メスのキーワードが付いた記事一覧

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

実はリスクが高い? 金の糸のメリット、デメリットについて

皮膚に純金の糸を埋め込み、肌質改善を図る「金の糸(ゴールデンスレッド)」。体内に埋め込まれた糸の刺激による肌のターンオーバーの促進、コラーゲンの量の増加などによる美白、美肌効果を期待できる画期的な美肌治療だといわれていますが、実はアレルギーリスクが高かったり、一度埋め込んだら糸の摘出ができなかったりするなどのデメリットもあるんです。

ゼルティックは「冷やして脂肪細胞を壊す」部分痩せの新常識?

ゼルティックは「冷やして脂肪細胞を壊す」部分痩せの新常識?

クールスカルプティングは全く新しい部分痩せのダイエット法。これは「ゼルティック」と呼ばれる機器を気になる部分に当てて「冷却することによって脂肪細胞を壊死させる」という施術。脂肪溶解注射や脂肪吸引よりも体の負担が少ないとのこと。また、ダウンタイムやリバウンドがないのもうれしいポイントです。

芯からハリのある美肌になりたい♡リフトアップ美容機器ダブロについて

芯からハリのある美肌になりたい♡リフトアップ美容機器ダブロについて

ダブロとは、肌のたるみの改善やリフトアップ効果を助けてくれる美容医療機器のこと。高密度の超音波であるHIFUを発し、皮膚の奥底にあるSMAS層という筋膜組織にまで熱エネルギーを届けることで組織をぎゅっとひき締め、さらにコラーゲンの生成を促すことでハリを与えます。ただ、一度の施術での効果持続期間は6か月~1年程度なので、効果を維持するには継続的に施術を受ける必要がありそうです。

6,662 views | ダブロ

ダウンタイムはどれくらい? 効果は続く? 切らない鼻整形のメリット&デメリット

ダウンタイムはどれくらい? 効果は続く? 切らない鼻整形のメリット&デメリット

切らない鼻整形には、主にヒアルロン酸注射と、ループ法など糸を使用して鼻を小さくする方法のふたつがあります。ヒアルロン酸も糸も、手軽に試せてダウンタイムもほとんど必要ありませんが、効果が持続する期間には限りがあり、維持するには施術を受け続けなければならないというデメリットもあります。

痛みもダウンタイムもなし!?メスを使わないリフトアップ整形手術の方法3つ

痛みもダウンタイムもなし!?メスを使わないリフトアップ整形手術の方法3つ

メスを入れられる怖さやダウンタイムの長さを気にして、整形に踏み出せない人も多いはず。でも、リフトアップ整形のなかには、肌に特殊な糸を通す「フェザーリフト」「ヒアルロン酸注射」、脂肪を溶かす「脂肪溶解注射」など、メスを使わずに施術する方法があります。それぞれのリスクを理解して、最適なリフトアップ整形を選びましょう。

デカ目整形の最終兵器! グラマラスラインとは?【1分でわかる美容整形講座】

デカ目整形の最終兵器! グラマラスラインとは?【1分でわかる美容整形講座】

今回は、グラマラスラインというデカ目整形の最終兵器といえる整形を紹介。グラマラスラインはほかのデカ目整形や二重整形と違い、下まぶたを切る整形。だから、グラマラスラインであれば埋没法や二重切開をしていても、影響が少なくデカ目整形できちゃうんです。

埋没法・二重切開・目頭切開のダウンタイムを知って計画的な美容整形を

埋没法・二重切開・目頭切開のダウンタイムを知って計画的な美容整形を

美容整形で計画的に理想の目を手に入れるためにはダウンタイムを把握しておくことが大切。メスを使わずに二重にする埋没法のダウンタイムは手術後3〜7日。メスを使って二重にする二重切開は、部分切開が手術後2週間〜2か月、全切開は1~3か月。目を大きくする目頭切開のダウンタイムは手術後1か月程度です。

豊かな胸と人生を手に入れよう! 豊胸手術の費用と種類

豊かな胸と人生を手に入れよう! 豊胸手術の費用と種類

豊胸手術の費用は、クリニックによっても、手術方法によってもバラバラ。それは美容整形が自由診療で、クリニックが自由に豊胸手術の費用を決められるからなんです。豊胸手術の方法は大きく3種類あり、それぞれ費用も豊胸できるサイズも異なります。また、あなたの体型によっても、向いている豊胸手術とそうでない豊胸手術があります。

バイバイ、低い鼻。「理想の鼻」のための整形のすすめ

バイバイ、低い鼻。「理想の鼻」のための整形のすすめ

自分の鼻が悩みなら、整形がおすすめです。注射1本で気軽にできる鼻整形も、半永久的に続く鼻整形も。「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら歴史は変わっていただろう」パスカルの言葉です。ここから分かるように「鼻」が美人の印象を大きく左右します。逆に、鼻を整形すれば、それだけで顔全体の印象が変わるんです。

1~9件を表示 / 9記事中