トラネキサム酸のキーワードが付いた記事一覧

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

飲み薬「トラネキサム酸」で肝斑治療! 治療の流れや効果は?

肝斑は両頬にあらわれるぼんやりとしたシミで、30〜40代の女性に多く見られます。主な原因は女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激によっておこる肌の炎症。内服薬のトラネキサム酸には肝斑ができる前にブロックする作用があります。薬による治療とともに、肝斑の原因となる生活習慣の改善も行いましょう。

19,238 views | 内服薬治療

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑とほかのシミとの違いは? 症例写真が見られるサイトやブログまとめ

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、頬骨付近にぼんやりと左右対称に広がることが特徴です。治療法には飲み薬(トラネキサム酸)、塗り薬(ハイドロキノン、トレイチノン)、レーザー照射などがあり、肌の症状によって組み合わせて行うことも。自分のシミが肝斑かどうかわからない人は、症例写真を参考にしてみましょう。

28,182 views

ドラッグストアでも購入可能、肝斑治療にはトラネキサム酸が効果的

ドラッグストアでも購入可能、肝斑治療にはトラネキサム酸が効果的

トラネキサム酸は、シミ・そばかすへの改善効果があるとされる成分。メラニンを作るシグナルを出すプラスミンという物質のはたらきを阻害して、シミができる前の段階でブロック。店頭で購入できるものには第一三共ヘルスケアの「トランシーノ」があります。血栓関連の持病がある人や、ピルを服用している人は注意が必要に。

16,273 views | 内服薬治療

肝斑の改善に効果的な化粧品の選び方って? トラネキサム酸がポイントかも

肝斑の改善に効果的な化粧品の選び方って? トラネキサム酸がポイントかも

肝斑は30〜40代の女性に多く見られる、目の下にぼんやりと広がるシミ。老人性色素斑や雀卵斑など、ほかのシミとは異なり、ホルモンバランスや皮膚の摩擦刺激がおもな要因といわれています。そんな肝斑には、美白成分のトラネキサム酸やハイドロキノン配合の化粧品がおすすめです。また、紫外線により悪化するので日焼け止めはしっかりと!

9,290 views | 内服薬治療

美白や肝斑ケアに効くトラネキサム酸の効果や市販品、副作用とは

美白や肝斑ケアに効くトラネキサム酸の効果や市販品、副作用とは

トラネキサム酸は肝斑の改善に有効な医薬品で、プラスミンの作用を阻害し、シミができる前にブロックします。ただし、トラネキサム酸はもともと止血剤として用いられているものなので、血栓リスクの高い人は注意しましょう。服用に適していないと診断された人は、トラネキサム酸配合の化粧品で美白を目指すといいかもしれません。

16,103 views | 内服薬治療

そばかすを薄くするためには? ホームケアとクリニック治療

そばかすを薄くするためには? ホームケアとクリニック治療

大人になってからできるそばかすは、紫外線とターンオーバーの乱れが原因。紫外線対策とストレスのない生活が、そばかすを薄くする&増やさないポイント。メラニン色素の生成を抑え、シミやそばかすを防ぐ美白成分配合のスキンケアとメイクを地道に続ければ、そばかすを目立たなくすることができるかも。一刻も早く悩みを解消したいという場合には、クリニックで治療しましょう。

8,910 views | そばかす

肝斑にも効果的! トラネキサム酸がシミを改善するメカニズムって?

肝斑にも効果的! トラネキサム酸がシミを改善するメカニズムって?

トラネキサム酸は、もとは止血や抗炎症に用いられる薬剤ですが、シミやそばかす、肝斑の改善にも効果的。紫外線やホルモンなどによって生成されるプロスタグランジンなどの、「シミをつくれ」という情報を阻害する作用により、メラニンの生成をブロック。L-システインやビタミンCと一緒に取り入れることで相乗効果も期待できます。

2,865 views | 内服薬治療

シミのタイプ別! 自宅と病院でできるシミ治療

シミのタイプ別! 自宅と病院でできるシミ治療

シミは大きく4種類。紫外線が原因のシミ、老人性色素斑。遺伝的な原因のシミ、雀卵斑(そばかす)。ホルモンバランスが原因のシミ、肝斑。ニキビ跡、やけどなどの色素沈着がシミとなる炎症性色素沈着。どのシミも、自分でできる治療は一緒。一方、それぞれのシミで病院での治療は異なるので、注意が必要です。

1~8件を表示 / 8記事中