傷跡のキーワードが付いた記事一覧

元通りの肌には戻れない? リストカット跡治療の目的とは

元通りの肌には戻れない? リストカット跡治療の目的とは

リストカットの跡には治療があります。しかし、治療で傷跡がきれいさっぱり消えることはありません。リストカット跡の治療の大きな目的は、リストカット跡を「リストカット以外の傷跡に見せる」ことです。なので、治療により傷跡を手術跡ややけどの跡のようにしていきます。

12,094 views

傷跡が髪の毛で隠せちゃう「ミニリフト」について♡

傷跡が髪の毛で隠せちゃう「ミニリフト」について♡

最小限の切開で頬や口もとのしわ、たるみなどの解消が期待できるフェイスリフト、「ミニリフト」。顔にメスを入れる外科手術ではありますが、顔全体の皮膚を引き上げるフルフェイスリフトに比べると傷跡の規模が小さいため目立ちにくく、また、術後の肌の腫れや痛み、ダウンタイムなどもかなり少なくて済むようです。

11,722 views | ミニリフト

クリニックでも自宅でも♡新しいスキンケア「ダーマローラー」について

クリニックでも自宅でも♡新しいスキンケア「ダーマローラー」について

ダーマローラーは、細かい針のついたローラーを肌に転がし、皮膚を傷つけ、細胞に刺激を与えることで肌の再生を促すというもの。肌内部のコラーゲン量を増やし、自然治癒力を高めることで、ニキビやニキビ跡の改善、エイジングケアなどを図ることが可能です。ローラーや麻酔クリームを購入すれば自宅でも行えるので、注意点を守って正しく使用しましょう。

12,313 views | ダーマローラー

鼻尖縮小で鼻先をすっきりさせれば、団子鼻の解消が目指せる?

鼻尖縮小で鼻先をすっきりさせれば、団子鼻の解消が目指せる?

だんご鼻の解消に効果的な「鼻尖縮小」手術。鼻の先端の「鼻翼軟骨」に行う手術で、脂肪の除去や耳の軟骨の移植と組み合わせることもあります。ダウンタイムは約1週間で、ギプスでの固定が必要なことも。1〜3ヶ月ほどは鼻を刺激しないように気をつけなくてはいけません。鼻はメイクでは変化させにくいから、鼻尖縮小で理想の鼻を手に入れるのもありかも。

小鼻縮小術によくある失敗パターン、鼻の穴が小さくなりすぎるかも

小鼻縮小術によくある失敗パターン、鼻の穴が小さくなりすぎるかも

「小鼻縮小(鼻翼縮小)術」は比較的簡単だと思われていますが、鼻の手術に詳しくなればなるほどにこの手術が難しいという医師は多いです。無理な注文に応えたり、医師の技術によってはもちろん失敗する可能性もあります。小鼻縮小術で起こり得る失敗例にはどんなものがあるのでしょうか。また失敗した場合の修正や失敗しないため対策はあるのでしょうか。気になる小鼻縮小術の整形失敗事情について調べてみました。

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫の切除手術で自信の持てる素肌に。手術方法と大きさ別の費用の相場

脂肪腫は、身体に害はないものの、見た目が気になりコンプレックスに。そんなときは、勇気を出して除去手術を受けてみるといいかも。脂肪腫の除去手術は、保険適用内なので出費を抑えられます。小さいものであれば日帰りで手術をすることも可能。傷跡が気になる方は、費用がかかりますが、美容外科での手術をおすすめします。

目の印象がガラリと変わる?目頭切開の手術方法とデメリット、傷跡について

目の印象がガラリと変わる?目頭切開の手術方法とデメリット、傷跡について

蒙古ひだを解消して大きな目になることが期待できる美容整形、目頭切開。費用や術式など、基本的な情報をまとめました。また、目頭切開は高い効果が見込める一方、数ミリの違いで印象が変わったり、傷跡が残ったりと、リスクが大きいもの。目頭切開はメリットとデメリットの両方を知ることが大切かも。

136,238 views | 目頭切開

痛みもダウンタイムもなし!?メスを使わないリフトアップ整形手術の方法3つ

痛みもダウンタイムもなし!?メスを使わないリフトアップ整形手術の方法3つ

メスを入れられる怖さやダウンタイムの長さを気にして、整形に踏み出せない人も多いはず。でも、リフトアップ整形のなかには、肌に特殊な糸を通す「フェザーリフト」「ヒアルロン酸注射」、脂肪を溶かす「脂肪溶解注射」など、メスを使わずに施術する方法があります。それぞれのリスクを理解して、最適なリフトアップ整形を選びましょう。

後悔しないために知っておくべき二重切開法の3つのリスク

後悔しないために知っておくべき二重切開法の3つのリスク

一重の人や、二重幅が気に入らない人が行う二重整形。そのひとつの方法として、切開法があります。切開法は二重を半永久的に維持できると人気ですが、実は目立つ傷跡が残ってしまったり、目が閉じなくなってしまったり、希望通りの二重幅にならなかったりと、さまざまなリスクがあるんです。切開法のリスクを理解したうえで、後悔のない決断をしましょう。

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例5選

これって失敗?ほくろ除去のよくあるトラブル例5選

顔のほくろが気になる人は多いと思います。人はそんなに気にしなくても、自分のほくろって気になるもの。昔と比べ、ほくろ除去の種類も増え、成功率も高くなっています。それでも、ほくろ除去後に傷跡が治らずにいると、これって失敗しちゃったの?と不安な気持ちになります。今回はほくろ除去後に起こるトラブルの例を紹介します。

1~10件を表示 / 10記事中