皮膚科のキーワードが付いた記事一覧

新宿でニキビ治療やニキビ跡の治療が口コミで評判の皮膚科おすすめ10選

新宿でニキビ治療やニキビ跡の治療が口コミで評判の皮膚科おすすめ10選

「新宿でニキビ治療やニキビ跡の治療がしたいけど、どの皮膚科を選べばいいの?」とお困りの方はいませんか。皮膚科、特に美容皮膚科ではニキビの抑制効果にも期待のできる治療が可能ですが、クリニック選びは大変ですよね。本記事では、新宿の皮膚科探しに役立つよう、ニキビやニキビ跡の治療が人気のおすすめ皮膚科を口コミと共に紹介します!

横浜(神奈川)でニキビ治療やニキビ跡の治療が口コミで評判の皮膚科おすすめ10選

横浜(神奈川)でニキビ治療やニキビ跡の治療が口コミで評判の皮膚科おすすめ10選

「横浜(神奈川)でニキビ治療やニキビ跡の治療がしたいけど、どの皮膚科を選べばいいの?」とお困りの方はいませんか。皮膚科、特に美容皮膚科ではニキビの抑制効果にも期待のできる治療が可能ですが、クリニック選びは大変ですよね。本記事では、横浜(神奈川)の皮膚科探しに役立つよう、ニキビやニキビ跡の治療が人気のおすすめ皮膚科を口コミと共に紹介します!

東京にある、ニキビ治療の口コミの評判の良い、おすすめ皮膚科クリニック10選

東京にある、ニキビ治療の口コミの評判の良い、おすすめ皮膚科クリニック10選

ニキビはできてしまうのはすぐなのに、治るまでは時間がかかってしまいますよね。そんなニキビを治療してくれるクリニックの中でも、特に口コミで評判の医院を集めました。ニキビ治療では担当するクリニックによって大きく効果に差が出ることも。実際にそれぞれのクリニックで治療をしてもらった先輩の声を、クリニック選びの助けにしてみてください。

永久脱毛なら美容外科へ。美容外科での脱毛のメリット、デメリット

永久脱毛なら美容外科へ。美容外科での脱毛のメリット、デメリット

美容外科では、エステサロンでは受けられないレーザー脱毛が受けられるうえ、通院回数もエステサロンと比べるとかなり少なく済みます。施術の際に痛みを強く感じる場合には、麻酔を受けることも可能です。ただ、エステサロンに比べると脱毛料金が高めなので、メリットとデメリットをよく見比べてから施術を決めるのがいいでしょう。

女性の薄毛「FAGA」の治療ができる病院の、治療や費用とは?

女性の薄毛「FAGA」の治療ができる病院の、治療や費用とは?

FAGAとは、女性男性型脱毛症のことです。薄毛は男性特有の悩みと思われがちですが、女性でも、薄毛で悩んでいる人は多いとか。FAGAの場合、病院ではどんな治療をするのでしょうか。治療の流れや費用について理解して、薄毛対策に役立てましょう。

リスカ跡を修正したい! 自力で改善を目指す方法や病院での治療法は

リスカ跡を修正したい! 自力で改善を目指す方法や病院での治療法は

リスカ跡を自分で修正したいと思ったときには、療湿潤法やアットノンを塗ることで改善が期待できるかも。ただ、もっとも効果が高いのは美容皮膚科などを受診すること。アブレージョン(剥削除去)や切除縫合、フラクショナルレーザーなどの方法があります。

38,760 views

ほくろ除去なら皮膚科でやろう!東京のおすすめほくろ除去クリニック10選

ほくろ除去なら皮膚科でやろう!東京のおすすめほくろ除去クリニック10選

ほくろ除去を提供している東京の皮膚科クリニックのうち、人気のおすすめ皮膚科クリニックを経験者の口コミまとめ付きで紹介します。東京でほくろ除去なら、千歳台きたの皮膚科クリニック、山手皮膚科クリニック、芳仁皮膚科医院、日比谷ヒフ科クリニック、渋谷駅前おおしま皮膚科、青山皮膚科クリニック、大山皮膚科などがおすすめの皮膚科クリニックです。

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」 高い効果を得るための正しい使い方

ニキビの抗生剤「ダラシンTゲル」 高い効果を得るための正しい使い方

赤く膿んだニキビに効果が高いとされる「ダラシンTゲル」は、皮膚科で処方されるニキビのための抗生物質。即効性があるといわれる反面、「効果がなかった」「副作用があった」という声も。効果が感じられない理由は、誤った使用法が原因かもしれません。

ダラシンtゲルの賢い使い方でニキビを効果的に治療しよう♪

ダラシンtゲルの賢い使い方でニキビを効果的に治療しよう♪

ニキビの治療薬として皮膚科で処方される塗り薬「ダラシンtゲル」。ダラシンtゲルは保湿ケアを組み合わせる使い方がおすすめです。というのも、ダラシンtゲルが効くのはアクネ菌が原因の赤ニキビだけだから。乾燥が原因の白ニキビやニキビ予備軍も一緒に防ぐには、ダラシンtゲルの使い方を工夫する必要があります。

短期集中使用がカギ!ニキビの抗生剤「ダラシンtゲル」の効果と副作用

短期集中使用がカギ!ニキビの抗生剤「ダラシンtゲル」の効果と副作用

皮膚科でニキビに効果のある治療薬としてよく処方されるのがダラシンtゲル。あのユンケルでおなじみのSATO製薬の商品です。ダラシンtゲルはニキビを治療に使用される抗生物質。そのためダラシンtゲルは短期集中で使う方が効果大。また、ダラシンtゲルには副作用もいくつか報告されているようです。

