しこりのキーワードが付いた記事一覧

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

性器の外陰部にできる良性の腫瘍、外陰脂肪腫。脂肪のかたまりなので痛みはなく、治療も不要です。とはいえその大きさが気になるようなら、整形外科や形成外科、皮膚科や婦人科で切除ができます。外陰脂肪腫かどうか自己判断できなければ、婦人科に行ってみて。ほかの病院よりも、デリケートゾーンを見られる恥ずかしさが少なくてすみそう。

手軽にできるヒアルロン酸注入豊胸のチェックすべき3つのポイント

手軽にできるヒアルロン酸注入豊胸のチェックすべき3つのポイント

手ごろな豊胸手術のひとつであるヒアルロン酸注入。でも実は、ヒアルロン酸注入でのバストアップは1カップアップが限界だったり、効果持続期間が半年から2年程度で、サイズをキープするには継続的な施術が必要だったり、体に吸収されなかったヒアルロン酸がしこりになってしまったりするんです。メリットだけでなく、起こりうるリスクにも目を向けてからヒアルロン酸注射を決断しましょう。

豊胸脂肪注入で、おっぱいをボリュームアップしながらスリムな身体に

豊胸脂肪注入で、おっぱいをボリュームアップしながらスリムな身体に

豊胸脂肪注入は、身体の気になる部分から脂肪を吸引して、その脂肪をバストに注入する豊胸手術です。脂肪が気になる部分をスリムにできて、さらにバストアップもできちゃうなんてすごく魅力的な施術法。でも実は、豊胸脂肪注入は胸にしこりができてしまったり、注入した脂肪が吸収されてしまったり、さまざまなリスクもあるんです。

豊胸の失敗で不自然な「人工乳」に?豊胸手術の失敗例と対処法

豊胸の失敗で不自然な「人工乳」に?豊胸手術の失敗例と対処法

ふくよかでキレイに形の整ったバストは、女性の憧れ。即効でキレイなバストにする方法のひとつとして豊胸手術があり、豊胸手術にはヒアルロン酸注入、脂肪注入、シリコンバッグを入れるなどの3つの方法があります。でも、簡単に手術できるからこそバストが不自然な形になったり、硬くなったり、しこりができてしまうことも。女性の象徴であるバストだからこそ、豊胸手術をする前に失敗例を知っておきましょう。

首や肩にできるしこり「脂肪腫」の特徴と治療が必要な大きさの目安

首や肩にできるしこり「脂肪腫」の特徴と治療が必要な大きさの目安

皮膚の下にできる良性の腫瘍、脂肪腫。悪いものではないので必ずしも治療は必要ありませんが、整容目的で除去手術をする人も多いです。小さい脂肪腫は、外来手術で摘出ができます。30~50代の人にできやすい脂肪腫。いまのところその原因ははっきりしていないよう。大きなものや急激に成長するものは、悪性の腫瘍かもしれないので、自己判断せずに病院で診察してもらいましょう。

安全とはいえゼロじゃない、ヒアルロン酸注射の3つの副作用

安全とはいえゼロじゃない、ヒアルロン酸注射の3つの副作用

「毎朝鏡をみるとヒヤヒヤ……」加齢とともに落ちくぼんで見える目もとや頬。もう少しふっくらしていたら若く見えるのに……。そんなとき試したくなるのがヒアルロン酸注射。まるで魔法のように、若々しく見える効果が期待できるという声を聞きますが……。ヒアルロン酸注射が、手軽で効果的なプチ整形だからといって、副作用がないわけではありません。

鼻筋が太くなっちゃうかも。鼻のヒアルロン酸注射の失敗例

鼻筋が太くなっちゃうかも。鼻のヒアルロン酸注射の失敗例

鼻のヒアルロン酸注射は、鼻を高くする整形のなかでも比較的簡単で、費用も安くすむ施術法です。でも気をつけないと、左右に差が出たり、しこりができたり、何回も注射することで逆に鼻が太くなってしまったり、という失敗例も。気軽に受けられる手術だからこそ、安易に施術を決めずに、医師選びは重要にした方がよさそう。

突然あらわれる関節のしこりガングリオンの原因とできやすい部位と治療法

突然あらわれる関節のしこりガングリオンの原因とできやすい部位と治療法

身体の関節にあらわれる原因不明のしこり、ガングリオン。ガングリオンは良性で、放っておけばそのうち治ると言われていますが、なかには痛みを感じるガングリオンもあります。ガングリオンの治療方法は大きく4種類、整形外科を受診するのがベストです。ガングリオンの原因やできやすい部位など、基本的な知識をまとめました。

1~8件を表示 / 8記事中