肝斑レーザー

肝斑レーザーに関する記事・クリニック・医師

肝斑レーザー(シミ・肝斑・くすみ)の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

肝斑レーザーの記事

改善の見えない肝斑には「レーザートーニング」を役立てよう

改善の見えない肝斑には「レーザートーニング」を役立てよう

レーザートーニングは、従来の肝斑治療に代わる画期的な治療法として普及してきています。肝斑を早く治すことができるといわれていますが、反対意見や効果が実感できないという声も。また、施術後は肌が敏感になるので丁寧なスキンケアが必要です。

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

【医師解説&体験談つき】シミ取りレーザーの失敗のリスクを高める〇〇とは?

レーザーによるシミ治療では、痛みや赤み、かゆみが出たり、かさぶたができなかったり、跡が残って濃くなってしまったりするなどの失敗やトラブルが起こりえます。とくに肌が乾燥しているとリスクが高まってしまうのだとか。自宅での保湿ケアやクリニックで受けられる肌のコンディションを整える治療を見ていきましょう。

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

市販薬に限界を感じたら……!皮膚科で受けられる肝斑の治療方法

皮膚科で受けられる肝斑のおもな治療方法は、内服薬、外用薬の使用、レーザー、イオン導入を受けるなどがあります。肝斑は、治療内容によっては保険が適用されるため1か月数千円で治療を始めることが可能。治療後も、きれいな肌を保つためには毎日のケアも怠らないようにすることも大切です。

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

肝斑の治療がしたい!レーザー機器「スペクトラ」とは?

スペクトラは肝斑への照射が可能なレーザーで、さらにシミやくすみを薄くする効果が期待でき、ダウンタイムも短いのがメリット。ただし、肝斑の治療には数回の施術が必要で、火傷をともなうリスクもあります。費用は1万円〜が目安です。

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑はほかのシミとはどう違うの? 肝斑の原因と治療のポイント

肝斑は目の下の頬骨付近にぼんやりと広がるシミで、両頬にほぼ左右対称に広がることが特徴。30〜40代の女性の肌に多く現われます。女性ホルモンの乱れや皮膚の摩擦刺激がおもな原因とされています。治療には飲み薬のトラネキサム酸が有効。また、レーザートーニングという照射方法の登場で、レーザーによる肝斑治療も可能になりました。

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

肝斑の治療を可能にしたレーザー照射機器、「スペクトラ」とは

レーザー照射機器のひとつ、スペクトラ。美容大国・韓国で開発されたこのレーザー機器は、従来はレーザー治療ができないとされていた肝斑に照射可能で、なおかつシミやそばかす、刺青を薄くすることもできるといわれています。スペクトラで肌悩みを解決したら、もっと人生が充実するかも。

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑は生理前に色が濃くなる? 肝斑の原因と治療法まとめ

肝斑はシミの一種で、30〜40代の女性に多くみられます。頬骨付近にぼんやりと広がり、顔の両側にほぼ左右対称に現われることが特徴です。肝斑の治療方法は、飲み薬のトランサミン、塗り薬のハイドロキノンやトレイチノン、レーザートーニングなど。また、処方箋なしで購入できる肝斑治療薬には「トランシーノⅡ」があります。

思わず見せたくなる素肌になるための肝斑の治療法3選♡

思わず見せたくなる素肌になるための肝斑の治療法3選♡

肝斑は30〜40代の女性に多く見られるシミで、両頬に左右対称にぼんやりと現れるのが特徴です。形状によっては他の種類のシミやアザと間違えられることもあるみたい。また、肝斑の治療に効果的な内服薬には「トラネキサム酸」、外用薬には「ハイドロキノン」や「トレイチノン」などがあり、近年では肝斑の治療が行えるレーザー機器も登場してきています。

肝斑にもレーザーできる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑にもレーザーできる? レーザートーニングなら肝斑にも照射可能!

肝斑は30代、40代の女性に多く見られる、目の下にぼんやりと広がるシミ。女性ホルモンや皮膚への摩擦刺激が要因とされています。これまで肝斑にレーザー治療は不可とされていましたが、レーザートーニングという照射方法の登場で可能になりました。飲み薬や塗り薬と併用し、施術の回数を重ねることで効果を実感できます。

3,904 views | 肝斑レーザー

肝斑を治療したい……肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑を治療したい……肌トラブルを皮膚科に相談するべき理由

肝斑は女性に多く見られるシミの一種。基本的に、保険適用外ですが、皮膚科で治療を受けることが可能です。肝斑に有効な治療法は、ハイドロキノンやトレイチノンなどの塗り薬、トラネキサム酸などの飲み薬、メドライトやスペクトラなどによるレーザー治療など。また普段から紫外線ケアやビタミンを補給する事が大事です。どの治療もすぐに大きな変化が現れるものではないので、医師の指示を守って気長に続けましょう。

記事が見つかりません :(

肝斑レーザーの注目医師

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー