NICOLY編集部

NICOLY編集部

NICOLY:)

NICOLY編集部の公式アカウントです。コンプレックスを抱える全ての人を笑顔にするために、配信を続けます。

NICOLY編集部さんが執筆した記事

脂肪吸引のしくみと術後経過、失敗例や修正治療の方法まとめ

脂肪吸引のしくみと術後経過、失敗例や修正治療の方法まとめ

脂肪吸引は、皮膚を切開し、細い金属の吸引管「カニューレ」を皮下に挿入して、脂肪細胞を吸引する痩身治療です。手術部位は見た目にも術前より細くなりますが、体重の変動はほとんどありません。皮下脂肪の厚みが2.5センチ以上ある部位に適用可能で、1回の手術での脂肪の吸引量は約3リットルほどです。

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開の手術方法や効果、失敗例や治療費用の相場まとめ

眉下切開とは、上まぶたのたるみを解消するための手術です。まゆ毛の下側のラインに沿って皮膚を切開し、余っている皮膚を切除して縫合します。上まぶたのたるみが解消されるほか、まゆ毛と目の間隔がせまくなったり、頭痛や肩こりの解消などの効果も期待できます。傷あとはまゆ毛の下限のラインに沿って作られるため、目立ちにくくなります。

【教えて先生!】脂肪吸引の術後の圧迫固定はなぜ必要?すぐに外したら駄目なの?

【教えて先生!】脂肪吸引の術後の圧迫固定はなぜ必要?すぐに外したら駄目なの?

脂肪吸引の術後は、圧迫固定をおこなうことが必要。圧迫固定にはむくみや内出血の悪化をふせぎ、患部のラインをきれいに仕上げ、痛みを軽減する目的があります。圧迫固定用品は、クリニックで販売をしていることがほとんど。圧迫固定は、術後最低1か月は常時行い、術後3か月は可能なかぎりつづけたほうが良いとされます。

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂の症状と治療法、手術の失敗例と治療費目安まとめ

眼瞼下垂とは、目を開いているとき、上まぶたが正常な位置よりも垂れ下がっている状態。先天性のものと後天性のものに分けられ、後天性の眼瞼下垂の原因の多くはコンタクトレンズの長期装用、まぶたを頻繁にこする行為やアイメイクなどであるといわれています。治療法は手術が中心で、眼瞼下垂の進行度により適用可能な術式が異なります。

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

ヒアルロン酸注入による涙袋形成のしくみと術式、効果や注意点のまとめ

涙袋形成とは、注射器でヒアルロン酸を涙袋に注入し、涙袋の膨らみを形成する治療です。注入したヒアルロン酸は約1年間効果を発揮し、その後2~3年かけて体内へ吸収されていき、最終的にはなくなります。涙袋形成が適しているのは、目袋がない人。目袋があると、涙袋の膨らみが目袋と合体してしまい、涙袋が認識されにくくなります。

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

実は難しい…!?目頭切開メイクの方法とは?半永久的な効果が得られる方法はある?

目頭切開メイクとは、目頭の部分にアイラインを長めに引いて目頭の部分を強調するアイメイク方法です。黒や茶色、白色のアイライナーで目頭から少しはみ出るようにアイライナーを引き、目頭部分を強調します。しかし目頭切開メイクには、涙がにじみやすいという欠点も。半永久的な効果や自然な仕上がりを目指すなら目頭切開の手術がおすすめです。

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開の術式や効果とは?知っておきたいダウンタイム・注意点・費用のまとめ

目尻切開は、目尻の皮膚と粘膜を数ミリ切開し、目尻の幅を顔の外側に向かって広くする手術。目が大きく見える効果が期待できます。また、小顔に見えたり、切開の方向によってはたれ目やつり目の改善など、目の印象を変える効果もあったりします。しかし目尻切開では、目頭切開ほど印象が大きく変わることはありません。

【医師解説】脂肪吸引で死亡事故?手術のリスク・どのような症状に注意が必要?

【医師解説】脂肪吸引で死亡事故?手術のリスク・どのような症状に注意が必要?

脂肪吸引の事故の原因は出血が多い、施術時間が長い、施術範囲が広い、合併症、麻酔の扱い、などが関係しています。また、術後に痛みが増してくる、尿が出ない、息苦しさ、などがある場合は注意が必要です。事故を防ぐためには脂肪吸引の経験が豊富である、麻酔の体制が充実している、術後のサポートがしっかりしているクリニックを選びましょう。

顔の脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?仕事はどれくらい休めば良い?

顔の脂肪吸引のダウンタイムはどれくらい?仕事はどれくらい休めば良い?

顔への脂肪吸引後のダウンタイムの症状は、痛み、腫れ、内出血、拘縮など。これらの症状は1か月後にはおさまっていき、3か月後には脂肪吸引の効果を感じるようです。また、手術後2日間は圧迫固定をするため、最低でも2日間は休暇が必要。完成を早めるためにはしっかりと圧迫固定を続けること、マッサージなどを行うことが大切なようです。

脂肪吸引後のダウンタイムは仕事を休む必要がある?日帰りは可能?

脂肪吸引後のダウンタイムは仕事を休む必要がある?日帰りは可能?

脂肪吸引の術後にはダウンタイムがありますが、多くの場合、日帰りで手術を受けることが可能。しかし、脂肪吸引の術後は、安静にすることが重要かつ、腫れや体の動かしにくさから3日〜1週間ほど仕事を休む人が多いようです。脂肪吸引治療の完成までには術後3か月、長い場合は6か月から1年ほどかかることもあります。

脂肪吸引を受けたことはバレない?友達や彼氏にバレずに細くなりたい!

