NICOLY:)[ニコリー] コンプレックスの悩み解決・応援サイト

医師が教えるコンプレックス解決サイト
監修済記事:1022記事

メルマガ登録

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着に関する人気まとめやオススメ記事を集めました。NICOLYでは炎症後色素沈着の他にも、コンプレックスに関するさまざまな話題の記事が掲載されています。

炎症後色素沈着の記事一覧

エラグ酸はシミ対策の救世主!美白効果と老化防止のW効果で老い知らず♪

エラグ酸はシミ対策の救世主!美白効果と老化防止のW効果で老い知らず♪

エラグ酸とは、天然のポリフェノールの一種で、いちごやラズベリーなどのベリー類や、くるみなどのナッツ類に多く含まれている成分です。このエラグ酸には、女性に嬉しい効果がたくさんあります。まずは美白作用。エラグ酸は、メラニン色素の過剰な生成を防ぐはたらきを持っており、しみや肝斑、炎症による色素沈着を改善することができます。次に、抗酸化作用。エラグ酸は体内の酸化を抑え、老化を防止する効果もあるのです。また、エラグ酸は天然由来の成分のため、安全性が高く副作用がないのも嬉しいポイントです。

3051 views | エラグ酸ポリフェノール美白化粧品

シミとそばかすの治療法は同じでいい? シミの種類と治療法まとめ

シミとそばかすの治療法は同じでいい? シミの種類と治療法まとめ

シミの正式名称は、老人性色素斑、炎症後色素沈着、肝斑の3つ。そばかすの正式名称は、雀卵斑(じゃくらんはん)。シミは後天的にできるもので、一方、そばかすは先天的にでき、思春期頃に消えてなくなります。シミとそばかすの治療法は同じで、美白化粧品でのセルフケア、皮膚科やクリニックでの外用薬、レーザーやピーリングなどの治療が効果的。

1385 views | シミ老人性色素斑炎症後色素沈着

思わず見せびらかしたい素肌になるための肝斑の治療法3選♡

思わず見せびらかしたい素肌になるための肝斑の治療法3選♡

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、両頬に左右対称にぼんやりと現れるのが特徴です。形状によっては他の種類のシミやアザと間違えられることもあるみたい。また、肝斑の治療に効果的な内服薬には「トラネキサム酸」、外用薬には「ハイドロキノン」や「トレイチノン」などがあり、近年では肝斑の治療が行えるレーザー機器も登場してきています。

1747 views | 肝斑治療シミ種類ケア

消えないシミ・そばかすがフォトシルクプラスの光治療でかさぶたに?

消えないシミ・そばかすがフォトシルクプラスの光治療でかさぶたに?

フォトシルクプラスはシミ治療などに用いる光治療機器のひとつ。皮膚に照射するとシミやそばかすだけに熱ダメージを与えることが可能です。シミは一時的に濃くなりますが、かさぶたになり、やがて剥がれ落ちます。光の刺激がコラーゲン生成を促すのでアンチエイジング効果も期待でき、一度に広い面積に施術することができる治療法です。

8139 views | 医師監修フォトシルクプラス光治療

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

【大人気】ブログより詳しい!整形の痛みやダウンタイム・術後経過すべて見せます!美容整形体験レポートシリーズ

NICOLY編集部では、カウンセリングから術後経過までの画像がたっぷりの、美容整形体験レポートを公開しています。切らないプチ整形から、脂肪吸引まで読み応え十分。NICOLY編集部いちおしの記事です。随時更新中!

43840 views | 整形二重脂肪吸引

炎症後色素沈着の人気記事

炎症後色素沈着の記事をランキングで紹介

炎症後色素沈着と関連するキーワード

炎症後色素沈着とよく一緒に使われるキーワードを紹介

専門家ライター募集

NICOLYで記事を執筆していただける医師を募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと毎日記事を更新しています。信頼性の高い記事を出し続けるために、記事の執筆をしていただける医師を募集しています

専門家ライター募集フォーム

編集者募集

NICOLYで記事を編集してくれる編集者募集

NICOLYでは「コンプレックスで悩んでいる人を笑顔に」というビジョンのもと、一緒に働いてくれる編集者を募集しています。

編集者募集フォーム