症状のキーワードが付いた記事一覧

まぶたが重いのは、眼瞼下垂のせい!? 気になる症状と原因

まぶたが重いのは、眼瞼下垂のせい!? 気になる症状と原因

まぶたが重く、目が開けにくくなっている状態を、眼瞼下垂(がんけんかすい)といいます。眼瞼下垂は、まぶたが重くなったと感じるほかにも、額のシワが深くなる、頭痛や肩こりがするといった症状としても現れます。また眼瞼下垂は、先天性のものと、後天性のものがありますが、多くの場合は後天性とされます。眼瞼下垂は、自然に治癒することはなく、放置するとさらに悪化してしまうこともあるので注意が必要です。

3,707 views | 眼瞼下垂

自力で簡単にできる克服法も。社会不安障害の症状と治し方

自力で簡単にできる克服法も。社会不安障害の症状と治し方

人前で強い不安と恐怖を感じる社会不安障害は、精神的にも身体的にも強い苦痛をともない、場合によっては高所恐怖症などの神経症を併発してしまうこともあります。でも、生活習慣を見直したり、ストレスをためないようにしたりすれば自力で克服できることもあるのです。病院での治療法としては薬物療法や心理療法などがあります。

16,888 views

回避性パーソナリティ障害の原因 ~過去の自分を許すために~

回避性パーソナリティ障害の原因 ~過去の自分を許すために~

多くのパーソナリティ障害のなかで、もっとも極端に自己否定する傾向が見られる回避性パーソナリティ障害は、本人の考え方や環境などの要因によって発症するといわれています。その原因やカウンセリングでの治療、セルフケアについて紹介します。

12,795 views

ヒアルロン酸でアレルギーが起こる? まれに外科手術が必要な場合も

ヒアルロン酸でアレルギーが起こる? まれに外科手術が必要な場合も

安全性が高いといわれるヒアルロン酸注射ですが、注射剤は人の体内に存在するヒアルロン酸とまったく同じというわけではないため、アレルギー反応が起こることがあります。アレルギーが生じた場合、ヒアルロニダーゼというヒアルロン酸分解酵素を注射すれば回復可能。でも、まれに外科手術が必要になることもあるようです。

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

良性の腫瘍の中でも、痛みをともなう多発性血管脂肪腫と神経鞘腫。脂肪腫は柔らかく、触っても痛みがないのに対し、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫はコリコリと硬く、押さなくても痛みがあるもの。物に触れることの多い腕などにできると、痛む回数が増えるので、手術によって切除したほうが楽になります。

費用はなんと10倍以上に。眼瞼下垂の手術が保険適用外になるパターン

費用はなんと10倍以上に。眼瞼下垂の手術が保険適用外になるパターン

まぶたの筋肉がゆるむことで視界が悪くなってしまう病気、眼瞼下垂。手術でしか治療ができない眼瞼下垂ですが、実は手術に健康保険が効かずに料金が10倍になってしまうことがあるんです。一体、どんなときに眼瞼下垂は保険の適用外になってしまうのか。知ってみると、意外と、保険適用外の手術を受けるのもありかもしれません。

59,685 views | 眼瞼下垂

1~6件を表示 / 6記事中