ハイドロキノンのキーワードが付いた記事一覧

「シミの消しゴム」!レーザーより低コストなハイドロキノンとは?

「シミの消しゴム」!レーザーより低コストなハイドロキノンとは?

ハイドロキノンは、「シミの消しゴム」と呼ばれるほど強力な成分。ハイドロキノンは濃度によっては効果が出なかったり、過剰な赤みや皮むけ、白斑などの肌トラブルを起こしたりする可能性があるため、医師に処方してもらいましょう。パッチテストを行って、洗顔後20ほど経ってから、綿棒などでポイントづけするのが効果的です。

ハイドロキノンでシミを漂白? 意外と知らないハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンでシミを漂白? 意外と知らないハイドロキノンの正しい使い方

ハイドロキノンは強力な還元作用による効果を持つとされる成分。シミの予防効果と、すでにできてしまったシミを漂白する効果が期待できます。肌のターンオーバーを促すトレチノインと併用されることも。おもなシミには改善が見込めますが、メラニン色素が真皮層にあるアザの治療には不向きです。また、体質によっては効果が発揮されないことがあるとか。

49,378 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの効果と副作用|シミやそばかすに効果あり?まだら肌になる?

ハイドロキノンの効果と副作用|シミやそばかすに効果あり?まだら肌になる?

ハイドロキノンとは、メラニン色素の生成を抑えシミやそばかすを防ぐ、高い美白効果をもった成分です。ハイドロキノンを使えば、シミやそばかす、肝斑、炎症による色素沈着などを解消することができます。ピンポイントで解消したいお悩みには、ハイドロキノンクリームを使うと効果が期待できそうです。口コミによれば、1日2回、2ヶ月ほど使用を継続することで効果を実感できるよう。もし全体的に肌を白くしたい場合は、ハイドロキノン配合の化粧水がおすすめです。ハイドロキノンは効果が高いぶん副作用も強いので、トラブルを防ぐためにも正しい使い方をチェックしておきましょう。

45,606 views | そばかす

肌の漂白剤? シミに効くというハイドロキノンの正しい使い方

肌の漂白剤? シミに効くというハイドロキノンの正しい使い方

メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを薄くする効果が期待できる成分「ハイドロキノン」。その効果と安全性を高めるための使い方とは、あらかじめパッチテストを行ったうえで4%以下の濃度のものを夜に1日1回、洗顔20分後にシミなどが気になる部分のみに塗り、紫外線対策を欠かさないこと。また、長期の連続使用も避けましょう。

5,359 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンクリームで気になるシミを薄くできるかも

ハイドロキノンクリームで気になるシミを薄くできるかも

メラニン色素の生成を抑える働きのある成分ハイドロキノンが配合されたクリーム、「ハイドロキノンクリーム」。肌に塗るだけで新たなシミを予防したり、すでにあるシミやそばかすや肝斑、色素沈着などを薄くする効果を期待できるクリームです。効き目が強い分、肌の炎症や白斑などの副作用のリスクもあるので取り扱いには注意が必要です。

11,405 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの効果はまるで漂白剤?

ハイドロキノンの効果はまるで漂白剤?

強力な効果をもつ成分であるハイドロキノンには、メラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑えるとともにメラノサイトの量を少なくさせる働きがあるため、シミやそばかすや肝斑、ニキビ跡や傷跡の色素沈着などを改善したり、予防する効果が期待できます。非常に効き目の強い成分なので、濃度や長期間の治療などには注意が必要です。

7,878 views | ハイドロキノン

ハイドロキノンの怖い副作用って? 肌の漂白剤は諸刃の剣かも

ハイドロキノンの怖い副作用って? 肌の漂白剤は諸刃の剣かも

高い美白効果が期待でき、シミやそばかすや肝斑、色素沈着の解消を図ることが可能な「ハイドロキノン」ですが、効き目が強い分、副作用も少なくありません。皮膚に赤みや炎症やかゆみを生じたり、日焼け対策を怠ると症状の悪化を招いたり、ときに一生消えない白斑と呼ばれる皮膚の脱色を起こすことも。慎重に使用する必要がある成分です。

