失敗のキーワードが付いた記事一覧

美肌になるけどたるみには効果なし?金の糸のデメリットや失敗例とは

美肌になるけどたるみには効果なし?金の糸のデメリットや失敗例とは

金の糸は、皮下に金の糸を編み目状に埋めこむリフトアップ法。実は効果を感じられない、肌の表面がボコボコになる、異物性肉芽腫ができるなどの失敗例があり、クリニック選びと綿密なカウンセリング、自分に合う施術かどうか吟味することが大切です。

脂肪溶解注射による痩身、メソセラピーの失敗談やトラブル予防策は?

脂肪溶解注射による痩身、メソセラピーの失敗談やトラブル予防策は?

メソセラピーとは、脂肪溶解注射による痩身術です。手軽にできる反面、効果が実感しづらい、左右差が出る、皮膚のたるみ、腫れや痛み、さらにリバウンドなどの失敗例が。トラブルを避けるためには、クリニックを選び、ダウンタイムを考慮しての日取りが大切です。あるいは、脂肪吸引、脂肪冷却、超音波痩身、レーザースタイリングなどの別の手段を選択しても良いでしょう。

Qスイッチルビーレーザーで、失敗なく治療効果を上げるためのポイントとは?

Qスイッチルビーレーザーで、失敗なく治療効果を上げるためのポイントとは?

Qスイッチルビーレーザーは、メラニン色素が原因のシミやアザの治療に高い効果を発揮します。失敗例にはシミが薄くならずにむしろ濃くなった、色ムラができた、新しいシミができた、などがあります。トラブルを防ぐためには、適応の確認、紫外線対策などの対処が有効です。

失敗しない♡ヒアルロン酸注入による「プチ豊胸」のクリニック選び

失敗しない♡ヒアルロン酸注入による「プチ豊胸」のクリニック選び

胸が小さい……と悩む女性は多いもの。最近は、比較的に手軽なヒアルロン酸注入による「プチ豊胸」を選ぶ女性が増えています。ただ、医師の経験不足などによって、豊胸手術が失敗してしまう場合も少なくありません。そこで今回は、ヒアルロン酸豊胸手術の失敗例とクリニック選びのコツについてご紹介します。

垂れ目になりたかったのに……。グラマラスライン形成失敗のトラブル

垂れ目になりたかったのに……。グラマラスライン形成失敗のトラブル

目尻を下げることで、柔らかい雰囲気な垂れ目になれるグラマラスライン形成。しかし、施術に失敗して、左右非対称の目になってしまったり、粘膜が見えたままの状態になったり、三白眼になってしまった、というようなトラブルは少なくありません。再施術を受けることもできますが、ケースやクリニックによってかかる費用は大きく異なります。また、こうしたトラブルを引き起こさないためには、信頼できるクリニック選びが大切。口コミを調べたり、症例写真を参考にしたりして、納得のいく施術の結果にしましょう。

ハムラ法の失敗談から学ぶ!術後トラブルを防ぐポイントとは?

ハムラ法の失敗談から学ぶ!術後トラブルを防ぐポイントとは?

ハムラ法での術後トラブルは、上まぶたのくぼみ、下まぶたの引きつり、涙袋の変形、傷跡、神経の損傷など。失敗を防ぐためには、クリニックと医師を慎重に選び、不安が残らないように、しっかりと時間をかけてカウンセリングを行うことが大切です。

レーザー脱毛の失敗で肌トラブルが! 原因&対処法について

レーザー脱毛の失敗で肌トラブルが! 原因&対処法について

レーザー脱毛には失敗するリスクがあり、そのおもな原因は「クリニック」と「自分」のふたつ。クリニックが原因である失敗例としては、レーザーの打ち漏れや火傷、照射の際の痛みなどがあります。レーザーの照射後に、自分で行ったアフターケアが原因で起こる失敗は、紫外線対策やアイシング、十分な保湿、体を温めすぎないことなどに気をつけ、正しい対処をすれば防げる可能性があります。

自力で簡単にできる克服法も。社会不安障害の症状と治し方

自力で簡単にできる克服法も。社会不安障害の症状と治し方

人前で強い不安と恐怖を感じる社会不安障害は、精神的にも身体的にも強い苦痛をともない、場合によっては高所恐怖症などの神経症を併発してしまうこともあります。でも、生活習慣を見直したり、ストレスをためないようにしたりすれば自力で克服できることもあるのです。病院での治療法としては薬物療法や心理療法などがあります。

27,726 views

たるみに効果的な3Dリフト! 知っておきたい副作用とダウンタイム

たるみに効果的な3Dリフト! 知っておきたい副作用とダウンタイム

皮膚の内側に糸を通すことで、切らずにリフトアップを図ることのできる「3Dリフト」。大きなリフティング効果を期待でき、安全性の高い治療法ですが、施術者によって術後の仕上がりに差が出たり、副作用を生じるリスクの大きさが変わってきます。施術後のダウンタイムを抑えるためには、自宅での過ごし方やケアが大切です。

7,117 views | 3Dリフト

ほうれい線の改善方法にはどんな方法がある?!

ほうれい線の改善方法にはどんな方法がある?!

