リスクのキーワードが付いた記事一覧

アートメイクを後悔する人が続出!? 除去のリスクや費用について

アートメイクを後悔する人が続出!? 除去のリスクや費用について

アートメイクの施術を受けたが失敗した……という人は少なくなく、除去の需要が高まっています。アートメイクはタトゥー(刺青)の一種で、日本では「アートメイクの施術も除去も医療行為」とみなされています。この記事では、アートメイクやアートメイクの除去を検討している人に向けて、くわしい施術内容やその危険性について紹介します。

脂肪吸引のリスクや副作用の原因は? 対策方法はあるの?

脂肪吸引のリスクや副作用の原因は? 対策方法はあるの?

部分痩せに有効な脂肪吸引は、術後の肌の炎症や痛み、吐き気や発熱や貧血、肌のしびれやつっぱりや色素沈着、リンパ液貯留などを伴うことがあります。そうした症状はアフターケアで和らいだり、改善がみられることも多いようです。脂肪を吸引した部位の傷が目立たず、凸凹や左右差の少ない仕上がりになるかは、担当する医師の技術に左右されるでしょう。

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

皮膚に純金の糸を埋め込み、肌質改善を図る「金の糸(ゴールデンスレッド)」。体内に埋め込まれた糸の刺激による肌のターンオーバーの促進、コラーゲンの量の増加などによる美白、美肌効果を期待できる画期的な美肌治療だといわれていますが、実はアレルギーリスクが高かったり、一度埋め込んだら糸の摘出ができなかったりするなどのデメリットもあるんです。

ベース顔にさようなら! エラ整形の種類、費用、リスクあれこれ

ベース顔にさようなら! エラ整形の種類、費用、リスクあれこれ

まるでホームベースみたいなエラの張った顔。メイクやヘアスタイルで隠したとしても気になりますよね。エラが張っていなければ、小顔効果と美人度も大幅アップするはず。思い切って整形したい……。そんな人のためにエラ整形のメリットとデメリット、費用や失敗しないポイントを解説します。初めはボトックス注射で様子を見るのがおすすめです。

ほうれい線におすすめ! ヒアルロン酸注入剤「レスチレン」とは

ほうれい線におすすめ! ヒアルロン酸注入剤「レスチレン」とは

「レスチレン」というのはヒアルロン酸注射に用いられるヒアルロン酸注入剤の一種で、世界中でもっとも広く用いられている信頼性の高い製品のひとつです。レスチレンに含まれるヒアルロン酸粒子の大きさは中程度で、硬すぎず柔らかすぎない質感。ほうれい線など、ある程度までの深さに刻まれている顔のしわの解消にとくに適しているようです。

涙袋整形の魅力とリスク。ぷっくり可愛い涙袋は手に入るけど……?

涙袋整形の魅力とリスク。ぷっくり可愛い涙袋は手に入るけど……?

ぷっくりふくらんだ涙袋は女の子らしさの象徴。まったくない人にとっては憧れです。でも、大きな涙袋は若いころにはいいのですが、歳をとるとクマのようなたるみになってしまうことも……。涙袋の整形は長い目で考えた方がよさそう。涙袋の整形にはまってしまい、どんどん過剰になる人もいます。リスクを理解したうえで魅力的な目元に変身できるよう、涙袋の整形のあれこれについて調べました。

12,840 views | 涙袋形成

そばかすは「レーザー治療」で改善へ!知っておくべきデメリット

そばかすは「レーザー治療」で改善へ!知っておくべきデメリット

そばかすの治療法はさまざまですが、特に効果が高いとされるのが「レーザー治療」。レーザー治療では、1回の施術でそばかすが消えることもあります。しかし、肌に強い刺激を与えるため、痛みや肌トラブルを引き起こす場合も。事前にデメリットを確認してから施術を受けることがおすすめです。

電気で美肌を作るエレクトロポレーションにも副作用と注意点

電気で美肌を作るエレクトロポレーションにも副作用と注意点

エレクトロポレーションは特殊な電気パルスによって、皮膚にダメージを与えることなく細胞間に隙間をつくり、美肌成分を肌の奥に浸透させることができる美容法。針を使わず安全で、ダウンタイムがないことで注目されています。そんなエレクトロポレーションですが、デメリットや副作用がまったくないわけではありません。

プラセンタでむくむ? 太る? プラセンタ注射の副作用のウソ・ホント

プラセンタでむくむ? 太る? プラセンタ注射の副作用のウソ・ホント

栄養たっぷりなプラセンタ注射。打つことでさまざまな美容効果などが期待できるとはいっても、副作用があったら心配です。プラセンタ注射を打つとむくんだり、太ったり、肌荒れしたりするという意見もありますが、なかにはウソの情報も。一見副作用のように見える変化も、実は肌が好転している証拠なんです。

5,899 views | プラセンタ注射

プラセンタ注射を打つと一生献血できない? 献血を制限されるワケ

プラセンタ注射を打つと一生献血できない? 献血を制限されるワケ

古くは楊貴妃やマリーアントワネットも若返りの薬として愛したプラセンタ注射。お肌をつるつる、うるうるにする効果があると聞いたら女性にはとても魅力的にうつります。でも、プラセンタ注射を1度でも打つと、献血ができなくなるんです。プラセンタ注射自体の危険は低いと言われていますが、ヒト胎盤が原因の感染症のリスクはゼロとは言い切れないんだとか。

