ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)に関する記事・クリニック・医師

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)(脂肪吸引)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)の記事

皮下脂肪を一気に取り除く!?「ベイザー脂肪吸引」の5つの特徴

皮下脂肪を一気に取り除く!?「ベイザー脂肪吸引」の5つの特徴

ベイザー脂肪吸引は、ベイザーリポともいわれる機器を使用し、超音波により皮下脂肪を液体状に溶かし、カニューレといわれる吸引管で吸引する施術。通常の脂肪吸引よりもダウンタイムは短く、さらに肌が凸凹になるリスクも低いそう。しかし、脂肪吸引は医師の技術力が重要なため医師選びは慎重に行う必要があります。

でこぼこ肌の原因に!?「ガリガリになるまでの脂肪吸引」を医師がおすすめしない理由

でこぼこ肌の原因に!?「ガリガリになるまでの脂肪吸引」を医師がおすすめしない理由

脂肪吸引のカウンセリングに来られる方のなかでも、特に若い方は「とにかくできる限り細くなりたい!」「ガリガリの脚になりたい!」と希望されることが少なくありません。それは脂肪吸引で実現できるのでしょうか?今回は、脂肪吸引で実現できること、できないことについて、脂肪吸引のトラブルとして代表的な「でこぼこ肌」の原因とともに解説させていただきます。

【医師解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

【医師解説】落ちづらい!3つ目の脂肪「LFD」には脂肪吸引がおすすめの理由

脂肪には、皮下脂肪や内臓脂肪のほかに「LFD」があります。通常のダイエットでは落ちにくいため脂肪吸引などの美容外科での治療がおすすめ。とくにLFD治療は脂肪吸引を得意としています。たくさん吸引しても凹凸になりづらく、血流が少ないために出血量も少なくて済むというメリットがあるのです。

脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期がおすすめされる理由

脂肪吸引はどの季節が適している?○○の時期がおすすめされる理由

脂肪吸引は、どの時期でも施術が可能ですが「秋から冬」の季節がとくに適しているとされています。その理由は、ダウンタイムが楽に過ごせしやすい、翌年の夏に間に合う、前向きに施術に臨める、など。来年の夏までにスレンダーな体を目指しましょう。

脂肪吸引だけでは不完全?太ももはエクササイズもプラスしたら細くなるかも

脂肪吸引だけでは不完全?太ももはエクササイズもプラスしたら細くなるかも

太ももは、ほかの部位に比べて筋肉の割合が多く、脂肪吸引では改善が難しい脂肪が存在しています。吸引できない脂肪の正体は、筋肉の中の脂肪である「筋細胞外脂肪」。しかし、皮下脂肪は脂肪吸引で、筋細胞外脂肪はエクササイズを行うことでキュッと引き締まったモデル脚をゲットできるかもしれません。治療を成功させるためにも、技術力のある医師を選ぶといった対策をとりましょう。

ダウンタイムが少なくたるみにくい!ベイザー脂肪吸引は溶かして吸引する

ダウンタイムが少なくたるみにくい!ベイザー脂肪吸引は溶かして吸引する

ベイザー脂肪吸引とは、特殊な超音波によって脂肪を柔らかく溶かしながら、効率良く吸引する施術法です。脂肪以外の組織にはダメージを与えないため、従来の脂肪吸引に比べてダウンタイムの腫れや痛みが少ないのがメリット。二の腕、太もも、ふくらはぎをそれぞれ施術したときにかかる費用や時間だけでなく、技術力のある医師を選ぶ際に目安になるポイントも紹介します。

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

理想の美脚に近づける美容整形、太ももの脂肪吸引。けれどそれなりに高額な費用がかかるし、施術の安全性、痛みや後遺症はないのかとても不安です。そこで今回NICOLY編集部のライターが、湘南美容外科で行われた下半身の脂肪吸引に【完全密着取材】。施術中はもちろん術後の経過も含め、太ももが変貌をとげる様子を追っていきます。

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れの全て

【完全版】脂肪吸引の効果や副作用、失敗例やダウンタイム中の腫れの全て

脂肪吸引は皮膚を5ミリほど切開しカニューレという細い管で脂肪を吸い出す方法。部分痩せに効果的です。脂肪細胞の数を減らすため、施術を受けた部位は太りにくくなります。効果を最大限にするためには、圧迫下着の連続着用が大切です。術後3か月ほどで完成します。

脂肪吸引のリスクや副作用の原因は? 対策方法はあるの?

