その他の鼻先・鼻形成

その他の鼻先・鼻形成に関する記事・クリニック・医師

その他の鼻先・鼻形成の効果や施術の流れ・リスク(失敗例や副作用)・値段の相場を中心に、ダウンタイム(術後経過・痛み・腫れ・内出血・赤み)や口コミ・名医・おすすめクリニックなどを紹介しています。

その他の鼻先・鼻形成の記事

【現役美容外科医が教える】鼻の整形手術をする前に知りたい!「美しい鼻」の定義と名医の見極め方

【現役美容外科医が教える】鼻の整形手術をする前に知りたい!「美しい鼻」の定義と名医の見極め方

鼻の整形は、医師の技量が大きく関わる手術。そのため、名医・クリニック選びが重要になってきます。また手術を受ける前に、「美しい鼻」とはどのようなことを指すのか、鼻の整形手術の難しさはなにかを患者が理解することもポイントに。現役美容外科医・福澤見菜子医師が、くわしく解説します!

軟骨移植の外科手術「鼻孔縁下降」で鼻の穴を隠して美人顔に!

軟骨移植の外科手術「鼻孔縁下降」で鼻の穴を隠して美人顔に!

正面から見たときに鼻の穴が目立つ人には、鼻孔縁下降、鼻中隔延長、鼻翼挙上術などの手術があります。そのなかのひとつ、「鼻孔縁下降」とは、耳から皮膚や軟骨を採取して、鼻の穴のアーチ部分に移植することで延長して下降させ、鼻の穴が見える範囲を狭める施術。今回は、鼻孔縁下降についてリスクやダウンタイムなどデメリットもお伝えします。

軟骨移植による隆鼻術とは?ブタ・ワシ鼻が解消できるって本当?

軟骨移植による隆鼻術とは?ブタ・ワシ鼻が解消できるって本当?

軟骨移植による隆鼻術は、おもに耳の穴周辺の軟骨を使用します。単純に鼻の高さを出すだけでなく、形そのものを変えることもできるとされています。鼻の表面ではなく中を切るため、ダウンタイムも1週間ほどと短いことがメリットのひとつといえるでしょう。

鼻の曲がりや歪みが気になる人におすすめ!「斜鼻修正術」とは?

鼻の曲がりや歪みが気になる人におすすめ!「斜鼻修正術」とは?

斜鼻修正術とは、曲がった鼻をまっすぐにする手術です。全身麻酔を使用する大掛かりな施術であり、ダウンタイムも長く費用も高いとされています。また、高い技術を必要とする施術でもあるため医師選びも重要。いくつかカウンセリングへ行って信用できる医師のもとで施術をしましょう。

理想の鼻を手に入れる! 整形手術を成功させる2つのポイントとは?

理想の鼻を手に入れる! 整形手術を成功させる2つのポイントとは?

鼻の整形で成功する確率は、正確に何%と数字にするのが大変難しいものです。なぜなら成功と失敗との間に確かな判断基準は無く、成功とは結局個人の主観によるものだからです。それでも鼻の整形を考えている人にとって、成功率は非常に大きな問題です。失敗への不安を取り除くためにも、鼻の整形がどのくらい安全なのかを考えてみましょう。

年中鼻がつまっているのは鼻中隔湾曲症が原因かも。鼻中隔湾曲症とは

年中鼻がつまっているのは鼻中隔湾曲症が原因かも。鼻中隔湾曲症とは

風邪をひいているわけでもアレルギーがあるわけでもないのにずっと鼻が詰まっている……、そんな症状を感じた人は「鼻中隔湾曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)」かもしれません。日常を過ごすのに問題がなければいいですが、ひどくなると味覚障害や慢性の副鼻腔炎を引き起こすことがあります。鼻中隔湾曲症は手術で改善を目指すのが一般的です。

無料で整形できるかも! モニター制度で鼻整形をするメリット&デメリット

無料で整形できるかも! モニター制度で鼻整形をするメリット&デメリット

鼻の整形にかかわらず、美容整形にはお金がかかります。技術も大切だけど費用も安く抑えたい人におすすめなのが、モニター制度を使った施術。モニター制度を利用すれば、クリニックや雑誌などのモデルなら30~50%割引になり、テレビなどの出演だと、無料になることも。ただ、モニター制度を使い、鼻だけでなく顔も公開すると、さまざまな人に整形を知られてしまうデメリットもあります。

アバターみたいな鼻に……! 鼻の美容整形、隆鼻術の失敗例まとめ

アバターみたいな鼻に……! 鼻の美容整形、隆鼻術の失敗例まとめ

隆鼻術は鼻筋に人工物を入れて高くする方法です。代表的な失敗例は「鼻筋が太くなる」「プロテーゼの浮き上がり」「プロテーゼの飛び出し」「ピンチノーズ」「アップノーズ」など。プロテーゼの抜去は比較的簡単で、傷の化膿がなければ新しく入れ替える手術も可能です。ヒアルロン酸は、ヒアルロニダーゼを注入して溶かすことで対処しましょう。

理想と現実のギャップに苦しむことも。鼻整形で起こりうる4つの後遺症

理想と現実のギャップに苦しむことも。鼻整形で起こりうる4つの後遺症

整形にリスクはつきもの。それは鼻整形だって変わりません。鼻整形の後遺症は、ヒアルロン酸注射のし過ぎによる「過矯正」や医師の技術不足による失明、整形後の仕上がりと理想のギャップによるうつ状態、または整形依存など、さまざま。施術を受ける前に、技術のある医師を選んだり、クリニックのホームページなどに載っている症例写真を見て理想と現実のギャップを縮めておいたりすることが重要です。

鼻整形のダウンタイムは、過ごし方で前後する? 難易度別の術後経過

鼻整形のダウンタイムは、過ごし方で前後する? 難易度別の術後経過

美容整形では施術後一定期間は腫れや痛みが続き、日常生活を行うのが難しくなります。その期間をダウンタイムと呼ぶんです。鼻の整形の場合は大まかに言うと、約1週間がダウンタイムの基本。これは目の整形や脂肪吸引などと比べても、かなり短め。この期間はしっかりとスケジュールに組み込んで、日常生活へのリハビリとしてできるだけ有意義に過ごすのがダウンタイムを苦にしないコツ。

記事が見つかりません :(

その他の鼻先・鼻形成の注目医師

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー