切除のキーワードが付いた記事一覧

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

良性の腫瘍の中でも、痛みをともなう多発性血管脂肪腫と神経鞘腫。脂肪腫は柔らかく、触っても痛みがないのに対し、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫はコリコリと硬く、押さなくても痛みがあるもの。物に触れることの多い腕などにできると、痛む回数が増えるので、手術によって切除したほうが楽になります。

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

暑くもないのに脇汗が止まらないのは、多汗症のせいかも。手のひらの多汗症手術といえば、交感神経を切断する「ETS手術」が有名ですが、この方法は脇の下の多汗症には向いていないんです。脇の下の多汗症には、どのような治療があるのか解説します。

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫は、身体に害はないものの、見た目が気になりコンプレックスに。そんなときは、勇気を出して除去手術を受けてみるといいかも。脂肪腫の除去手術は、保険適用内なので出費を抑えられます。小さいものであれば日帰りで手術をすることも可能。傷跡が気になる方は、費用がかかりますが、美容外科での手術をおすすめします。

まっさらな肌が手に入る、ほくろ除去の方法や費用、術後のトラブルまとめ

まっさらな肌が手に入る、ほくろ除去の方法や費用、術後のトラブルまとめ

「このほくろがなければ......」と、できる場所によっては、大きなコンプレックスになりがちなほくろ。そんなほくろ除去が期待できる方法は、レーザー治療や、くりぬき法、切除縫合法などの手術から、自宅でできるクリームやもぐさによる治療法までさまざまです。それぞれの費用や注意点は、ほくろ除去に踏み切る前に知っておきたいところです。

突然あらわれる関節のしこりガングリオンの原因とできやすい部位と治療法

突然あらわれる関節のしこりガングリオンの原因とできやすい部位と治療法

身体の関節にあらわれる原因不明のしこり、ガングリオン。ガングリオンは良性で、放っておけばそのうち治ると言われていますが、なかには痛みを感じるガングリオンもあります。ガングリオンの治療方法は大きく4種類、整形外科を受診するのがベストです。ガングリオンの原因やできやすい部位など、基本的な知識をまとめました。

1~5件を表示 / 5記事中