21,631 views | ハイドロキノン

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、頬骨付近にぼんやりと左右対称に広がることが特徴です。治療法には飲み薬(トラネキサム酸)、塗り薬(ハイドロキノン、トレイチノン)、レーザー照射などがあり、肌の症状によって組み合わせて行うことも。自分のシミが肝斑かどうかわからない人は、症例写真を参考にしてみましょう。

顔に最もよくできるシミ、老人性色素斑の有効な治療法まとめ

顔に最もよくできるシミ、老人性色素斑の有効な治療法まとめ

皮膚のシミの中でも身近なものが、紫外線による老人性色素斑です。この老人性色素斑に対して有効だと言われている治療法は医療レーザー。さらに光(フォト)治療や、外用薬のハイドロキノン、トレチノインなどを組み合わせることも。また、紫外線ダメージは肌に蓄積されるので、日頃から日焼け止めクリームなどで肌を保護することも大切です。

消えないシミ・そばかすがフォトシルクプラスの光治療でかさぶたに?

消えないシミ・そばかすがフォトシルクプラスの光治療でかさぶたに?

フォトシルクプラスはシミ治療などに用いる光治療機器のひとつ。皮膚に照射するとシミやそばかすだけに熱ダメージを与えることが可能とされています。シミは一時的に濃くなりますが、かさぶたになり、やがて剥がれ落ちるのだそう。光の刺激がコラーゲン生成を促すのでエイジングケアも期待でき、一度に広い面積に施術することができる治療法とされています。

10,616 views

そばかすを薄くするためには? ホームケアとクリニック治療

そばかすを薄くするためには? ホームケアとクリニック治療

大人になってからできるそばかすは、紫外線とターンオーバーの乱れが原因。紫外線対策とストレスのない生活が、そばかすを薄くする&増やさないポイント。メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ美白成分配合のスキンケアとメイクを地道に続ければ、そばかすを目立たなくすることができるかも。一刻も早く悩みを解消したいという場合には、クリニックで治療しましょう。

9,251 views | そばかす

シミ除去にも期待! 刺激の弱いQスイッチYAGレーザーとは

シミ除去にも期待! 刺激の弱いQスイッチYAGレーザーとは

QスイッチYAGレーザーは、2種類の異なる波長のレーザーを切り替えて照射できる機器で、シミやそばかす、アザの解消のほか、赤ら顔の改善、入れ墨やアートメイクの除去なども可能なようです。また、これまでレーザー治療ではできないとされていた肝斑にもQスイッチYAGレーザーなら治療できるようになりました。ただ、治療を受けられない人もいるので、医師に相談してみましょう。

ワキガ手術は跡が残る? ワキガ手術後の肌トラブルや黒ずみの治療法

ワキガ手術は跡が残る? ワキガ手術後の肌トラブルや黒ずみの治療法

ワキガはわきの下を切開する手術で解消しやすいですが、個人の体質や手術のやり方によっては手術跡が残る場合があります。手術跡の程度が軽ければ、市販の治療薬を使って自分でケアできますが、かなり目立ったり皮膚にトラブルが起きたりしている場合は、病院で治療を受けた方がいいでしょう。手術跡の状態により治療法が違うので、まずは自分の症状に合った治療法を探してみましょう。

目の下のクマは美容皮膚科に相談!治療法と気になる費用を紹介

目の下のクマは美容皮膚科に相談!治療法と気になる費用を紹介

目の下のクマは美容皮膚科で治療することがおすすめ。治療はおもに、ヒアルロン酸注射、脂肪溶解注射などの注入による方法、ジェネシス、サーマクール、テノールのような専用の機器で照射する方法、トレチノイン、ハイドロキノンなどの薬を使う方法があります。

132,618 views | 目の下のクマ

シミのタイプ別! 自宅と病院でできるシミ治療

シミのタイプ別! 自宅と病院でできるシミ治療

シミは大きく4種類。紫外線が原因のシミ、老人性色素斑。遺伝的な原因のシミ、雀卵斑(そばかす)。ホルモンバランスが原因のシミ、肝斑。ニキビ跡、やけどなどの色素沈着がシミとなる炎症性色素沈着。どのシミも、自分でできる治療は一緒。一方、それぞれのシミで病院での治療は異なるので、注意が必要です。

1~15件を表示 / 15記事中