乾燥のキーワードが付いた記事一覧

1センチ伸びるだけで−5歳若く見える?動画付きほうれい線の消し方3選

1センチ伸びるだけで−5歳若く見える?動画付きほうれい線の消し方3選

気になる口元のほうれい線。化粧品で念入りにカバーしてもいつのまにかくっきりできていることも。ほうれい線の消し方としては、ツボ押しマッサージやエクササイズがあげられますが、それでもほうれい線が解消できない場合は、ヒアルロン酸注射やレーザー治療、フェイスリフトなどの美容医療を受けるのも良いでしょう。

2,874 views

「何気ないしぐさ」がほうれい線の原因に。年代別ほうれい線の原因と対策

「何気ないしぐさ」がほうれい線の原因に。年代別ほうれい線の原因と対策

ほうれい線ができる原因は、肌の乾燥やダイエット、頬杖癖、「エストロゲン」の減少、老化など年代別にさまざまあり、対策もまたそれぞれ異なります。誰でも効果が期待できるほうれい線対策としては、ツボ押しマッサージやエクササイズ、ベロ回し体操などがあるので、実際に試してみて、自分に合う方法を見つけましょう。

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」 高い効果を得るための正しい使い方

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」 高い効果を得るための正しい使い方

赤く膿んだニキビに効果が高いとされる「ダラシンTゲル」は、皮膚科で処方されるニキビのための抗生物質。即効性があるといわれる反面、「効果がなかった」「副作用があった」という声も。効果が感じられない理由は、誤った使用法が原因かもしれません。

ダラシンtゲルの賢い使い方でニキビを効果的に治療しよう♪

ダラシンtゲルの賢い使い方でニキビを効果的に治療しよう♪

ニキビの治療薬として皮膚科で処方される塗り薬「ダラシンtゲル」。ダラシンtゲルは保湿ケアを組み合わせる使い方がおすすめです。というのも、ダラシンtゲルが効くのはアクネ菌が原因の赤ニキビだけだから。乾燥が原因の白ニキビやニキビ予備軍も一緒に防ぐには、ダラシンtゲルの使い方を工夫する必要があります。

解決のカギはこまめな保湿。ニキビ予備軍「コメド」を予防、解消する方法

解決のカギはこまめな保湿。ニキビ予備軍「コメド」を予防、解消する方法

毛穴に汚れや皮脂がつまり、白く盛り上がる「コメド」。コメドはニキビ予備軍で、年齢に関係なくできてしまうんです。でも、洗顔しすぎないようにしたり、洗顔後のスキンケアをきちんとしたり、生活習慣や食習慣を見直したりするだけで予防できちゃうんです。日々のスキンケアを怠らないようにして、キレイな肌を保ちましょう。

美肌作りにかかせない、ヒアルロン酸とコラーゲンの違いって?

美肌作りにかかせない、ヒアルロン酸とコラーゲンの違いって?

ヒアルロン酸とコラーゲンは美容効果の高い物質として同じようなものと捉えられがちですが、実はまったく違うもの。人間の身体にうるおいをもたらすのがヒアルロン酸で、人間の身体を根幹から支えるのがコラーゲンです。ヒアルロン酸とコラーゲンは不足すると不調を引き起こすことがあるので、食品やサプリメントなどで効果的に摂取しましょう。

プラセンタ注射の効果と副作用がわかる、体験談ブログ11選

プラセンタ注射の効果と副作用がわかる、体験談ブログ11選

美容と健康どちらの面でも効果があるといわれているプラセンタ注射。どのような効果を実感できるのか、副作用はあるのかを知りたいなら体験者のブログを読むのがおすすめです。施術を受けて良かったと感じている人からそうでない人までのブログを紹介します。

51,438 views | プラセンタ注射

フォトフェイシャルで失敗しないためには? 勘違いしやすいポイントまとめ

フォトフェイシャルで失敗しないためには? 勘違いしやすいポイントまとめ

安全性の高さに定評のあるフォトフェイシャル。しかしなかには、自分が受けた施術が「失敗」だったように感じる人も。シミやそばかすが濃くなる、ニキビが増えるなどの施術後に生じる肌トラブルは、術後の正常な経過である場合がほとんど。それ以外の失敗は信頼できる医療機関で施術を受けること、自分の肌の性質を理解することで回避できます。

フォトフェイシャルの効果の実態は? ツイッターの口コミまとめ

フォトフェイシャルの効果の実態は? ツイッターの口コミまとめ

フォトフェイシャルとは、シミやしわ、毛穴の開きなどさまざまな肌トラブルの解消が期待できる光治療。実際にどのような効果を感じられるのかを知りたいのなら、口コミや体験談を見てみましょう。受けるべき回数や術後の経過についても紹介します。

51,993 views

フォトフェイシャルの効果と副作用とは。ニキビやシミが増えるって本当?

フォトフェイシャルの効果と副作用とは。ニキビやシミが増えるって本当?

肌トラブルの改善に有効だと言われているフォトフェイシャル。肌へのダメージの少なさや安全性の高さが宣伝されているけれど、副作用のリスクはゼロではありません。治療に用いる光の照射の仕方や体調によって、火傷を負ったりかえってシミが濃くなったりなどの副作用が生じることもあるんです。

1~10件を表示 / 10記事中