脂肪吸引を受けたことはバレない?友達や彼氏にバレずに細くなりたい!

脂肪吸引治療でしっかりと効果を得ながら、他人にバレずにすんだケースは多いようです。これは、脂肪吸引の術後は腫れやむくみが出ており、すぐに患部が細くなるわけではないため。術後すぐの期間は自宅で安静にして人と会うことを避け、圧迫固定の装具を着けている期間は患部をすっぽりと覆う衣服を着用することで、他人にバレにくくなります。

事前にチェック!脂肪吸引を受けることができない人とは?

事前にチェック!脂肪吸引を受けることができない人とは?

脂肪吸引を受けることができない人の条件には、一般には成長期や50歳以上の人、過度の肥満や痩せすぎている、妊娠中や授乳中、疾患のある人など。脂肪吸引の前にはかならず術前検査が行われ、手術が適用可能な健康状態であることが確認されます。検査項目に異常がある場合は、脂肪吸引が不適用となることもあります。

生理中やピル服用中でも脂肪吸引手術は受けられる?

生理中やピル服用中でも脂肪吸引手術は受けられる?

脂肪吸引手術は生理中でも受けることができますが、生理中はなるべく避けたほうが良いでしょう。脂肪吸引は体への負担が大きな手術であるため、万全な体調でのぞむことが好ましいためです。手術に際してのピル服薬の中止については、医師により考え方が様々。中止の必要なしとする医師もいれば、2週間〜1か月の休薬を指示する医師も。

持病があるけど手術がしたい!糖尿病でも脂肪吸引を受けることができる?

持病があるけど手術がしたい!糖尿病でも脂肪吸引を受けることができる?

糖尿病の人は、脂肪吸引を受けることができない場合があります。糖尿病の人が脂肪吸引を受けるには、まず糖尿病の主治医の許可が必要。次に美容クリニックの医師が手術の可否を判断しますが、医師により手術適応の可否の判断基準が異なります。糖尿病の症状がコントロールされている場合は、脂肪吸引が適応となる場合があります。

いつになったら消える?脂肪吸引の傷跡をきれいに治すには?

いつになったら消える?脂肪吸引の傷跡をきれいに治すには?

脂肪吸引の傷跡は、一般的には手術から約1年で完治します。完治した状態では、傷跡は薄い白色をした線状に。周囲の皮膚とほぼ見分けがつかない状態になりますが、傷跡が完全に消えるわけではありません。傷跡が目だつ場合は、塗り薬やレーザー治療、ケロイドの切除手術などの修正治療が行われることがあります。

顔の脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐ方法はある?

顔の脂肪吸引で起こり得る失敗例とは?防ぐ方法はある?

顔の脂肪吸引の失敗例には、頰のふくらみ具合に左右差ができたり、皮膚に凹凸やたるみができるケース、皮膚のひきつれや神経麻痺が起こるケースなどがあります。もっとも多い失敗例は、頰がこけてしまうこと。顔の脂肪吸引の失敗を避けるには、経験豊富で高い技術をもった医師をえらび、術後ケアをしっかりと行うことが重要です。

大きな胸が悩み!脂肪吸引で胸を小さくすることは可能?

大きな胸が悩み!脂肪吸引で胸を小さくすることは可能?

胸の大きさに悩む女性や、男性なのに胸が膨らむ「女性化乳房」に悩む男性の場合、脂肪吸引により胸を小さくする効果が期待できます。ただし、胸の大きさの原因が脂肪の多さである場合にかぎります。乳腺が発達した結果として胸が大きくなっている場合には、脂肪吸引では胸を小さくする効果が期待できません。

一気に痩せたい!一度の手術で全身の脂肪吸引は可能?

一気に痩せたい!一度の手術で全身の脂肪吸引は可能?

「全身の脂肪吸引」治療は可能ですが、一度の手術で全身の脂肪を吸引することはおこなわれていません。これは安全上の観点から、一度の手術で吸引できる脂肪の量に限りがあるため。多くの場合、一度の手術での脂肪吸引量の上限は5リットル。全身の脂肪吸引は、約1か月の間隔をあけながら、2〜3回の手術にわけておこなわれます。

脂肪吸引をして脂肪注入をする豊胸術とは?バストアップ効果と失敗例が知りたい!

脂肪吸引をして脂肪注入をする豊胸術とは?バストアップ効果と失敗例が知りたい!

自分の体から脂肪吸引をおこなって得られた脂肪を乳房に注入する「脂肪注入法豊胸術」には「コンデンスリッチ豊胸術」「ピュアグラフト豊胸術」「セリューション豊胸術」の3つの術式があります。しかし1カップ程度のサイズアップが限界であるとされており、しこりや感染症、脂肪を吸引した部位の皮膚が凸凹になるなどの失敗例もあるようです。

太ももの脂肪吸引後の経過が知りたい!いつからどれくらい細くなる

太ももの脂肪吸引後の経過が知りたい!いつからどれくらい細くなる

太ももの脂肪吸引後にあらわれる症状には、痛みや腫れ、内出血やむくみ、皮膚の拘縮(こうしゅく)があります。術後3週間〜1か月が経過するとおもな症状が消失しますが、皮膚の拘縮の改善には約半年を要します。術後の圧迫固定は、3か月はつづけることが望ましいとされます。太ももの脂肪吸引で得られる効果は、元来の体型により異なります。

1~20件を表示 / 287記事中

本日のアクセスランキング

注目のクリニック

注目の医師

サイトメニュー