肝斑のキーワードが付いた記事一覧

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

皮膚科で受けられる肝斑のおもな治療方法は、内服薬、外用薬の使用、レーザー、イオン導入を受けるなどがあります。肝斑は、治療内容によっては保険が適用されるため1か月数千円で治療を始めることが可能。治療後も、きれいな肌を保つためには毎日のケアも怠らないようにすることも大切です。

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

スペクトラは肝斑への照射が可能なレーザーで、さらにシミやくすみを薄くする効果が期待でき、ダウンタイムも短いのがメリット。ただし、肝斑の治療には数回の施術が必要で、火傷をともなうリスクもあります。費用は1万円〜が目安です。

そのシミ「肝斑」かも? 原因や治療法を知って、早めのケアを!

そのシミ「肝斑」かも? 原因や治療法を知って、早めのケアを!

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、おもな見た目のタイプは5種類。そして肝斑には、通常のシミと違って女性ホルモンが深く関与しています。病院でできる治療は、トラネキサム酸の内服、ハイドロキノンの外用、レーザー治療。くわえて、セルフケアでできる対策についても解説します。

レーザートーニングの症例写真や体験談のサイトやブログまとめ

レーザートーニングの症例写真や体験談のサイトやブログまとめ

肝斑は、普通のレーザーで治療できるのでは?と思っている人は多いようですが、じつは大きな間違い。レーザートーニングとは、メドライトという医療用のレーザー機器を用いた特別な治療法です。そこで今回は、効果を確認するためにレーザートレーニングの症例写真が見られるクリニックサイトとブログをまとめてみました。

10,460 views

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑は目の下の頬骨付近にぼんやりと広がるシミで、両頬にほぼ左右対称に広がることが特徴。30〜40代の女性の肌に多く現われます。女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激がおもな原因とされています。治療には飲み薬のトラネキサム酸が有効。また、レーザートーニングという照射方法の登場で、レーザーによる肝斑治療も可能になりました。

ハイドロキノンでシミを漂白? 意外と知らないハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンでシミを漂白? 意外と知らないハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンは強力な還元作用による美白効果を持つ成分。シミの予防効果と、すでにできてしまったシミを漂白する効果があります。肌のターンオーバーを促すトレチノインと併用されることも。おもなシミには効果が見られますが、メラニン色素が真皮層にあるアザの治療には不向きです。また、体質によっては効果の見られないことも。

40,350 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの効果と副作用|シミやそばかすに効果あり?まだら肌になる?

ハイドロキノンの効果と副作用|シミやそばかすに効果あり?まだら肌になる?

ハイドロキノンとは、メラニン色素の生成を抑えシミやそばかすを防ぐ、高い美白効果をもった成分です。ハイドロキノンを使えば、シミやそばかす、肝斑、炎症による色素沈着などを解消することができます。ピンポイントで解消したいお悩みには、ハイドロキノンクリームを使うと効果が期待できそうです。口コミによれば、1日2回、2ヶ月ほど使用を継続することで効果を実感できるよう。もし全体的に肌を白くしたい場合は、ハイドロキノン配合の化粧水がおすすめです。ハイドロキノンは効果が高いぶん副作用も強いので、トラブルを防ぐためにも正しい使い方をチェックしておきましょう。

37,246 views | そばかす

効果には個人差がある?気になる「トランシーノⅡ」の作用とは

効果には個人差がある?気になる「トランシーノⅡ」の作用とは

トランシーノⅡは肝斑などの色素沈着に効果的とされる内服薬。一般的には2週間前後で効果を実感している人が多いとされています。しかし、長く使用しても効果を実感できない人も。そのため、トランシーノⅡにはかなり個人差があるともいえます。

9,474 views | 内服薬治療

【東京のおすすめクリニック】シミやそばかすにはQスイッチレーザー(シミレーザー)がおすすめ!

【東京のおすすめクリニック】シミやそばかすにはQスイッチレーザー(シミレーザー)がおすすめ!

加齢とともに気になるシミやそばかす、あざ。そういった症状には「Qスイッチレーザー(シミレーザー)」が効果的と言われています。治療の効果や、皮膚へのダメージの軽重は施術者の技術によって左右されます。ひとくちに「Qスイッチレーザー(シミレーザー)」といっても、さまざまな波長のレーザー光を発するものがあり、クリニックによって扱っているものが違います。予算や目的に合わせて選ぶといいでしょう。

ハイドロキノンクリームで気になるシミを薄くできるかも

ハイドロキノンクリームで気になるシミを薄くできるかも

メラニン色素の生成を抑える働きのある美白成分ハイドロキノンが配合されたクリーム、「ハイドロキノンクリーム」。肌に塗るだけで新たなシミを予防したり、すでにあるシミやそばかすや肝斑、色素沈着などを薄くする効果を期待できるクリームです。効き目が強い分、肌の炎症や白斑などの副作用のリスクもあるので取り扱いには注意が必要です。

10,023 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの効果はまるで漂白剤?