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

レーザー照射機器のひとつ、スペクトラ。美容大国・韓国で開発されたこのレーザー機器は、従来はレーザー治療ができないとされていた肝斑に照射可能で、なおかつシミやそばかす、刺青を薄くすることもできるといわれています。スペクトラで肌悩みを解決したら、もっと人生が充実するかも。

そばかすは皮膚科で撃退できる?5つの治療法から、自分にあった方法を選ぼう

そばかすは皮膚科で撃退できる?5つの治療法から、自分にあった方法を選ぼう

思春期を境に増えるそばかす。原因は紫外線やホルモンバランスの崩れなどさまざまですが、自力での治療はむずかしいものが多いです。皮膚科にはレーザー治療、光治療、イオン導入、ケミカルピーリングなどのそばかす治療法があります。専門家に相談すれば、そばかすの悩みが解決できるかも。

30,108 views | そばかす

睫毛貧毛症はマスカラやエクステのし過ぎが原因。治療法をまとめてみた

睫毛貧毛症はマスカラやエクステのし過ぎが原因。治療法をまとめてみた

「睫毛貧毛症」とは、まつ毛が短く、細く、薄くなるといった症状、状態のこと。外部刺激や加齢、皮膚疾患や薬の副作用などが原因で発症します。睫毛貧毛症は、眼科、内科、皮膚科、美容外科などのクリニックで治療が可能。生活習慣の改善や正しいまつ毛ケアのアドバイスや、薬による治療が行われます。また、まつ毛の植毛もできるのだとか。

6,554 views | まつ毛育毛

目の周りにできるブツブツ「汗管腫」。治療法がないって本当?

目の周りにできるブツブツ「汗管腫」。治療法がないって本当?

目の周りにできるブツブツした湿疹、汗管腫(かんかんしゅ)。確立した治療法はまだないものの、塗り薬や皮膚科での治療によって症状を軽減することは可能かも。原因と対処法を知れば、汗管腫に対する不安が少しだけなくなるかもしれません。

肝斑を治療したい……肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑を治療したい……肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑は女性に多く見られるシミの一種。基本的に、保険適用外ですが、皮膚科で治療を受けることが可能です。肝斑に有効な治療法は、ハイドロキノンやトレイチノンなどの塗り薬、トラネキサム酸などの飲み薬、メドライトやスペクトラなどによるレーザー治療など。また普段から紫外線ケアやビタミンを補給する事が大事です。どの治療もすぐに大きな変化が現れるものではないので、医師の指示を守って気長に続けましょう。

医療脱毛って光脱毛とどう違うの? 施術前に知っておきたい基礎知識

医療脱毛って光脱毛とどう違うの? 施術前に知っておきたい基礎知識

お手入れをしないとすぐに目立ってくるムダ毛。最近ではティーンのころから脱毛をする人もいますよね。セルフ脱毛以外だと、主にエステで行う脱毛と医療施設で行う医療脱毛があります。この2つには多くの違いがあり、近年は医療脱毛を選ぶ人も多いようです。金額や回数など、医療脱毛はエステ脱毛とどう違うのかを調べてみました。

ほくろによく似た悪性腫瘍(皮膚がん,メラノーマ)やイボみたいなほくろが気になるなら皮膚科での受診とほくろ除去がオススメ。

ほくろによく似た悪性腫瘍(皮膚がん,メラノーマ)やイボみたいなほくろが気になるなら皮膚科での受診とほくろ除去がオススメ。

コンプレックスに感じている人も少なくない、ほくろ。ほくろは、メスによるくり抜きや切除、レーザー治療などで除去することが可能です。ただ、皮膚がんの1種であるメラノーマと見間違える可能性もあり、なかなか悩みの種です。治療のリスクを踏まえたうえで除去するのもいいですが、個性のひとつとして受け入れてみるのもひとつの手かもしれません。

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

性器の外陰部にできる良性の腫瘍、外陰脂肪腫。脂肪のかたまりなので痛みはなく、治療も不要です。とはいえその大きさが気になるようなら、整形外科や形成外科、皮膚科や婦人科で切除ができます。外陰脂肪腫かどうか自己判断できなければ、婦人科に行ってみて。ほかの病院よりも、デリケートゾーンを見られる恥ずかしさが少なくてすみそう。

ほくろ除去の方法別お値段まとめ! 病院でかかる平均費用も大公開

ほくろ除去の方法別お値段まとめ! 病院でかかる平均費用も大公開

ほくろ除去の方法は、さまざまです。自分でできる方法として、ほくろ除去クリームやジェル、もぐさ、カソーダがあります。専門機関でほくろ除去するなら、皮膚科・美容外科で取ることができます。ほくろがきれいに取れるまでにかかる時間や費用が異なるので、自分に合う方法はどれか、じっくり吟味することが大切です。

ほくろ除去は自分で?皮膚科で? 8つの方法の費用相場や跡・再発の可能性を知って自分にあったほくろ除去方法を決めるポイント

ほくろ除去は自分で?皮膚科で? 8つの方法の費用相場や跡・再発の可能性を知って自分にあったほくろ除去方法を決めるポイント

ぷっくりと膨らんだほくろや直径が大きなほくろは、目立ちやすく周囲の目が気になるものです。皮膚科や美容外科でのほくろ除去は、ほくろの大きさや範囲に合わせて、メス切除縫合やくりぬき、レーザーなど、さまざまな方法があります。保険が適用されるほくろ除去や、メリット・デメリットについて、くわしくご紹介します。

1~20件を表示 / 20記事中