汗腺のキーワードが付いた記事一覧

ワキガは「うつるけど、うつらない」ってどうゆうこと?

ワキガは「うつるけど、うつらない」ってどうゆうこと?

ワキガの人が身近にいると、ワキガがうつるかも……? この場合の「うつる」は、「伝染する」か「移る」かどちらの意味でしょうか。結論から言えばワキガは伝染らないけど、移ります。その理由はワキガの原因に隠されていました。

脇汗はボトックス注射で解消しよう! 脇のボトックス注射の基礎知識

脇汗はボトックス注射で解消しよう! 脇のボトックス注射の基礎知識

夏場など気温の高い季節や、緊張するシーンなどで気になるのが汗。とくに脇汗は洋服に汗染みができてしまったり、臭いが気になったり、何かと悩みの種です。脇汗パットや制汗剤などの対処法もありますが、根本的な脇汗をなんとか解消したいものです。脇汗ボトックスについての基本知識を押さえて、ぜひ検討材料にしてください。

ワキガはフェロモンのなごり? 清潔な人でもワキガになる主な原因

ワキガはフェロモンのなごり? 清潔な人でもワキガになる主な原因

ワキガは、アポクリン腺といわれる器官が発達しすぎた状態。アポクリン腺が発達する原因は、両親からの遺伝や、食生活、生活習慣の乱れです。遺伝の場合、自力でワキガを解消するのは難しいですが、生活習慣を見直したり、正しいケアをすればにおいは抑えられるかも。ワキガの原因を知って、きちんと対策しましょう。

ワキガ手術の方法と費用は症状の程度によって変わる

ワキガ手術の方法と費用は症状の程度によって変わる

ワキガの手術は症状の程度によって方法が違います。軽度~中度なら皮下組織吸引法や超音波吸引法、重度のワキガなら剪除法や皮下組織削除法で手術する場合がほとんど。保険適用すれば両脇で5万円という安さで済ませることもできますが、手術したからといってワキガが治るわけではなく、再発する可能性もあります。

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

デリケートゾーンの外陰脂肪腫は良性のしこり? それとも悪性?

性器の外陰部にできる良性の腫瘍、外陰脂肪腫。脂肪のかたまりなので痛みはなく、治療も不要です。とはいえその大きさが気になるようなら、整形外科や形成外科、皮膚科や婦人科で切除ができます。外陰脂肪腫かどうか自己判断できなければ、婦人科に行ってみて。ほかの病院よりも、デリケートゾーンを見られる恥ずかしさが少なくてすみそう。

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

【医師が教える】手術で脇汗を抑える方法について

暑くもないのに脇汗が止まらないのは、多汗症のせいかも。手のひらの多汗症手術といえば、交感神経を切断する「ETS手術」が有名ですが、この方法は脇の下の多汗症には向いていないんです。脇の下の多汗症には、どのような治療があるのか解説します。

脇汗が止まらないのは生活習慣のせいかも。脇の多汗の原因と対策

脇汗が止まらないのは生活習慣のせいかも。脇の多汗の原因と対策

脇汗ってかくと恥ずかしいイメージがあって、悩みになりやすい気がします。でも、脇には汗腺が多くあるため、脇汗をかきやすいのは当たり前のことなんです。身体の汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺の2種類があり、脇の下には両方の汗腺があります。大量に脇汗をかいてしまうのは、食生活や運動不足が原因かもしれません。

1~7件を表示 / 7記事中