ハイドロキノンの効果はまるで漂白剤?

強力な効果をもつ成分であるハイドロキノンには、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑えるとともにメラノサイトの量を少なくさせる働きがあるため、シミやそばかすや肝斑、ニキビ跡や傷跡の色素沈着などを改善したり、予防する効果が期待できます。非常に効き目の強い成分なので、濃度や長期間の治療などには注意が必要です。

7,292 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの怖い副作用って? 肌の漂白剤は諸刃の剣かも

ハイドロキノンの怖い副作用って? 肌の漂白剤は諸刃の剣かも

高い美白効果があり、シミやそばかすや肝斑、色素沈着の解消に有効な成分である「ハイドロキノン」ですが、効き目が強い分、副作用も少なくありません。皮膚に赤みや炎症やかゆみを生じたり、日焼け対策を怠ると症状の悪化を招いたり、ときに一生消えない白斑と呼ばれる皮膚の脱色を起こすことも。慎重に使用する必要がある成分です。

19,165 views | ハイドロキノン

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

レーザー照射機器のひとつ、スペクトラ。美容大国・韓国で開発されたこのレーザー機器は、従来はレーザー治療ができないとされていた肝斑に照射可能で、なおかつシミやそばかす、刺青を薄くすることもできるといわれています。スペクトラで肌悩みを解決したら、もっと人生が充実するかも。

シミとそばかすの治療法は同じでいい? シミの種類と治療法まとめ

シミとそばかすの治療法は同じでいい? シミの種類と治療法まとめ

シミの正式名称は、老人性色素斑、炎症後色素沈着、肝斑の3つ。そばかすの正式名称は、雀卵斑(じゃくらんはん)。シミは後天的にできるもので、一方、そばかすは先天的にでき、思春期頃に消えてなくなります。シミとそばかすの治療法は同じで、美白化粧品でのセルフケア、皮膚科やクリニックでの外用薬、レーザーやピーリングなどの治療が効果的。

2,035 views | そばかす

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑はシミの一種で、30〜40代の女性に多くみられます。頬骨付近にぼんやりと広がり、顔の両側にほぼ左右対称に現われることが特徴です。肝斑の治療方法は、飲み薬のトランサミン、塗り薬のハイドロキノンやトレイチノン、レーザートーニングなど。また、処方箋なしで購入できる肝斑治療薬には「トランシーノⅡ」があります。

思わず見せたくなる素肌になるための肝斑の治療法3選♡

思わず見せたくなる素肌になるための肝斑の治療法3選♡

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、両頬に左右対称にぼんやりと現れるのが特徴です。形状によっては他の種類のシミやアザと間違えられることもあるみたい。また、肝斑の治療に効果的な内服薬には「トラネキサム酸」、外用薬には「ハイドロキノン」や「トレイチノン」などがあり、近年では肝斑の治療が行えるレーザー機器も登場してきています。

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

肝斑は両頬にあらわれるぼんやりとしたシミで、30〜40代の女性に多く見られます。主な原因は女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激によっておこる肌の炎症。内服薬のトラネキサム酸には肝斑ができる前にブロックする作用があります。薬による治療とともに、肝斑の原因となる生活習慣の改善も行いましょう。

18,763 views | 内服薬治療

肝斑にもレーザーできる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑にもレーザーできる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑は30代、40代の女性に多く見られる、目の下にぼんやりと広がるシミ。女性ホルモンや皮膚への摩擦刺激が要因とされています。これまで肝斑にレーザー治療は不可とされていましたが、レーザートーニングという照射方法の登場で可能になりました。飲み薬や塗り薬と併用し、施術の回数を重ねることで効果を実感できます。

3,011 views | 肝斑レーザー

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、頬骨付近にぼんやりと左右対称に広がることが特徴です。治療法には飲み薬(トラネキサム酸)、塗り薬(ハイドロキノン、トレイチノン)、レーザー照射などがあり、肌の症状によって組み合わせて行うことも。自分のシミが肝斑かどうかわからない人は、症例写真を参考にしてみましょう。

27,643 views

ドラッグストアでも購入可能、肝斑治療にはトラネキサム酸が効果的

ドラッグストアでも購入可能、肝斑治療にはトラネキサム酸が効果的

トラネキサム酸は、シミ・そばかすへの改善効果があるとされる成分。メラニンを作るシグナルを出すプラスミンという物質のはたらきを阻害して、シミができる前の段階でブロック。店頭で購入できるものには第一三共ヘルスケアの「トランシーノ」があります。血栓関連の持病がある人や、ピルを服用している人は注意が必要に。

15,869 views | 内服薬治療

1~20件を表示 / 30記事中