ほくろのキーワードが付いた記事一覧

ほくろ除去はリンゴ酢でできるって本当?効果と注意点

ほくろ除去はリンゴ酢でできるって本当?効果と注意点

ほくろ除去をリンゴ酢でできる……?そんな情報が気になる女性も少なくないよう。今回は、リンゴ酢でほくろを除去する仕組みをリンゴ酢の美容効果と合わせて説明していきます。また、リンゴ酢以外にも、自宅でできる手軽なほくろ除去アイテムやほくろによく似たメラノーマの特徴もまとめました。

未成年でもできる!ほくろ除去の費用や方法とは?

未成年でもできる!ほくろ除去の費用や方法とは?

未成年でも、ほくろ除去をすることができます。費用を安く済ませたいときは、クリームやお灸を使って除去をする方法がおすすめ。また、リスクや再発をできるだけ避けたいという人は、病院でほくろ除去をしましょう。ただし、未成年の人が病院でほくろ除去をする場合は、親の同意書が必要です。

ほくろが多い原因は?これ以上増やさないための対策も教えて!

ほくろが多い原因は?これ以上増やさないための対策も教えて!

ほくろが多い原因は、遺伝という先天的な原因と遺伝ではない後天的な原因があります。後天的な原因は不規則な生活やほくろの触りすぎも関係ありますが、ほとんどの場合は紫外線。そのため、ほくろを増やさないためには不規則な生活を直し、日々しっかりUVケアを行うことが大切です。

ほくろから生えている毛は何者?がんの可能性や正しい処理方法

ほくろから生えている毛は何者?がんの可能性や正しい処理方法

ほくろから生えている長く太いたくましい毛は、メラニン色素の分泌量が増えることで生えてきます。ほくろのない部位に比べ、ほくろには色の濃い毛が生えることが多いですが、がんの心配はほぼありません。また、ほくろ毛の処理方法はほくろを刺激しないようにはさみで短くカットすることがおすすめです。

ほくろ除去後は「キズパワーパッド」でアフターケア?方法と効果とは

ほくろ除去後は「キズパワーパッド」でアフターケア?方法と効果とは

ほくろ除去後に心配なのが、傷あとが残らないか……ということ。きれいな肌を手に入れるには、施術後のアフターケアが重要です。軟膏をぬりテープで保護する方法のほかにも、湿潤療法を利用した「キズパワーパッド」で自宅アフターケアを行う方法があります。

ほくろを炭酸ガスレーザーで除去する方法。痛みやアフターケアについて

ほくろを炭酸ガスレーザーで除去する方法。痛みやアフターケアについて

ほくろを除去する方法は、美容外科手処置とレーザーを使う方法のふたつ。レーザーは、おもに炭酸ガスレーザーを使います。炭酸ガスレーザーによるほくろ除去の、メリット・デメリットや施術できるほくろのタイプ、やり方、伴う痛みなどについて紹介。施術後のトラブルとしては、色素沈着や取り残し、傷痕のへこみなどがあり、アフターケアとして紫外線対策は必ず行いましょう。また、症例写真を載せているクリニックやブログも参考にしてみてください。

17,212 views | レーザー治療

ほくろ部分も医療レーザー脱毛できる? 料金・適用・注意点について

ほくろ部分も医療レーザー脱毛できる? 料金・適用・注意点について

ほくろやシミに生えている毛に、医療レーザー脱毛を行うと、炎症や火傷を負う可能性があります。ですが、その部分に白いシールを貼ったり、ほくろを除去したりして、脱毛することはできます。また、医療レーザー脱毛は、日焼けをしている、妊娠・生理中などの時期は行わないほうが好ましいでしょう。

ほくろ除去は病院や形成外科がおすすめ!選ぶときのポイントはなに?

ほくろ除去は病院や形成外科がおすすめ!選ぶときのポイントはなに?

ほくろ除去は皮膚科や形成外科、美容形成外科でも除去が可能。ただ、大きなホクロはガンの可能性もあるので、病理診断のできる病院を受診するべきかも。ほくろ除去をする病院の選び方のポイントをまとめました。また、大手クリニックのほくろ除去にかかる費用も紹介します。

フォトフェイシャルで失敗しないためには? 勘違いしやすいポイントまとめ

フォトフェイシャルで失敗しないためには? 勘違いしやすいポイントまとめ

安全性の高さに定評のあるフォトフェイシャル。しかしなかには、自分が受けた施術が「失敗」だったように感じる人も。シミやそばかすが濃くなる、ニキビが増えるなどの施術後に生じる肌トラブルは、術後の正常な経過である場合がほとんど。それ以外の失敗は信頼できる医療機関で施術を受けること、自分の肌の性質を理解することで回避できます。