10,506 views | プラセンタ注射

妊娠中のプラセンタ注射は危険? 赤ちゃんと母体へのリスクとは

妊娠中のプラセンタ注射は危険? 赤ちゃんと母体へのリスクとは

美容効果だけでなく健康面にも効果をもたらすとされる「プラセンタ注射」。「試してみたいけど、妊娠中の場合どうなんだんだろう」と不安に思う人もいるのではないでしょうか。妊娠中のプラセンタ注射は、安全だと言い切れないことや、母体や赤ちゃんにストレスがかかってしまうリスクがあるので、推奨されていないようです。

9,505 views | プラセンタ注射

理想と現実のギャップに苦しむことも。鼻整形で起こりうる4つの後遺症

理想と現実のギャップに苦しむことも。鼻整形で起こりうる4つの後遺症

整形にリスクはつきもの。それは鼻整形だって変わりません。鼻整形の後遺症は、ヒアルロン酸注射のし過ぎによる「過矯正」や医師の技術不足による失明、整形後の仕上がりと理想のギャップによるうつ状態、または整形依存など、さまざま。施術を受ける前に、技術のある医師を選んだり、クリニックのホームページなどに載っている症例写真を見て理想と現実のギャップを縮めておいたりすることが重要です。

フォトフェイシャルの効果と副作用とは。ニキビやシミが増えるって本当?

フォトフェイシャルの効果と副作用とは。ニキビやシミが増えるって本当?

肌トラブルの改善に有効だと言われているフォトフェイシャル。肌へのダメージの少なさや安全性の高さが宣伝されているけれど、副作用のリスクはゼロではありません。治療に用いる光の照射の仕方や体調によって、火傷を負ったりかえってシミが濃くなったりなどの副作用が生じることもあるんです。

歯列矯正に失敗して老け顔に!? 失敗しないための3つのポイント

歯列矯正に失敗して老け顔に!? 失敗しないための3つのポイント

歯列矯正は歯並びを美しくして、見た目の美しさも身体の健康も手に入れられる治療です。しかし、歯列矯正の一環で抜歯をしたせいで老け顔になってしまったり、噛み合わせが合わなくなってしまったりという失敗例も! 歯列矯正の失敗を防ぐために、歯列矯正の処置を受ける前に気を付けるべきポイントを3つを紹介します。

21,037 views | 審美歯科

二重整形切開法の効果は半永久的。そのぶん大きくなる3つのリスク

二重整形切開法の効果は半永久的。そのぶん大きくなる3つのリスク

ぱっちりした目もとを手に入れるための方法のひとつが、二重まぶた整形。そのなかの「切開法」はまぶたにメスを入れて二重を作るので、一度施術すれば半永久的に二重を維持できます。一方、施術後の腫れが長引いたり、目が開きにくくなったり、目を完全に閉じれなくなったりというリスクもあるのだとか。

目頭切開手術は腫れにくい、術後経過とアフターケアの注意点

目頭切開手術は腫れにくい、術後経過とアフターケアの注意点

大人っぽい切れ長の目もとを叶えてくれる目頭切開の手術。ただ、目もとはなかなか隠すのが難しいので、腫れが出ないかが心配。そこで目頭切開の手術後の腫れについて気をつける点をまとめました。手術が成功しても、油断をしてアフターケアを怠ると腫れが長引いたり、傷跡が残ってしまうことも。

5,170 views | 目頭切開

手軽にできるヒアルロン酸注入豊胸のチェックすべき3つのポイント

手軽にできるヒアルロン酸注入豊胸のチェックすべき3つのポイント

手ごろな豊胸手術のひとつであるヒアルロン酸注入。でも実は、ヒアルロン酸注入でのバストアップは1カップアップが限界だったり、効果持続期間が半年から2年程度で、サイズをキープするには継続的な施術が必要だったり、体に吸収されなかったヒアルロン酸がしこりになってしまったりするんです。メリットだけでなく、起こりうるリスクにも目を向けてからヒアルロン酸注射を決断しましょう。

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

暑くもないのに脇汗が止まらないのは、多汗症のせいかも。手のひらの多汗症手術といえば、交感神経を切断する「ETS手術」が有名ですが、この方法は脇の下の多汗症には向いていないんです。脇の下の多汗症には、どのような治療があるのか解説します。

豊胸の失敗で不自然な「人工乳」に?豊胸手術の失敗例と対処法

豊胸の失敗で不自然な「人工乳」に?豊胸手術の失敗例と対処法

ふくよかでキレイに形の整ったバストは、女性の憧れ。即効でキレイなバストにする方法のひとつとして豊胸手術があり、豊胸手術にはヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンバッグを入れるなどの3つの方法があります。でも、簡単に手術できるからこそバストが不自然な形になったり、硬くなったり、しこりができてしまうことも。女性の象徴であるバストだからこそ、豊胸手術をする前に失敗例を知っておきましょう。

眼瞼下垂手術には失敗のリスクがたくさん。よくある失敗例4選

眼瞼下垂手術には失敗のリスクがたくさん。よくある失敗例4選

眼瞼下垂(がんけんかすい)はまぶたを持ち上げる筋肉や腱膜がゆるむことで、目を開けにくくなってしまう病気です。手術でしか治療のできない病気なので、手術の失敗リスクについても気になるところ。そこで、眼瞼下垂の手術法とそれぞれのリスクについてまとめました。

41,023 views | 眼瞼下垂

1~20件を表示 / 26記事中