脂肪吸引のリスクや副作用の原因は? 対策方法はあるの?

部分痩せに有効な脂肪吸引は、術後の肌の炎症や痛み、吐き気や発熱や貧血、肌のしびれやつっぱりや色素沈着、リンパ液貯留などを伴うことがあります。そうした症状はアフターケアで和らいだり、改善がみられることも多いようです。脂肪を吸引した部位の傷が目立たず、凸凹や左右差の少ない仕上がりになるかは、担当する医師の技術に左右されるでしょう。

脂肪吸引後のリバウンドの原因は2つ。副作用対策まとめ

脂肪吸引後のリバウンドの原因は2つ。副作用対策まとめ

脂肪吸引はリバウンドのしにくい痩身治療だといわれていますが、けっして太らなくなるというわけではありません。術後に大食したり、不摂生な生活を送っていたりするとまた体重が元に戻ることはありえます。また、術後の皮膚の腫れやむくみによって一時的に身体が太ったように見えることがありますが、アフターケアで抑えることが可能です。

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

太ももがマイナス9cm!太ももの脂肪吸引してきました【湘南美容外科町田院】

理想の美脚に近づける美容整形、太ももの脂肪吸引。けれどそれなりに高額な費用がかかるし、施術の安全性、痛みや後遺症はないのかとても不安です。そこで今回NICOLY編集部のライターが、湘南美容外科で行われた下半身の脂肪吸引に【完全密着取材】。施術中はもちろん術後の経過も含め、太ももが変貌をとげる様子を追っていきます。

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)の注目クリニック

  • 住所
    東京都港区西麻布3-16-23 Azabu Body Design Center 1F
  • アクセス
    六本木駅1a番出口 徒歩10分
  • 診療時間
    10:00 - 19:00
湘南美容外科クリニック新宿本院

湘南美容外科クリニック新宿本院

湘南美容外科クリニック

  • 住所
    東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー12F
  • アクセス
    JR新宿駅西口徒歩5分
  • 診療時間
    10:00~19:00
  • 住所
    東京都渋谷区広尾5-16-2 KITAMURA65KAN 3階
  • アクセス
    東京メトロ日比谷線「広尾」駅 2番出口より徒歩1分
  • 診療時間
    10:00-19:00
聖心美容クリニック東京院

聖心美容クリニック東京院

聖心美容クリニック

  • 住所
    東京都港区六本木6-6-9 ピラミデ2F
  • アクセス
    日比谷線六本木駅から徒歩3分
    大江戸線六本木駅から徒歩3分
  • 診療時間
    10:00~19:00
  • 住所
    東京都港区南青山5-9-15 青山OHMOTOビル3F
  • アクセス
    東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線 表参道駅『B1』出口でて徒歩1分
  • 診療時間
    10:00~19:00
湘南美容外科クリニック横浜院

湘南美容外科クリニック横浜院

湘南美容外科クリニック

  • 住所
    神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
  • アクセス
    JR横浜駅西口徒歩5分
  • 診療時間
    10:00~19:00
湘南美容外科クリニック大阪梅田院

湘南美容外科クリニック大阪梅田院

湘南美容外科クリニック

  • 住所
    大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル5F
  • アクセス
    西梅田駅 徒歩 2分
    北新地駅 徒歩 3分
    東梅田駅 徒歩 4分
  • 診療時間
    10:00~19:00
聖心美容クリニック大阪院

聖心美容クリニック大阪院

聖心美容クリニック

  • 住所
    大阪府大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F
  • アクセス
    大阪駅より徒歩5分
  • 診療時間
    9:30〜23:00
    ※20時以降は新規予約のみ
  • 住所
    大阪府大阪市北区曾根崎2-12-4 コフレ梅田6F
  • アクセス
    JR線大阪駅 徒歩1分
  • 診療時間
    10:00 - 19:00
  • 住所
    東京都港区赤坂2-17-58 福住ビル3F
  • アクセス
    赤坂駅5a・5b出口から徒歩1分
  • 診療時間
    10:00~19:00

ベイザー脂肪吸引(ベイザーリポ)の注目医師

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー