 院長を務めた後、2016年4月キルシェクリニックを開院。 日本麻酔科学会専門医、日本麻酔科学会指導医。

注目の施術

  • 顔の脂肪吸引(19)

    顔の脂肪吸引(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 脂肪吸引(27)

    脂肪吸引の施術法別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • 脂肪吸引・痩身(43)

    脂肪吸引・痩身の美容整形別に、効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • その他の脂肪吸引(20)

    その他の脂肪吸引(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • ボディジェット脂肪吸引(19)

    ボディジェット脂肪吸引(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

  • エルコーニアレーザー脂肪吸引(19)

    エルコーニアレーザー脂肪吸引(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

所属しているクリニック

診療時間

10:00~19:00

休診日

不定休

アクセス

赤坂駅5a・5b出口から徒歩1分

めかた啓介先生が執筆した記事

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

キルシェクリニックのめかた啓介です。脂肪には、皮下脂肪や内臓脂肪のほかに「LFD」があります。LFDは、通常のダイエットでは落ちにくいため脂肪吸引などの美容外科での施術がおすすめ。LFDは、たくさん吸引しても凹凸になりづらく、血流が少ないために出血量も少なくて済むというメリットがあります。

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

脂肪吸引は、どの時期でも施術が可能ですが「秋から冬」の季節がとくに適しているとされています。その理由は、ダウンタイムが楽に過ごせしやすい、翌年の夏に間に合う、前向きに施術に臨める、など。来年の夏までにスレンダーな体を目指しましょう。

めかた啓介先生が監修した記事

【教えて先生!】男性でも脂肪吸引手術を受けられる?あまり効果がないって本当?

【教えて先生!】男性でも脂肪吸引手術を受けられる?あまり効果がないって本当?

脂肪吸引を受ける人は女性が圧倒的に多いものの、男性も近年増える傾向にあります。男性の脂肪吸引で希望の多い部位は、お腹や顔など。男性は腕や下半身は脂肪が少ないことが多く、その場合は効果が薄いようです。費用は、男性の脂肪吸引の場合、体の大きさなどから割高にしているところもありますが、女性と同価格のクリニックもあります。

【教えて先生!】脂肪吸引で肥満は解消できる?太っていると脂肪吸引はできない?

【教えて先生!】脂肪吸引で肥満は解消できる?太っていると脂肪吸引はできない?

脂肪吸引は高度な肥満であっても治療は可能。しかし、手術の難しさや回復の遅さなどからクリニックによっては治療を断られることも。さらにBMI35以上の人は麻酔困難患者とされ手術ができないと考えられます。また、脂肪吸引は、肥満解消ではなく容姿をととのえるもので肥満治療ではありません。そのため、根本的な肥満解消にはなりません。

【教えて先生!】脂肪吸引で体重・体脂肪はどのくらい減る?リバウンドすることはあるの?

【教えて先生!】脂肪吸引で体重・体脂肪はどのくらい減る?リバウンドすることはあるの?

脂肪吸引後の体重は、手術前とほぼ変わらないことが多いとされます。脂肪は比重が少なく、体積の割に重さが少ないためです。脂肪吸引後はむくみが起こるため、術前よりむしろ体重が増加。脂肪吸引をおこなった部位は脂肪細胞が減り、リバウンドしにくいとされていますが、絶対に太らないわけではないため、脂肪吸引後は体型の維持につとめることが重要です。

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

【医師が解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

キルシェクリニックのめかた啓介です。脂肪には、皮下脂肪や内臓脂肪のほかに「LFD」があります。LFDは、通常のダイエットでは落ちにくいため脂肪吸引などの美容外科での施術がおすすめ。LFDは、たくさん吸引しても凹凸になりづらく、血流が少ないために出血量も少なくて済むというメリットがあります。

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

【医師が解説】脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期に行う人が多い理由

脂肪吸引は、どの時期でも施術が可能ですが「秋から冬」の季節がとくに適しているとされています。その理由は、ダウンタイムが楽に過ごせしやすい、翌年の夏に間に合う、前向きに施術に臨める、など。来年の夏までにスレンダーな体を目指しましょう。

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れのすべて

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れのすべて

脂肪吸引は皮膚を5ミリほど切開しカニューレという細い管で脂肪を吸い出す方法。部分痩せに効果的です。脂肪細胞の数を減らすため、施術を受けた部位は太りにくくなります。効果を最大限にするためには、圧迫下着の連続着用が大切です。術後3か月ほどで完成します。

注目の医師

id美容外科 代表院長 パク サンフン

パク サンフン

監修記事 (1)

id美容外科 代表院長

共立美容外科 銀座院 藤巻尊子

藤巻尊子

監修記事 (1)

共立美容外科 銀座院

注目のクリニック

本日のアクセスランキング

サイトメニュー