年齢を重ねる毎に気になっていくほうれい線。ほうれい線があるかないかで、だいぶ見た目も違ってきます。目立たなくするにはどんな方法があるのでしょうか。

整形手術で後悔しないためのカウンセリング法を医師に聞いてみた

整形手術で後悔しないためのカウンセリング法を医師に聞いてみた

整形手術は気になっているけど、受けて後悔をしてしまわないか心配…。そんな不安を解決するのに重要なのが医師との術前カウンセリングですが、正しくカウンセリングに臨まないとせっかく手術に踏み切っても後悔をしてしまうかもしれないんです。手術で後悔しないためのカウンセリング法について美容外科医の先生に聞いてみました!

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

皮膚に純金の糸を埋め込み、肌質改善を図る「金の糸(ゴールデンスレッド)」。体内に埋め込まれた糸の刺激による肌のターンオーバーの促進、コラーゲンの量の増加などによる美白、美肌効果を期待できる画期的な美肌治療だといわれていますが、実はアレルギーリスクが高かったり、一度埋め込んだら糸の摘出ができなかったりするなどのデメリットもあるんです。

こまめなケアがカギ。美容器具「ダーマローラー」の失敗談と対策法

こまめなケアがカギ。美容器具「ダーマローラー」の失敗談と対策法

「ダーマローラー」とは、針のついた専用のローラーを肌のうえで転がすことで皮膚の内側の細胞を活性化し、ニキビやニキビ跡の改善、エイジングケアなどを図る美容治療。比較的安全性の高い治療法だといわれていますが、使うダーマローラーの品質や衛生状態、施術後のアフターケア次第では、肌にダメージを与えてしまうことも。特に自宅で使用するときは注意点をしっかり守るようにしましょう。

20,622 views | ダーマローラー

埋没法でも失敗はある?抜糸や再手術は避けたい!

埋没法でも失敗はある?抜糸や再手術は避けたい!

「気軽に出来るプチ整形」と言われる埋没法。二重まぶたの整形のなかでも比較的受けやすい施術でですが、実は「失敗した」という声も聞かれます。埋没法は、気に入らなかったら抜糸すれば元に戻れるという利点もありますが、せっかくお金をかけて受けたのだからそれは避けたい……。埋没法の失敗を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。

注射だけで小鼻を目立ちにくくできるかも。小鼻ボトックス注射について

注射だけで小鼻を目立ちにくくできるかも。小鼻ボトックス注射について

ずんぐりとした大きな小鼻を小さくする効果があるといわれている「ボトックス注射」。ボトックス注射の施術は5~10分で終わるのでスキマ時間で施術を受けられるし、痛みもほとんどないので痛みに多少敏感な人でも受けやすいんです。ただ効果の持続期間には限りがあるので、施術後の状態を維持したい場合には、継続的に施術を受ける必要があるでしょう。

【医師監修】注意!フェイスリフトにありがちな失敗例まとめ

【医師監修】注意!フェイスリフトにありがちな失敗例まとめ

フェイスリフト術は皮膚を切開し、引き上げて縫合する手術のこと。切らないリフト術も多く、糸リフトには「ミントリフト」「ショッピングスレッドリフト」など、照射系リフトは「サーマクール」「ウルセラシステム」、注入系リフトは「ヒアルロン酸」「ボトックス」などがあります。手術を受ける前に、各美容術ごとのリスクや失敗例を知っておきましょう。

40,550 views | フェイスリフト

頬がこけ、老けてしまうことも!バッカルファット除去の失敗パターン

頬がこけ、老けてしまうことも!バッカルファット除去の失敗パターン

バッカルファットは頬の深部にある脂肪のかたまり。多すぎるバッカルファットを手術で除去すると、小顔効果や口元のたるみ改善が期待できます。効果が高いとされる美容術ですが、除去しすぎると頬がこけて老けた印象になることも。骨格や脂肪の量などに応じた施術を受けるために、しっかりとカウンセリングを受けましょう。

14,615 views

「効きすぎて頬がこけた」という声も。サーマクールの失敗例とは

「効きすぎて頬がこけた」という声も。サーマクールの失敗例とは

サーマクールは高周波を皮膚に照射することで、たるみの解消を図る医療機器。切らないリフトアップ術としても知られ安全性が高いとされる施術法ですが、「変わらなかった」「すぐに戻った」「効きすぎて頬がこけた」「やけどができた」という声もあります。

14,236 views | サーマクール

埋没法の抜糸をすべきかどうかは人によって違う。どこで判断したらいい?

埋没法の抜糸をすべきかどうかは人によって違う。どこで判断したらいい?

埋没法のあとの抜糸は本来不要のものだけれど、人によっては早急に抜糸をした方が良い場合もあるんです。では、それはどこで判断したらいいのでしょうか。また、抜糸のダウンタイムについても考慮した方が良い場合とそうでない場合も。これには、抜糸をするときの埋没法の状態や、糸の留め方が関わってくるようです。

唇の整形は実は怖い? ありがちな失敗例とその対処法とは

唇の整形は実は怖い? ありがちな失敗例とその対処法とは

顔占いでは、唇の形でその人の性格がわかるといいます。目の次に注目度が高い口もと。確かにふっくらしていればセクシーに、キリッと引き締まっていれば上品に見えますね。整形したい気持ちは、とてもよくわかります。しかし、口の整形は失敗すると、とても恐ろしい結末が……。今回は唇の整形の失敗例とその対処法をご紹介します。

1~20件を表示 / 41記事中

本日のアクセスランキング

注目の医師

サイトメニュー