脂肪腫のキーワードが付いた記事一覧

画像診断で脂肪腫の早期発見につなげる。3つの検査方法とは?

画像診断で脂肪腫の早期発見につなげる。3つの検査方法とは?

脂肪腫の疑いがあるなら、画像診断を受けてみて。検査方法は、エコー検査、CT検査、MRI検査の3つ。エコー検査は、もっとも簡単に、短時間で受けられ、CT検査は、1度に広範囲を検査することができます。MRI検査は脂肪腫と正常細胞の区別をはっきりつけることができます。

脂肪腫はどうしてできるのか。病気? ストレス? 考えられる原因について

脂肪腫はどうしてできるのか。病気? ストレス? 考えられる原因について

身体に急にできるコブ、脂肪腫。実は、脂肪腫のできる原因は、いまだはっきりしていません。急激な体重増加や、脂肪のかたまりができやすい体質であること、ストレスなどが原因ではないかと言われていますが、脂肪腫は誰にでもできる可能性があるもの。そのため、過度に心配する必要はありません。

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

手術すべき? 痛みのある脂肪腫、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫とは

良性の腫瘍の中でも、痛みをともなう多発性血管脂肪腫と神経鞘腫。脂肪腫は柔らかく、触っても痛みがないのに対し、多発性血管脂肪腫と神経鞘腫はコリコリと硬く、押さなくても痛みがあるもの。物に触れることの多い腕などにできると、痛む回数が増えるので、手術によって切除したほうが楽になります。

プラセンタ注射を打つと献血できない? プラセンタ注射の危険性

プラセンタ注射を打つと献血できない? プラセンタ注射の危険性

プラセンタ注射を打つことでエイジングケアができると言われています。ただ、プラセンタ注射を打つと、ヤコブ病の感染可能性がゼロだと断定できないために、献血を制限されてしまいます。過剰摂取のせいで脂肪腫ができたり、生理痛がひどくなることも。危険性はぬぐえないよう……。

4,772 views | プラセンタ注射

首や肩にできるしこり「脂肪腫」の特徴と治療が必要な大きさの目安

首や肩にできるしこり「脂肪腫」の特徴と治療が必要な大きさの目安

皮膚の下にできる良性の腫瘍、脂肪腫。悪いものではないので必ずしも治療は必要ありませんが、整容目的で除去手術をする人も多いです。小さい脂肪腫は、外来手術で摘出ができます。30~50代の人にできやすい脂肪腫。いまのところその原因ははっきりしていないよう。大きなものや急激に成長するものは、悪性の腫瘍かもしれないので、自己判断せずに病院で診察してもらいましょう。

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫は、身体に害はないものの、見た目が気になりコンプレックスに。そんなときは、勇気を出して除去手術を受けてみるといいかも。脂肪腫の除去手術は、保険適用内なので出費を抑えられます。小さいものであれば日帰りで手術をすることも可能。傷跡が気になる方は、費用がかかりますが、美容外科での手術をおすすめします。

1~6件を表示 / 6記事中