レーザー治療でほくろ除去、種類や費用、再発の可能性について

レーザー治療でほくろ除去、種類や費用、再発の可能性について

可愛らしさや色っぽさの象徴にもなるほくろですが、できる場所や大きさによっては、コンプレックスにもなるもの。そんなイヤなほくろは除去したい! そう考えたときにまず思いつくのが「レーザー治療」ではないでしょうか。レーザー治療でのほくろ除去に興味はあるけど、不安もある……という人のために、ほくろ除去のレーザー治療についてまとめました。

14,614 views | レーザー治療

顔だと特に痛い、ほくろ除去の痛みを少なくする方法

顔だと特に痛い、ほくろ除去の痛みを少なくする方法

ほくろ除去を躊躇してしまう理由のひとつが痛み。実は、施術中や施術後より、施術前の局所麻酔が1番痛いと感じるほくろ除去経験者が多いんです。ほくろ除去を行うことが多い顔は、知覚神経が密に集まっているため、特に痛みを感じやすいところ。痛みの軽減には、麻酔前の患部の冷却、ペンレステープの使用、プラシーボ効果の活用がおすすめ。

まっさらな肌が手に入る、ほくろ除去の方法や費用、術後のトラブルまとめ

まっさらな肌が手に入る、ほくろ除去の方法や費用、術後のトラブルまとめ

「このほくろがなければ......」と、できる場所によっては、大きなコンプレックスになりがちなほくろ。そんなほくろ除去が期待できる方法は、レーザー治療や、くりぬき法、切除縫合法などの手術から、自宅でできるクリームやもぐさによる治療法までさまざまです。それぞれの費用や注意点は、ほくろ除去に踏み切る前に知っておきたいところです。

【簡単】塗って流すだけ⁉︎ほくろをとりたいなら除去クリームがおすすめ

【簡単】塗って流すだけ⁉︎ほくろをとりたいなら除去クリームがおすすめ

メラニン色素を持つ細胞が集まってできる「ほくろ」は、害はなくても数が多いとコンプレックスになるもの。ほくろ除去クリームやジェルなら、安価で手軽にほくろを取ることが期待できます。しかし、失敗しても自己責任というデメリットも。そこで、安全にほくろを取りたい人は、美容外科で治療をしてもらうことをおすすめします。

ダウンタイムはある?ほくろ除去の術後経過【レーザー&切除縫合】

ダウンタイムはある?ほくろ除去の術後経過【レーザー&切除縫合】

気になるほくろは施術で取り除くことができるとされています。ほくろ除去手術後、傷跡の赤みやへこみが目立たなくなるまでは、レーザー治療法なら3ヶ月、切除縫合法なら1ヶ月はかかります。術後は紫外線を防ぐことと、保護用テープの使用を続けることが、美肌への近道です。

ほくろ除去後の術後経過が写真でわかるブログやサイト・クリニックまとめ

ほくろ除去後の術後経過が写真でわかるブログやサイト・クリニックまとめ

ほくろ除去をするときにぜひ読んでおきたいのが経験者のブログ。ほくろが再発してしまったり、ほくろ除去した部分が痕になって残ってしまったり、ほくろ除去のリスクについても知ることができます。ここでは、クリームやレーザー、切開手術でほくろ除去をした人の経過を写真つきで見ることのできるブログを5つ紹介。また、ほくろ除去の症例写真を載せているクリニックも10こ紹介します。

ガンの恐れも? 健康保険が適用されるほくろ除去

ガンの恐れも? 健康保険が適用されるほくろ除去

ほくろは多くの人が抱えるコンプレックスのひとつ。大きさや部位に関わらず、ほくろを取りたいと思っている人が多いのではないでしょうか。実はほくろ除去には、健康保険が適用される場合があるんです。ただ、その際はメスを使って除去するので、再発はほぼしないけれど、傷跡がしばらく残ってしまうことがあります。

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例5選

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例5選

顔のほくろが気になる人は多いと思います。人はそんなに気にしなくても、自分のほくろって気になるもの。昔と比べ、ほくろ除去の種類も増え、成功率も高くなっています。それでも、ほくろ除去後に傷跡が治らずにいると、これって失敗しちゃったの?と不安な気持ちになります。今回はほくろ除去後に起こるトラブルの例を紹介します。

1~17件を表示 / 17記事中